« 骨董屋。 | トップページ | フォルクシュテットのアバンギャルドなアンティークカップ。 »

2013年1月 8日 (火)

キャシャレルのルル、魔法のフラスコ。

L1005461

「ルルのボトルは、私には魔法のフラスコのようです。手でこすると、精霊が出てきます。」「青は空の色、逃避の色で、そして純粋さを表すユニバーサルな色です。それに対して、赤い炎の蓋は情熱を想起させ、瓶の落ち着いた青色とは対象的です。」 そして、ボトルのデザイナー アネグレ・ベイエールは、青と赤のコンビネーションは マチスが1922年に描いた「赤いキュロットを履いたオダリスク」から戴いたと言っています。

Photo

キャシャレルのルルについては、キャシャレルのルル ポストモダン というキーワードで検索すると、必ずオイラが以前書いたブログがでてくるから、検索して読んでみて欲しい。

|

« 骨董屋。 | トップページ | フォルクシュテットのアバンギャルドなアンティークカップ。 »

アンティーク」カテゴリの記事

アンティーク香水瓶」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
アンティークで検索しましたら こちらがヒットしました。素晴らしい画像がたくさんあって驚きました。知らないことだらけです。
少しずつ 過去記事を読ませていただきます♪
早速お気に入りに入れさせてもらいました。
ブログ記事の中で リンクさせてもらいましたが、ダメなときは訂正いたしますので。
事後連絡で申し訳ございません。
紹介も丁寧に書いていませんので、お嫌でしたら 取り消します。

投稿: けい | 2013年1月10日 (木) 09時38分

あけましておめでとうございます。今年もお邪魔させて下さいね。
 キャシャレルはアパレルもとてもセンス良いです。意外な斬新さというのでしょうか、あーこれがフランスのエスプリというものですかね。ワンピースなど、とても幸せな気持ちになります。島田順子さんもスタートはキャシャレルのデザイナーでしたよね。
 団塊堂さんの写真、コレクションの写真もそれはそれは美しくて好きなのですが、なんてことない街角の風景もすごく好きなんです。

投稿: 真理子 | 2013年1月10日 (木) 10時52分

けい様
初めてのお立ち寄りありがとうございます。
そしてリンクを貼っていただきありがとうございます。
ブログを見させていただき早速お気に入りに入れさせていただきました。またお立ち寄りください。

投稿: 団塊堂主人IWANA | 2013年1月10日 (木) 18時57分

真理子様 あけましておめでとうございます。
そうですか島田順子はキャシャレルのデザイナーだったんですね。
実は、このボトルは600円とか1000円の物なんですがね。私としては素晴らしいボトルだと思うわけで。写真に撮るとこんなに素晴らしいワケで、つまりこのボトルの素晴らしさを写真で引き出して、どなた様にも感じていただきたいワケで、そういう事を真理子様と共感できたということは、とても嬉しいことです。

投稿: 団塊堂主人IWANA | 2013年1月10日 (木) 19時07分

IWANAさま

このキャシャレルのボトルのいいですね。少し沈んだニュアンスのある赤いストップに合わせたボトルは意外や明るい青!の絶妙なコンビネーション。その質感と相まってインパクトのあるデザインです。
「アナイスアナイス」のガーリーなボトルデザインとは対照的。あのミルキーなボトルやキッチュなデザインも面白いと思いますが、キャシャレルと言えば、やはりこちらですよね。

IWANAさんの「キャシャレルのルル ポストモダン「」を読ませていただき、ルィズ・ブルックスのルルからインスピレーションを得たネーミングであることを知りました。
実は私、ルルではなく「ルゥルゥ」と読んでいたのであります。そう、ジィップ作、森茉莉訳の「マドモアゼル・ルウルウ」からの連想です。ルイズ・ブルックスが悪女だとしたら、こちらは、森茉莉曰く「天衣無為で奔放で、恐ろしくしつけの悪い」14歳の女の子。大きくなったらさぞや立派なフラッパーになったのではないでしょうか。ちなみに私が持っている「マドモアゼルルウルウ」は1973年薔薇十字社から再版されたもの。堀内誠一の装丁がまたすばらしくて、私の宝物の1冊です。
香水瓶の話から脱線してしまって申し訳ございませんでした。芋づる式に連想を繋げてゆくのが私の得意技。悪しからずお許しくださいますよう。

投稿: aosta | 2018年1月11日 (木) 10時42分

aosta様

けっして高価な物ではありませんが、こういう物の美しさを認めていただけてとても嬉しいです。

香水瓶の美しさは、量産品にこそあると思います。


実は、香水瓶のコレクションは頓挫してしまいましたが、テロで航空便の規制が厳しくなり、少しでも液体が残っていると輸入できなくなってしまいました。残念です。

投稿: IWANA | 2018年1月12日 (金) 06時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190484/56481881

この記事へのトラックバック一覧です: キャシャレルのルル、魔法のフラスコ。:

« 骨董屋。 | トップページ | フォルクシュテットのアバンギャルドなアンティークカップ。 »