« リッジウェイのエリザベス2世 戴冠式記念マグ。 | トップページ | 洗濯物のある風景。 »

2012年12月25日 (火)

70年代のテイスト。

L1005407

むかし岐阜にあった、メンズショップ・ハトヤの事を色々と調べていて、「悲しい色やね」の上田正樹が、岐阜で一番の進学校を中退してHATOYAの店員をしていた事があるなんてことを始めて知った。オイラ、上田正樹はとても好きなんだ。そういえばそんな店員が居た様な気がする。

L1005409

ハトヤといえばVANショップで、岐阜じゅうの若者をとりこにしたメンズショップで、60年代から70年代にかけてデパートすら凌駕しかねない勢いで。岐阜といえば繊維産業の街でファッションブランドは名古屋よりも早く手に入ることもあって、オイラなどは毎日ハトヤに入り浸っていたクチで、高校時代は、学生服を除き靴下から下着・ワイシャツ・ステンカラーのコートまで、そうそう靴もVANのラダーシューズつまりスニーカーだったわけで。スニーカーなんて言葉が登場したのはVANからで、ガチガチのアイビー小僧だったオイラは、歩き方までアイビーにはスタイルがあってスニーカーだから:ケツを突き出してシノビ歩いていたりしたんだ。もちろん鞄にはVANのステッカーを貼り、メンズクラブ平凡パンチなんてのを小脇にかかえたりしてなんだけれどね。音楽なんかはPPM ピーター・ポール&マリーやらジョンバエズを磨り減るくらい聴いてて弾けもしないのにバンジョーなんかを心から欲しいと思っていたりしたんだ。 

L1005411

茶色のVANの袋がグローバルアイなんて白色の袋に変わる頃は、売れすぎてVNが自己崩壊をはじめていったんだ。大学に入った頃は少し大人を気取ってKENTに移ったりして。社会人になる頃はアイビーも陰りがみえてモード系に時代は移り、ハトヤもニコルなんかを扱いはじめて、生涯IVYだなんて息巻いていたオイラもニコルしたりビギしたりしはじめて、ハトヤも破産して、熱かった70年代は終わったんだ。

さて、そんな時代のボトルなんだ。

VINTAGE AMWAY PERFUME BOTTLE-GRAMOPHONE

70年代のエイボンのボトル 

なんてブログを以前書いたから、良かったら検索して読んでみて欲しい。

|

« リッジウェイのエリザベス2世 戴冠式記念マグ。 | トップページ | 洗濯物のある風景。 »

アンティーク」カテゴリの記事

アンティーク香水瓶」カテゴリの記事

コメント

生家の生業はテーラー
物心ついた頃、それプラス男子専門洋品店も併設
当時は随分と遠方からもお客様がいらしてくれたし、三重辺りまで売掛金を回収にいっていた(勿論車、赤の360クーペだったかな?)
直接記憶には無いが、聞いた話だとVAN、JUNEがお店に置いて欲しいと来たらしい
亡父は、こんなペラペラな洋服は置けないと断ったらしい
そしてその後はVANとJUNEが一世を風靡した

オーダーのミユキテックス等を手にしていた人は、生地の悪さにVAN等受け入れられなかったのでしょう
テーラーは、その後斜陽産業の一つになった
チャンチャン、おしまい^m^

投稿: boss | 2012年12月25日 (火) 09時18分

boss様
マツダ360クーペなんて涙が出るほど懐かしい。
VANの復刻版があるのですが、形は再現されているのですが、生地がとても悪くて、昔のVANは、もう少し良かったはずなのですが、それとも私たちの眼が肥えてしまったのか。

かってIVYでブイブイいわした団塊の世代が納得できるトラッドブランドがない。ユニクロじゃあナニだし、という我々を「アイビー難民」というのだそうです。
行き場がなくて私も「PAPAS」していましたが、現役を外れた身には高すぎて、それにパパスは少しミルキーで甘すぎる、もう少しエッジの立ったものなんてことを言ってたら、最近はJプレスが、我々団塊の世代に向きのトラッドを打ち出して売上げを伸ばしているそうです。
お宅の、釣きち三平にどうぞ。

投稿: 団塊堂主人IWANA | 2012年12月25日 (火) 19時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 70年代のテイスト。:

« リッジウェイのエリザベス2世 戴冠式記念マグ。 | トップページ | 洗濯物のある風景。 »