« 同窓会。 | トップページ | 中仙道。 »

2012年10月23日 (火)

フッチェンロイターの黒真珠のジュールのキャビネットカップ。

L1004876

この、南洋真珠を思わせるジュールが何とも渋くて良いのだ。濃紺に金彩、ヨーロッパの奥座敷で出会った麗人とでも言おうか。

フッチェンロイター 黒真珠 ジュール キャビネットカップ で検索すると以前書いたブログが出てくるから見て欲しい。

|

« 同窓会。 | トップページ | 中仙道。 »

アンティーク」カテゴリの記事

マイカップコレクション」カテゴリの記事

コメント

至高の技!
う~ん手順としては、先ずエナメル盛をして焼成、その上にパールのラスターを施して焼成、最後に金彩でしょうか?
又作品作りの一つのヒントを頂きました!サンキューですっ

投稿: boss | 2012年10月23日 (火) 08時15分

boss様の最新作のジュールを意識してみました。
ところで、この金彩の線を見てほしい。ギザギザでチョークで書いた線みたいな。
このギザギサがペッタリして安っぽくなりがちな金彩の線を上品にしていると思うのですが。

投稿: 団塊堂主人IWANA | 2012年10月23日 (火) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フッチェンロイターの黒真珠のジュールのキャビネットカップ。:

« 同窓会。 | トップページ | 中仙道。 »