« 梅雨のこの時期は。 | トップページ | いよいよ、郡上おどりが。 »

2012年7月 4日 (水)

敦賀原発が爆発したら名古屋市は赤い領域で福島でいう避難地域だぎゃあ!

「福島の放射能汚染地図を見ていたら、あれ!?うちも原発のおとなりでした。」なんていうキャッチコピーのブログを見つけた。

「原発隣接地帯から:脱原発を考えるブログ」というタイトルだから、検索して見て頂きたい。

以下、無許可で一部をコピーしてみた。

まず、この図は福井県の敦賀(つるが)原発福島原発と同じ事故が起きたと想定して、セシウム137がどう拡散するかを想定したもので、赤い領域が福島では避難が必要とされたレベルということで、みごとに福井から名古屋市西北部が避難地域にハマッテいる。オイラが何度も言う、冬の日の伊吹オロシが放射能だったらというヤツが見事にビジュアル化されている。赤色は豊橋にまで延び、敦賀原発で愛知県壊滅の図なんだ。

もちろん琵琶湖は避難地域で、関西の水瓶・琵琶湖の水は放射能汚染水なわけだ。琵琶湖周辺は東側の伊吹山地に阻まれて、この図より汚染はひどくなると考えられるのだが、大阪を始め関西の各都市の水道水の、琵琶湖・淀川水系への依存度を考えると背筋が凍る。これで関西経済は完全にアウトとなり、さらに避難地域に沿って走る新幹線と東海道線は止まるんだ。もちろん名神高速道路も、つまり、日本は放射能によって二つに分断され、日本経済は決定的な打撃を蒙ることになる。まさに、亡国の原発なんだ!福井の原発群は。

20120626175545007_2

風向きがもう少し西向きだったらどうか。

オイラの住む岐阜市は真っ赤なんだ。

20120626175823cd8

こうなると、岐阜も郡上八幡あたりが安全で、そうなれば、オイラ、郡上へ逃げて盆踊りだなって、それどころではない、まったくトンデモナイことで岐阜市・美濃加茂市あたりがヒトキワ赤いのが泣ける。多治見から中津川あたりまで赤みがあるのが恐ろしい。

写真はクリックすると大きくなるから見て欲しい。

単なる予想だとか空想ではないんだ、福島で起こっている現実を敦賀に重ねただけなんだ。

福井が、こんなに近くだったなんて・・・・。

ほとんど地元ジャン。オマイラ怒れヨ!

|

« 梅雨のこの時期は。 | トップページ | いよいよ、郡上おどりが。 »

団塊・怒りの掲示板」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敦賀原発が爆発したら名古屋市は赤い領域で福島でいう避難地域だぎゃあ!:

« 梅雨のこの時期は。 | トップページ | いよいよ、郡上おどりが。 »