« 菊薫る候。 | トップページ | 萬松館の。 »

2012年11月 4日 (日)

キューピーのアンティーク香水瓶。

L1005084

先日のキューピー3分クッキングで、厚焼き玉子が、始め、エッ!真っ黒ジャンって言うくらい焦げて、オイラも見ててオロオロしてしまったのだが、アナウンサーが「こんなにシッカリ焦げ目が付いたほうがいいのですね」ってビミョウなコメントを入て、先生ちょっとアワテタけれど、「結局は一番最後がきれいにまとまっていればいいので、最初は気楽な気持ちで!」と、なんとかクルクルと玉子で丸め込んでしまって、これが「まるめ込む」ってヤツだなって思った今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

1920~30年代の、ドイツの、磁器製アンティーク香水瓶。シーテッドキューピーというパターンがいかにも可愛いよね。

キューピーの磁器製アンティーク香水瓶 というタイトルで以前ブログを書いたから検索して読んでみてほしい。

|

« 菊薫る候。 | トップページ | 萬松館の。 »

アンティーク」カテゴリの記事

アンティーク香水瓶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キューピーのアンティーク香水瓶。:

« 菊薫る候。 | トップページ | 萬松館の。 »