« 今年も、最後までお付き合い戴き有難うございました。 | トップページ | めで鯛。 »

2013年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます。

L1005414

「暴走老人」といわれて喜んでいたバカが去年いました。まったく年甲斐もないというか、いや確信犯的愉快犯と言うべき亡国の犯罪者です。しかし、こういう愚劣な猿をあいかわらず選んでしまう愚かさを私たちは持っています。戦争というのが「わりと簡単に始まってしまう」と感じられた去年であり今年のようです。

中国人の愚かさも、韓国人の愚かさも、鏡に映った私たちではないのか。やり過ごす知恵と毅然と拒む逞しさを持ちたいものです。

しかし、この国は、学ばない猿の国のようです。福島から未だ二年もたたないというのに原発再稼動のボタンを押した猿がいました。あいかわらず放射能を垂れ流しながら「冷温停止」を宣言したドジョウがいました。事故を起こした新幹線を土に埋めて隠そうとした国がありました。アノ国を私たちは笑えるのでしょうか。この国は学ばない猿の国でドジョウ汚染の国です。

紅白でYAZAWAは、「本当は気づいているんだろう」「お前ならドウする」と歌いました。

さて、老人には明日はありません。守るべき地位などとも縁は切れました。ようやく本当の事が言える自由を得たような気がします。

気がつけば、あの日、デモに行くなと泣いて止めた母の歳も過ぎてしまいました。父と母は座敷の長押の定位置で写真となっています。しかしオイラには、まだ少しアノ頃の勇気と侠気が残っています。ことしも老人は原発停止を求めるソノタオオゼイの一人としてデモの後ろの方から付いていくつもりです。

この国が、それでも原発を再稼動させた「東洋の不思議で野蛮な国」と言われないために。

そして、原発が止まって、おめでとう、と言える日の近いことを。

|

« 今年も、最後までお付き合い戴き有難うございました。 | トップページ | めで鯛。 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190484/56439817

この記事へのトラックバック一覧です: あけましておめでとうございます。:

« 今年も、最後までお付き合い戴き有難うございました。 | トップページ | めで鯛。 »