« 偶然性。 | トップページ | 夏休みの郡上八幡 3 »

2013年8月 4日 (日)

八幡城の人柱伝説「およし祭」で郡上おどりする。

L1008273

橋を架けるときに人身御供(ひとみごくう)として人を埋めたり、城を建築するとき、人をイケニエに埋めたりするコトを「人柱」ひとばしらをたてると言って、なんとも残酷な話で、普通に考えたら、いくら封建時代とはいえ狂気としか思えない話なのだが、こうした伝説は世界中にあって、日本だけではないのだが、日本の城郭建築の人柱伝説で事実として検証されたものは無いというのが城郭の歴史学の主流のようで、なんとか郡上八幡城の「およし伝説」は、子供だましのオハナシであって欲しいと思うのだが、郡上の上田酒店の女将さんのブログによれば、毎年「およし祭」の夜は雨が降り、郡上の人は「今年も、およしさんが泣いてござる。オソガイこっちゃ」つまり、怖いコトや、とササヤキあっているのだという。

L1008266

さてさて、今夜(8月3日)の郡上おどりは、郡上八幡城築城の際、人柱にされたという「およし」を慰霊する「およし祭」の縁日おどり。

L1008252

およしについては 説明版をお読み戴くとして、今夜の郡上は、およしさんの涙も枯れ果てたのか雨もふらず、およしさんの悲しみに袖しぼるコトもなく、下殿町での路地踊り。

L1008306

郡上おどりの風流は、やはり路地で対面で踊る路地踊りだよね。

L1008328

今夜の会場の下殿町は比較的広い会場にも関わらず、踊りづらい程の人出。

L1008343

豊橋の名人「咲」さんも、最後のおどり免許“猫の子”をねらって今夜は猫の子の帯でお出ましだけれど、残念ながら今夜の免許は“春駒”。

L1008336
なんだか、いつも同じ方にカメラを向けているような気がするけれど、画になる踊り上手だし、なんとも浴衣のセンスがイイよね。

L1008323

この方達も、確か踊り名人だよね、寸分のスキもない踊りで見事。浴衣もイイよね。

L1008271

今夜の会場は、照明が暗すぎて、上手く写真が撮れなかったんだ、もっと沢山みなさんのオシャレな浴衣を紹介したかったのだけれど残念。

L1008307

路地踊りの雰囲気は、やはりこの写真かな。

L1008256_3

8月3日は2度目の土用の丑の日「二の丑」。今夜の郡上メシです。

L1008363


写真は許可なく撮って、了承を得ずアップ致しております。不都合なものはメールを戴けば削除いたします。お許しください。よって、転載はお断りいたします。

|

« 偶然性。 | トップページ | 夏休みの郡上八幡 3 »

郡上踊り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八幡城の人柱伝説「およし祭」で郡上おどりする。:

« 偶然性。 | トップページ | 夏休みの郡上八幡 3 »