« シラキュース社のシロッコのディスプレイ。 | トップページ | ほころびの美。 »

2013年1月20日 (日)

一陽来復。

L1005571

この時期は、一年で一番寒い時期で、オイラが郡上八幡へアマゴ釣りで通っていた頃は、どんなに暖かい冬でも、かならず一月の終わりに寒波が来て、二月一日の渓流釣りの解禁はいつも雪の中だったけれど、郡上漁協は、ことしからアマゴ釣りの解禁は二月十五日に遅らせたけれど今年はどうだろう。

冬至を過ぎて、日が長くなるのが、鈍感なオイラにも感じられて、なにか世の中が良い方向へ向かっているような根拠のない期待がオイラにあるのだけれど、やはり3月には株の大暴落がまたあるのだろうか。

一番寒い時期は、これから暖かくなる時期でもあって、一番悪い時期は、これから良くなる時期でもあるんだ。

「(冬至を過ぎた後の)雪はみせかけでございます。雪の下では、すでに春にむかっての動きがはじまっております」  郭偃(かくえん)

節分が、立春が、待ち遠しいよね。

【一陽来復】
冬至のこと。また,春の到来や凶事が去って吉事がふたたびもどって来ることをいう。…

L1005565

|

« シラキュース社のシロッコのディスプレイ。 | トップページ | ほころびの美。 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190484/56578209

この記事へのトラックバック一覧です: 一陽来復。:

« シラキュース社のシロッコのディスプレイ。 | トップページ | ほころびの美。 »