« エドワード7世の戴冠式記念のブリキ缶。 | トップページ | お祭り。 »

2013年10月25日 (金)

人生最後のお買い物。

Photo

さて、オイラの永遠の憧れ、ロータスセブンを受け継ぐケーターハムがスズキの排気量660ccの、つまり軽のエンジンを積んで発売されるというから、オイオイ凄いジャン、夢に何度も見た、死ぬほど欲しかった、死んでもいいから欲しかった、そして夢でしかなかったセブンがヨウヤク手に入るのかよ!って、思わず叫んでしまったんだよ。なにせスズキの軽のエンジンだもの!って。

それにケーターハムなら現地版でキットカーなんて、半製品を自分で組み立てるって廉価版もあるはずで、人生最後のチャレンジに向けてガレージの整理を明日にも始めるかって・・・・・。

イギリスで発売される、購入者自ら愛車を組み立てることができるキット・フォームの価格は。1万4,995ポンド(約239万円)。だと言う・・・。オイオイ微妙だな・・・。たしか昔はキットは180万くらいだったような。

ヨーロッパ市場向けのセブン 165は完成車としてのみ販売される。日本でも当然こちらに倣うことになるはずだ。価格は税込みで2万5,000ユーロ(約338万円)と発表されている。

ただし、上記の価格で買える標準仕様は、小さなエアロ・スクリーンしか装備されない。"フル"・ウインド・スクリーンと幌、幌骨、ドア(といってもビニール製)がセットになった「ウェザー・イクイップメント」は、イギリスでは1,250ポンド(約20万円)のオプションである。さらにヒーターも装備したいならば300ポンド(約4万8,000円)、カーペット張りインテリア(ラバー製フロアマット付き)を選べば115ポンド(約1万8,000円)、スペアタイヤとキャリアのセットは450ポンド(約7万2,000円)と、日本で乗るためにはぜひ欲しい装備を加えていくだけでも結構な値段になる。もっと欲張って、標準のクロス張りシートを耐候性の高いレザー・シートにアップグレードすれば500ポンド(約8万円)、モトリタ製ステアリング・ホイールをモモ製のクイック・リリースに変更すると300ポンド(約4万8,000円)高くなり、アルミ製「エアロ」給油口キャップを付けたら115ポンド(約1万8,000円)、ステンレス製リア・フェンダー・ガードは40ポンド(約6,400円)追加と、オプション費用はどんどん嵩んでゆく。これが更に日本向け価格になるのだから。

まあ、色々とアレすると、なんてことはない夢は夢の領域に過ぎないワケで、貧乏ってツライな。

それにしてもホンダのこれってナニよ?

Photo_2

子育てが終わったユトリ世代向け? だと、ガンダムのオモチャかよ!こんなの大人が乗ってたら馬鹿だよね。

|

« エドワード7世の戴冠式記念のブリキ缶。 | トップページ | お祭り。 »

閑話休題」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生最後のお買い物。:

« エドワード7世の戴冠式記念のブリキ缶。 | トップページ | お祭り。 »