« バロックでロココ風なアンティークカップ。 | トップページ | 完品でなくとも。 »

2012年10月11日 (木)

ブロンプトンでツィードラン。

L1004826

そろそろ、ツィードランが出来るシーズンで。

とてもカッコつけた話で恐縮なんだけれど、TWEED RUN 英国発祥のムーブメントで、つまりツィードのアイテムを着て“装って自転車に乗る”って事を提唱しているわけなんだけれど、ツイードのハンチングやらジャケット、ニッカボッカーにダイヤゴナルのハイソックスなんかで街中をサイクリングしょうというワケで、一人じゃ恥ずかしいから、ついつい日本人は仲間が集まってという事になるのだが、付け髭なんかまで付けたりするから、明治村のイベントか、推理小説マニアのグループか、スーパーマリオおたく程度にしか思われない。究極の自己陶酔で自己顕示だから他人がどう思おうと関係はないのだが。

さてさて、今年のファッションは、どうやらロンドンテイストで、クラシックな色合いに少し細めのシルエットが流行ったりしているワケで、オイラのこの秋の新作ワードロープはモスグリーンのミックスの厚手のカーディガンジャケットに赤のチェックのシャツで、これを決めてブロンプトンに乗れば立派なツィードランじゃまいか。おっと!どこにもツィードがないじゃないか!それならばハンチングをハリスツィードするか、それともマフラーを“みちのくあかね会”するのかな、なんて事で。まあ、なによりブロンプトンロンドンテイストツィードラン的であるのが嬉しい。

だからな、還暦過ぎの爺様が、あてもなくジャージでママチャリ徘徊するジャージランなんて痴呆の始まりではないのか。それなら新聞配達か、佐川のメール便でもやれよ!って。

俺たちの歳って、気を抜いたらすぐそのままタダのジジイなんだぜ。

|

« バロックでロココ風なアンティークカップ。 | トップページ | 完品でなくとも。 »

ブロンプトン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブロンプトンでツィードラン。:

« バロックでロココ風なアンティークカップ。 | トップページ | 完品でなくとも。 »