« 踊しるこ 正和堂は、まるで郡上踊りの歴史博物館。 | トップページ | ジョージ5世 即位記念のピンバッジ。 »

2013年7月21日 (日)

郡上八幡・下柳町神農薬師祭で郡上おどり。

L1008000

今夜の郡上おどりは、オイラにとって少し特別な夜で、いま、親友のイシハラが病気で苦しんでいるんだ。ヤツが居たからオイラが芝居が出来たし、ヤツだってオイラがいたから芝居が出来たと思ってくれているハズで、七十年代初頭の名古屋の学生演劇界では最も大きなムープメントだった俺たちのグループの、中心メンバーだったイシハラが今、病気で苦しんでいるんだ。

L1008005

過激なコトを言いながら、あばれるだけ暴れて、サッサと就職を決めてサラリーマンに逃げたオイラを横目に、ヤツは筋を通して照明家として生きて、権威ある賞も手にした。オイラがサラリーマンに逃げたアトも、ヤツには助けられたし、ヤツに面白い仕事を廻してやることもできた。小さなサロンのファッションショーから、世界的な皮革ブランドのロエベのショーも、チガネやグッドマンの毛皮のショーも、オスカー・デラレンタのファッションショーも、オイラが得意としたクリスマスパーティも、ヤツの照明があってオレの演出が上手くいったわけで、おれにとって面白い大きなコトは、学生時代もサラリーマンになってもいつもイシハラとやったんだ。

L1008033

そんなイシハラが今、朝は天井がグルグルと回る苦しみと闘っている。ようやく、もう少しで仕事は辞めて、もう一度、夢を、夢でない夢を二人で観ようかと語り合っていたのに。

L1008029

イシハラ、演じるって何なんだよ。演劇ってなんなんだよ。「書を捨てて街へ」なんて言ってたけれど、書を捨てて街へ出たってナンニモなかったジャン。でもな、一度、郡上に来て踊ってみろよ。バカになって踊ってみろよ。テラヤマなんてオレは今でもインチキだって思ってるけど、カラが言ってたことや、ヒジカタタツミなんかが目指していたコトの、もっと本質的で、土俗的な部分で演劇的ナルモノが郡上の夜にあるんだよ。浴衣はオレのがあるから下駄だけ買えよ!郡上に来いよ!と言って、正月には下駄代まで取っておいたのに、イシハラが今、苦しんでいるんだ。

さいわい病気は治る病気で、少し時間はかかったけれど治った人が私の周りにも何人かいる。だから、絶対、いつか、イシハラを郡上に連れてこようと思うんだ。

L1007953

さて、今夜の郡上おどりの縁日祭は「下柳町神農薬師祭」で薬師といえばクスリの神様で、神農といえば中国の農業の神様で、日本では、テキヤ・博徒・任侠の世界の守護神で、分かりやすく言えば露天商やら「フーテンの寅さん」の神様なのだけれど、この際、オイラ的には医の神様って部分でイシハラのコトをお願いしたんだ。踊って治すなんて、やはり郡上おどりは踊る宗教だな。

L1007987

さてさて、今夜の(20日土曜日)郡上は、いつもの雨の心配も全くなく、大変な人出で、はじまりは、旧庁舎記念館前の広場から人があふれる様な混みようで、凄い熱気で踊りも上手く踊れないような混みようだったのだ。輪踊りは写真撮影が上手く出来なくて、後ろ姿ばかりになる。当然、ブログは面白くなくなるワケで、苦しんでいるイシハラをサカナにしてゴメン。あせらず我慢して治して欲しい。

L1008052

写真は許可なく撮って、了承を得ずアップ致しております。不都合なものはメールを戴けば削除いたします。お許しください。よって、転載はお断りいたします。

|

« 踊しるこ 正和堂は、まるで郡上踊りの歴史博物館。 | トップページ | ジョージ5世 即位記念のピンバッジ。 »

郡上踊り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郡上八幡・下柳町神農薬師祭で郡上おどり。:

« 踊しるこ 正和堂は、まるで郡上踊りの歴史博物館。 | トップページ | ジョージ5世 即位記念のピンバッジ。 »