« 硝子 デキャンタ。 | トップページ | アンティークねた。 »

2013年8月11日 (日)

郡上おどり 恵比須祭 個人おどりコンクールを見学するの記。

L1008368

我が家の守り神は、恵比須様と大黒様の親子なんだ。我が家の神棚には、屋久杉の社に屋久杉のえびす様と大黒様が祀られている。なんてコトを書くと、トッテモ嫌味な成金の家みたいだけれど、なに、オイラが釣り師で、恵比須様ときたら商売の神様だけれど釣り師の神様でもあるワケで、ほんのシャレで祀っただけなんだけれど、あれからお金もドンドン儲かったしサカナもタクサン釣れた。(笑)

L1008394

さて、今夜(8月10日)の郡上おどりは、新栄町・恵比須祭りの縁日で、“個人おどりコンクール”。いわば、郡上おどりの今年の「名人」を決めるコンテストがあったワケなんだ。

L1008410

たかだか盆踊りじゃないかナニが名人だよ!って言うムキもあるかもしれないが、たかだか盆踊りだからこそ「名人」と呼ばれるには大変で、家柄が物言う世界でもないし、金と組織で権威をデッチ上げることも出来ない庶民の世界なわけで、誰かが名人と言ったところで、通用しない世界で、表彰状をいただいても、やはり世間様が認めないと、名人にはなれない世界でもあるんだ。

L1008415

今夜の参加者は、約150名。おそれ多くもチャンピオンを目指して参加するわけで、そりゃあもう名人ばかりなんだ。

L1008434
いつもはギャル浴衣でオナジミのこの娘、といって人妻なんだけれど今夜は浴衣、このミジカがイイんだ。

L1008461

オイラが勝手にマルコメ君って名づけたこの子、坊主頭がホントにカワイイから郡上のオモチャって感じでオバサン達に可愛がられているけれどドンドン背が高くなって。しかし子供ながら踊りがイイよね。こうして写真に撮っても“踊り”になってるんだ。おじさん脱帽だね。

L1008378
さてさて、今日の昼間は暑かった、空気が焦げ臭いと感じるほど熱かった。そして踊り助平も熱かった。

L1008398

だから、まあ、あまり一生懸命にならず、ゴッコなんだよ、シャレなんだよ、って楽しむのがイイのじゃないか。

L1008500

たかだか盆踊りだもの。って“あいだみつお”風の人もいれば、イチバンじゃなきゃダメ!っていう、レンホーなんかのコトが嫌いな、いわばスポ根系“競技盆踊り派”も居たりするワケだけれど、なんとなく今夜は上手く脱力した派に軍配が上がった感じ。

さて、今夜の入賞者の皆さんです。まずはシニアの部。

L1008508
踊り助平の爺様達が入っていないのがビミョウだな。

そして、一般の部。

L1008513

ジュニアの部。

L1008507

しかし、郡上おどりの郡上とはいえ、郡上の男にしてみたら“おどり名人”と言われるよりも“釣り名人”と言われるほうがズーット格上なんじゃないかな。釣りってヤツは釣果という明確な基準があるからね。それに釣果は人に食べさすことが出来るしね。だから“おどり名人”が“真の郡上踊り名人”である為に、参加資格に、その日に釣った長良川の鮎かアマゴかIWANAを三匹持参すること!なんてドウよ?女はどうする?って、女は郡上紬を織ってこいとか、その日のうちに山菜を三種類採って天麩羅にして持ってこいとか?? という、タワケみたいなコトを、今夜もウダウダと書いてゴメン。

郡上の伝説の釣り名人、「萬さ」や「菱田の與一ま」が、郡上おどりを踊ったらドンナだろう、なんてコトも思ったりした夜だった。

ほんとうの郡上の男の郡上踊りが見たいな。

写真は許可なく撮って、了承を得ずアップ致しております。不都合なものはメールを戴けば削除いたします。お許しください。よって、転載はお断りいたします。

|

« 硝子 デキャンタ。 | トップページ | アンティークねた。 »

郡上踊り」カテゴリの記事

コメント

わわゎゎゎ私たちの先生がシニアの部でまたまた優勝!(v^ー゜)ヤッタネ!!
 私も猫の子戴きやっと実感が・・・
今年は男性陣が少ないですね。
 
PS
 我が家にも恵比須様、大黒様が祀てありまがIWANA様のようにお金がザクザクとはいきませんね・・・

投稿: 咲 | 2013年8月11日 (日) 10時30分

咲様
まずは、踊り免許・七曲完全制覇おめでとうございます。咲様の踊りは、完璧だものね。

コンテスト。踊り助平の爺様達もかなり入れ込んでおられたのに、少しガッカリって感じです。

投稿: IWANA | 2013年8月11日 (日) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郡上おどり 恵比須祭 個人おどりコンクールを見学するの記。:

« 硝子 デキャンタ。 | トップページ | アンティークねた。 »