« 郡上おどりの寂しいOFFに「高雄歌舞伎」で郡上を注入。 | トップページ | ブロンプトンでツィードラン。 »

2012年10月 9日 (火)

バロックでロココ風なアンティークカップ。

L1004724

十九世紀末あるいは二十世紀始め、フランス。

金彩のスレを直そうかとも思ったけれど、このスレこそ時代ではないかと、そのままにしている。

キャビネットカップのサイズで、使われていないはずなのに、これだけのスレがあるからクリーマーではとも思うがクリーマーなら注ぎ口はもう少しはっきりしているはず。

病的なロココ趣味が秋の夜長にしみいるね。

|

« 郡上おどりの寂しいOFFに「高雄歌舞伎」で郡上を注入。 | トップページ | ブロンプトンでツィードラン。 »

アンティーク」カテゴリの記事

マイカップコレクション」カテゴリの記事

コメント

こちらもリモージュでしょうか?
色、柄、金彩がリモージュですね。
私もこの縁金のボカシがして見たいのですが、粗いスポンジでやると金液を大量に使うので、ケチな私は躊躇。
ボサボサの筆でパディングしているとも聞いた事が有りますが、本当の所どの様に金彩を施しているのでしょうかねぇ?

投稿: boss | 2012年10月10日 (水) 07時45分

boss様
我が家の普段使いの茶碗やらカップが欠けたりすると、私は金接ぎをするのですが、今どき欠けた茶碗を補修して使うなんて、貧乏な我が家くらいのものではないでしょうか。
その秘法は、ぜりー状のアロンアルファと車の補修用のペンキです。オートバックスなんかで売っている小さな筆が付いたペンキですが、これが実はとても良いのです。(笑)

投稿: 団塊堂主人IWANA | 2012年10月10日 (水) 17時47分

こんばんは。素敵なカップ!重厚すぎる持ち手と脚は口の曲線がいびつな程、とてもバランスが良いですね。奔放な貴婦人のようです。 
 

投稿: 真理子 | 2012年10月12日 (金) 02時45分

真理子様
最近、写真が、少し綺麗過ぎるかもしれません。
でも、この物が持つ美しさが増幅されたかもしれませんが、美しいことは間違いありませんね。

投稿: 団塊堂主人IWANA | 2012年10月12日 (金) 17時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バロックでロココ風なアンティークカップ。:

« 郡上おどりの寂しいOFFに「高雄歌舞伎」で郡上を注入。 | トップページ | ブロンプトンでツィードラン。 »