« 風邪でダウンの日。 | トップページ | 週末。 »

2013年4月16日 (火)

ジョージ5世のアンティーク缶バッチ。

L1006496

1910 KING GEORGE V Pinback Button, Multi Colored, Medallion Photo & Novelty Co.

ジョージ5世は、“セーラー・プリンス”つまり「船乗り王子」と呼ばれ、腕には、日本でいれた、青と赤の龍の刺青があったという。

おいおい、ジョージ5世は、ヤクザだったのか?なんて、早とちりをしてはいけない。

「お行儀が悪く、勉強は不得手」だった、ジョージと気の弱い兄のエディは、父(エドワード7世)の教育方針で海軍幼年学校へ入れられ海軍の軍人として青春をおくる。(兄のエディは病死)

ジョージが兄のエデイとイギリス海軍のセーラーとして日本に来たのは1881年(明治14年)の事、当時のイギリス海軍では、腕にイレズミを入れるのは常識的なことで、海難事故に遭ったときには、イレズミでその遺体が誰のものかわかるというコトで、一人前の船乗りなら刺青を入れるのが常識だったのだ。

L1006498

さて、ジョージ5世のピンバックボタン、カナダ  トロントのMedallion Photo & Novelty Co.製の物。ジョージ5世は、「帝国の長女」といわれたカナダへは、皇太子になる前の1901年に、妻のメイを伴って訪問している。

いかにもセーラープリンスという肖像、このバッチはジョージ5世の、皇太子となる前、つまりカナダ訪問前後の物ではないのか?歴史が新しいカナダでは、百年以上前のバッチとなると、それなりに貴重な物なんだ。

カナダはイギリスの植民地の中では最も早く自治領となった国だが、まさに帝国の命運を左右する大切な土地で、ジョージ5世の大英帝国の後継者としての認知キャンペーンは念入りにおこなわれたのではないか。

L1006508

|

« 風邪でダウンの日。 | トップページ | 週末。 »

アンティーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョージ5世のアンティーク缶バッチ。:

« 風邪でダウンの日。 | トップページ | 週末。 »