« 東京都の品格。 | トップページ | 寒波。 »

2013年12月14日 (土)

鑑定士と顔のない依頼人。

4

さて、来週あたりは、大掃除で忙しくなるから、この週末くらいは、映画でも観てこようかと名古屋へ出かけた。

2

「鑑定士と顔のない依頼人」、コレクターのオイラとしては何から何までオイラの趣味の世界で、素晴らしい画で、ずーっとこの世界に浸っていたいような写真だったワケで、とっても良かったのだけれど、老人の夢の世界で、なにやら谷崎文学の様でもあるが、老人には、はかなくて酷で、老人には悲しくて、名うての鑑定士の初めてで最後の愛が贋作だったなんて、酷で悲しすぎて、老人としては、二度と観たくはない映画だな、とは、思い入れが過ぎたかな。

3

|

« 東京都の品格。 | トップページ | 寒波。 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

観たい映画でしたが、、、鑑賞に値しませんか?
やっぱりボツ?

投稿: boss | 2013年12月15日 (日) 08時00分

boss様
おひさしぶり。

いや、観るべきです。

投稿: IWANA | 2013年12月15日 (日) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190484/58755045

この記事へのトラックバック一覧です: 鑑定士と顔のない依頼人。:

« 東京都の品格。 | トップページ | 寒波。 »