« 季節はずれ。 | トップページ | 紅葉がはじまった。 »

2013年11月 2日 (土)

ヴィクトリア女王の在位50年記念ピンバッジ。

L1009927

This is a c1887 vintage Victorias Golden Jubilee souvenir pin brooch.It is made of brass with a tin back and a celluloid fronted paper image of the sovereign.

さて、ヴィクトリア女王の肖像といえば、不機嫌そうなモンゴルのオバアサンみたいな姿を思い浮かべるが・・・。

Photo
たとえば、遺影というのは、若い時の写真を用いる例はほとんど無いが、老いた姿があたかも、その人の全てであるかのように後に伝えられるのは少し淋しい。

Photo_2

ヴィクトリアが18歳で女王に即位したとき、それまで老国王(ジョージ四世は57歳、ウィリアム四世は64歳での即位だった。)が長く続いていたため、国民は、若くて美しい女王の誕生に歓喜した。

ヴィクトリア女王 在位 1837(天保8年)-1901(明治34年)

3

庶民的な陶器に描かれたヴィクトリアとアルバート公の結婚当初の姿は、こんなにカワイイ。

L1009934

さてさて、今回のピンバッジ、在位50周年記念の物だから年齢は68歳の姿。少し若すぎるがデフォルメは貴人の肖像画の常。

L1009908_3

ブリキのベースに、印刷されたペーパーを、透明なセルロイドでカバーし、真鍮で枠取られている、2.2cmの小さなボタンほどの、手の込んだブローチ。

世界に拡がる植民地で、英国領土に陽が沈むことは無いと云われた大英帝国。

イギリス帝国主義の絶頂期であるヴィクトリア期に相応しい質。

ヴィクトリア期は、“世界の工場”として経済的発展を遂げたイギリスが、一大消費大国へと成長し、中産階級が、物質的な豊かさを謳歌した時代でもある。

L1009907

|

« 季節はずれ。 | トップページ | 紅葉がはじまった。 »

アンティーク」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴィクトリア女王の在位50年記念ピンバッジ。:

« 季節はずれ。 | トップページ | 紅葉がはじまった。 »