« エドワード8世の戴冠式記念バッジ。 | トップページ | ジョージ6世の戴冠式ピンバッヂ。 »

2013年12月24日 (火)

天皇陛下のお陰。

年末の、なにかと忙しい時に三連休があるというのは、とても有り難いコトで、全ては天皇陛下の誕生日のお陰で、天皇陛下は有り難くて偉い、と、思う。

L1010361

連休初日は、徹底的に掃除をするぞ!というワケで、外回り、裏口から猫の額の裏庭、中庭から、玄関先をコレデモカこれでもか!ってくらい掃除をして、二日目は早朝から年賀状を制作して、掃除は一階を、窓拭きから床磨き、トイレの便器まで徹底的にやり、かなり疲れたけれど、夜は最後にお風呂に入って年末恒例の風呂のカビ取りを塩素まみれになりながら徹底的にやり、三日目は玄関とエレベーターを徹底的に掃除をして、すぐ終わったから、コレクションの入れ替えで一階のキュリオケースを、我が西洋陶磁史研究所の新春特別企画「英国アンティークカップと英国王室・歴史記念品でみる戦争の世紀」の展示作業に取り掛かった。イギリス以外の陶器を丁寧に一つヅツ梱包してダンボールに詰めて、キュリオケースの棚板のガラスを磨いて、ケースのガラスやら鏡も磨いて、展示を始めてみると、イッパイあり過ぎて納まりきらないのでアンティークカップの展示はやめて歴史記念品だけにして、アンティークカップは梱包してダンボールに仕舞った。キュリオケースの六段の棚をヴィクトリア王女からエドワード7世、ジョージ5世、エドワード8世、ジョージ6世、エリザベス2世とソレゾレに割り振ると丁度イイ感じになるが、少し展示が淋しくなる段は、全然関係ないアンティーク香水瓶なんかで埋めて誤魔化した。そんなこんななのにフィギュアで高橋君のことや真央ちゃんのコトも心配したりして、いろいろと頑張りすぎて疲れたが、ここ数日は仕事も一年で一番忙しいので、ブログは“公開日時を指定”にしてオイラは寝ます。

|

« エドワード8世の戴冠式記念バッジ。 | トップページ | ジョージ6世の戴冠式ピンバッヂ。 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190484/58807280

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇陛下のお陰。:

« エドワード8世の戴冠式記念バッジ。 | トップページ | ジョージ6世の戴冠式ピンバッヂ。 »