« 新しい景色。 | トップページ | 風邪でダウンの日。 »

2013年4月13日 (土)

King George V Figurehead ジョージ5世の磁器製胸像。

L1006395

さて、ジョージ5世の磁器製の胸像。10センチ足らずの小さな物だけど、こうして写真に撮っても、すばらしく緻密で、風格が感じられる。

コロネーション物というと、少し御馬鹿な感じがして、コレクターとしては、山下清 風にいえば「兵隊のくらいで言うと二等兵」ってところだけれど、その分かりやすい「コレクション味」は、ブランドビジネスに通じるところもあって、大きな声では言えないけれど、面白い物は面白いのだ。

だから、その、下らない物のなかから、時代を経てアンティークとなり得る物を見つけるのは、眼力で、眼力というとナニだから、たとえば、こうして写真に撮って耐えられる物は、誰が見たってイイもので、つまりイイのだ。デジカメの眼力ってナカナカなんだ。

ジョージ5世の時代は、ヨーロッパ大陸で、王侯貴族によって統治された「帝国」や「王国」が次々と姿を消して、ロシア革命と、その後のソビエトの影響を受けた、社会主義の勢力が、ドイツでもフランスでも、そしてイギリスでも影響力を増していった時代なんだ。

そんななかで、オールドポルシェビキのオイラが、反動の旗頭であったジョージ5世かよ!って、主義者からは、お叱りを受けそうだけれど、ジョージ5世こそは「君臨すれども統治せず」という立憲君主制を貫いて、大衆民主政治をイギリスにもたらした名君であったという人もいるんだ。昭和天皇が終生手本とした名君、つまり日本の皇室のあり方にも大いに影響を与えた人物なんだ。

L1006385

|

« 新しい景色。 | トップページ | 風邪でダウンの日。 »

アンティーク」カテゴリの記事

コメント

IWANAさん
こんにちは。
東欧から楽しく拝読させていただいています。
ぼくも「コロネーション物」に興味があり、中でもジョージ5世が好きで、少しずつ集めてきました。この記事が掲載されてから胸像が気になっていたのですが、先日とうとう入手できました!

投稿: Jun | 2015年1月 9日 (金) 23時36分

Jun様
遠くから、おたちよりありがとうございます。
東欧からなんて、夢の世界にお住まいの様ですね。
この、胸像はイイですね、ヴィクトリア女王のものもアップしましたが、ドイツ製のようです。
他の国の王様や軍人のものなんかもあるようで面白い世界です。
ただし、白一色で写真に撮るのが、とても難しいのが難点です。
また、お立ち寄りください。

投稿: IWANA | 2015年1月10日 (土) 07時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: King George V Figurehead ジョージ5世の磁器製胸像。:

« 新しい景色。 | トップページ | 風邪でダウンの日。 »