« オキュパイドジャパン 占領下の日本製のデミタスカップ。 | トップページ | 桜道に鬼が立つ。 »

2013年1月13日 (日)

郡上おどりはマダですか。

L1005470

はねばはね 踊らばをどれ春駒の

のりの道をばしる人ぞしる

(春駒のように はねたければ はね、踊りたければ踊って念仏するがよい。喜びにあふれて踊り念仏をする法の道を知る人は知っているものだ。)

キリスト教のゴスペルを邪道だとする人もいるけれど、苦しんでいる人がそれで救われているのなら、それはそれでイイのではないか。

冒頭の言葉は、12世紀後半に日本中を踊り念仏で席巻した一遍上人の言葉だけれど、オイラ的には、郡上おどりの「春駒」に反応したのだけれど、郡上おどりの「春駒」はもともとは「さば」つまり越前から入っていたゴチソウ (塩さば)の事を唄っていて郡上名産の馬「春駒」に置き換えられたのはまだ最近のことなんだけれどね。

でも、だから郡上の踊り助平が「春駒」で、いちだんと跳ねるのも“法の道”なんだよ、魂の救済なんだよって、オイラ今夜は少しカルトちっく。

さて、一遍上人の念仏集団は、今風に言えばミュージカル集団で、美声の僧侶や肌もあらわな美しい尼の集団が「南無阿弥陀仏」と唱えて踊れば「極楽往生間違いなし」と約束したわけで、しかもそれは踊躍歓喜(ゆうやくかんぎ)と称される跳んで跳ねる激しい踊りで、恥ずかしいところも隠さずといった宗教的エクスタシーにみちたものだったという。

浄土宗も親鸞の浄土真宗も程度の差こそあれ、南無阿弥陀仏と唱えればシアワセになれると説いたワケで、郡上踊りを踊ればシアワセになれるというのとチットモ違わないわけで、俺たち踊り助平もタダのスケベではないんだ、修行なんだよ救済なんだよって、ちょっと無理があるかな。

さてさて、冒頭の写真は明治大正の頃の絵葉書なんだけれど「郡上おどり」の光景なんだ。どこの境内なんだろう。山に迫ってる感じからして安養寺かな、どうかな。

7月13日の 郡上おどり発祥祭までアト半年なんだね。 ながいよね。

|

« オキュパイドジャパン 占領下の日本製のデミタスカップ。 | トップページ | 桜道に鬼が立つ。 »

郡上踊り」カテゴリの記事

コメント

 郡上八幡出身者です。ときどき拝見しています。この写真は、おそらく、1931年の東久邇宮の来町時、愛宕公園で郡上踊りを披露したときのものですね。「歴史でみる郡上踊り」という本がありますが(下記)、その72頁に本番前のリハーサルの写真があります。ほぼ同様のメンバーで、背景も同じように見えます。

 ご掲載の写真自体は他の資料などで見た記憶があります。このときのものだという紹介があったような気がしますが、記憶がはっきりしません。

http://shop.gujohachiman.com/products/detail.php?product_id=636

投稿: IS | 2013年1月19日 (土) 14時03分

IS様 お立ち寄りありがとうございます。
この背景は愛宕公園でしたか。駐車場には行きますが公園までは登ったことがありません。桜の季節には、見てきます。
振興公社の「郡上八幡屋」でこの本が買えるのですね。しかもクレジットで決済が出来るようになって。来月あたり手に入れるつもりです。
また、いろいろとご教授ねがいます。

投稿: IWANA | 2013年1月19日 (土) 17時08分

 最近、出版されたばかりの本の冒頭写真集に、この写真と同じ状況の写真が載っています。「愛宕公園にて昭和六年東久邇宮来訪に備えて踊り練習」というタイトルになっています。

http://shop.gujohachiman.com/products/detail.php?product_id=878

投稿: IS | 2013年3月 8日 (金) 05時59分

IS様
新しく出た「歴史探訪 郡上踊り」ですね。著者の高橋教雄先生は、「新 八幡城ものがたり」も書かれていて、複雑な郡上の歴史をとても分かりやすく冷静に書かれていて私はファンです。歴史はともすれば、立派に書き直されたりしがちですが、冷静に書くというのは、知性であり教養だと思います。
高橋先生は郡上の大乗寺のご住職ですが、大乗寺の庭の井戸やら鬼瓦を写真に撮ってアップしたことがあります、あの井戸のまわりのしつらいに只者ではない美を感じたことがあります。
新しい本は、近々手に入れるつもりです。有難うございました。

投稿: IWANA | 2013年3月 8日 (金) 18時19分

 私も高橋先生の本をいくつか読んでいます。勉強になりますね。ああいう人が郷土史家としていてくれるのはありがたいです。私の親父も先生の郡上史講座を楽しみに通っていました。

 あちこちの街角に小さな美がありますね。きれいな写真を見るのは楽しいです。東京の六本木に富士写真ギャラリーがありますが、今、日本の自然の風景写真を展示しています。こっちは雄大な自然ですが、すばらしく美しいところがあります。いずれ、訪れてみたいと思っています。

投稿: IS | 2013年3月 9日 (土) 15時04分

「歴史探訪 郡上踊り」さきほどネットで注文しました。楽しみです。

投稿: IWANA | 2013年3月 9日 (土) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190484/56528742

この記事へのトラックバック一覧です: 郡上おどりはマダですか。:

« オキュパイドジャパン 占領下の日本製のデミタスカップ。 | トップページ | 桜道に鬼が立つ。 »