« ロバート バーンズのポートレートカップ。 | トップページ | 花フェスタ記念公園 秋のバラ。 »

2012年10月27日 (土)

秋の日に、岐阜・富加町“よしかわ”の松茸料理で満腹する。

L1004960

さて、松茸が食べたいと言ったところで、我が家では、セイゼイ「永谷園の松茸のお吸い物」が出る程度で、松茸を食べたのは、十年も昔で、オイラの釣り仲間の“すけべのスーさん”の退職祝いに鬼岩温泉の旅館で日帰り温泉した時に一人一万円のコースだったけれど、なんだか松茸なんぞほんの少しで、かすかに松茸の香りがした程度で、帰りのキンモクセイの匂いの方が強かったノダ。

だから、いまだ私の人生では松茸を腹いっぱい食べたなんて事は無かったワケだ。そんな貧しいオイラの松茸人生だったのだけれど。今日オイラ、松茸料理で満腹を体験するという極楽を味わったのだ。以下、そのご報告。

L1004956

さて、とりあえずは、付き出しの“そうな(ほうき茸)の味噌和え”

L1004958

そして、酢の物は“ろうじ(くろ茸)三杯酢”

L1004955

刺身は 大トロこんにゃく

L1004959

さて、いよいよ松茸の登場で、温の物 松茸のすき焼き。しっかりとした大きさの松茸が三切れ。

L1004961

そして、メインディッシュの焼き物、松茸の炭火焼。イカじゃないんだ松茸なんだぜ。このワイルドな量を見てくれ。

L1004963

松茸はナント言っても炭火焼だよね。松茸は少し、松茸が“あせをかいた”程度で生姜醤油で。ちょっとシツコイかなマツタケ・マツタケと。

こんな時に、お金の事を言って恐縮なんだけれど、税込み「野口英世」七人のコースなんだぜ。

L1004970

そして揚げ物は、もちろん松茸天婦羅(抹茶塩)、かさねて言うが、イカのテンプラじゃナイんだ、松茸のテンプラなんだ。

L1004972

そして、テーブルの横では、松茸の釜飯が湯気を立てているんだ。

L1004965

釜飯が炊き上がるあいだに、蒸し物は、松茸茶碗蒸し。茶碗蒸しだってシッカリとマツタケが入っているんだ。

L1004985

おっと!料理の途中なんだけれど、マツタケの笠みたいな顔のご主人なんだ、松茸へのコダワリと薀蓄のカタマリみたいな、マツタケにマジメなご主人なんだ。

L1004983

松茸の釜飯が炊き上がった頃には、じつはオイラもう、胸もオナカも松茸でイッパイだったんだけれどね。

L1004976

そして、なんと言っても“松茸土瓶蒸し”本物は違うよね、永谷園とは違うよね。ポン酢なんぞはジャマだよね本物は。

L1004973

そして、オマケは、ご主人が店の裏で飼ってるヘボ “蜂の子”。

シティボーイのオイラ、その姿にギョッとしたけれど、食べてみると美味しいんだカリカリしてエビのようで。

L1004984

まあ、そんなこんなで、秋の日に松茸三昧のオイラの今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

L1004989

季節料理 よしかわ

岐阜県加茂郡富加町加治田845

0574 54 2268

:月曜定休 要予約

L1004949

これは、広告では御座いません。

|

« ロバート バーンズのポートレートカップ。 | トップページ | 花フェスタ記念公園 秋のバラ。 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

良いなぁ良いなぁ、あのパキパキのキュッキュの歯触りが懐かしい
それにしてもお安いですねぇ
旬の間に一度は贅沢して見たいですぅ

投稿: boss | 2012年10月28日 (日) 07時51分

boss様 そして、ここは、boss様あこがれの、ロザリアンの聖地、ガーデナーの西方浄土、岐阜・可児市の「花フェスタ記念公園」から車で20分の所なのですよ。

投稿: 団塊堂主人IWANA | 2012年10月28日 (日) 08時39分

あれから6年、当店では変わらず松茸料理提供させて頂いております。テレビ等の取材は全てお断りさせて頂いております。一人ひとりのお客様に、ゆっくり美味しく、満足していただきたい。との思いからです。又のご来店お待ち致しております。

投稿: よしかわ店主 | 2018年9月 5日 (水) 11時41分

よしかわのご主人様

その節は、お世話になりました。
富加町は、水害は大丈夫でしたか。

ア~ぁ マツタケの香りがしてきました。

投稿: IWANA | 2018年9月 7日 (金) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の日に、岐阜・富加町“よしかわ”の松茸料理で満腹する。:

« ロバート バーンズのポートレートカップ。 | トップページ | 花フェスタ記念公園 秋のバラ。 »