« Love the giver ドイツのモットーカップ。 | トップページ | 徒然に着るもの。 »

2013年2月28日 (木)

ロイヤルウースターのウィローパターン(柳模様)のアンティークカップ。

L1005940

 

シノワズリー(中国趣味)は、17世紀から18世紀にかけて、ヨーロッパの中上流階級を席捲した一大文化現象である。東洋陶磁の流入が大きな要因であるが、質の高い磁器は東洋への憧れを生むのは当然であるし、ギリシャ的な均整に厭きた人々に中国の変則性は新鮮であった。

マルコポーロにはじまり、イエズス会の宣教師などを通じて、中国の老荘思想がヨーロッパに伝わり、曲がりくねった寺院の装飾・シャクヤク・閃光を発する鳥、異国情緒にあふれた中国のビジュアルは、まさに優美なシャングリラ(理想郷)であった。

これらが、ヨーロッパの美術に、シノワズリー(中国趣味)の流行をもたらすが、18世紀から19世紀にかけて中国の実像が知られるにいたり「哲学者の王国という古い夢は、堕落した帝国の現実に道を譲った」といわれる中国感の大転換をもたらす事となり、シノワズリーは終焉を迎える。

さて、現代の中国といえば、限りない欲望の暴走の末に、人々はスモッグと砂塵にまみれ、それでも、ムサボルことを止めない狂気の国で。共産主義を放棄したにもかかわらず、共産党という利権集団の独裁が続く異様な国で。労働者と農民の党であるはずの共産党が、労働者と農民を抑圧し、チベット・ウイグル・内モンゴルなど少数民族の植民地的支配を続け、低賃金と不公正な通貨管理で世界経済に混乱を起こさせ、世界中の製造業を破壊し、世界中の労働者から職を奪った帝国主義の極みの、ナラズモノ国家ではある。

L1005945

さてさて、そんなこんなではあるが、今夜は、イギリスの庶民的な陶器のカテゴリーの中で今も生きている絵柄・シノワズリーの、イギリスに既に土着した、理想郷としての「柳模様」ウイローパターンについてなんだ。

 

Willow_001

柳模様willow patternの代表的な絵柄をアップしてみた。

中央に柳を置き、愛をささやきあうかのごとく空を飛ぶつがいのキジ鳩やマンダリン(中国の高級官吏)の館、その館を取り巻くジグザグのフェンス、さらに中国風の橋の上を歩く、もしくは走るように見える三人の人物などを周辺に配した陶磁器の文様。この文様はマンダリンの美しい娘とマンダリンに仕えた若い書記との許されざる悲恋の物語を表わしているともいわれている。この模様は、18世紀末にイギリスで案出されたもので、17-18世紀の中国ブーム=シノワズリーchinoiserieの産物である。 引用

さてさて、今回のカップの絵柄は、ウィーローパターンのうち、フェンスドガーデンパターンと呼ばれるもの。

L1005948
ロイヤルウースター(英)の物で、マークの下の、Sは1881(明治十四年)。

L1005949

イギリスの日常陶器の代表的な絵柄・ウィローパターンで、当然転写ではあるが、下手な手描きより上手の転写という選択もあり、緻密な銅版画の様な線描きがロイヤルウースターの矜持を感じさせる。

L1005942

|

« Love the giver ドイツのモットーカップ。 | トップページ | 徒然に着るもの。 »

アンティーク」カテゴリの記事

マイカップコレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロイヤルウースターのウィローパターン(柳模様)のアンティークカップ。:

« Love the giver ドイツのモットーカップ。 | トップページ | 徒然に着るもの。 »