« リアル過ぎた銅像。 | トップページ | 6月30日 大垣 ダメ。ゼッタイ。大飯原発再稼動反対デモ。 »

2012年6月27日 (水)

35年ぶりにマンシングする。

L1003147_2

さて、今どきワンポイントのポロシャツなんてアキバのオタクだって着ていないかもしれない。先日、名古屋の地下街でラコステのポロを見つけて、なつかしくて。オイオイおいらがデパートの売り場に立っていた頃、このワンポイントの絶頂期で、オイラ、紳士洋品の売り場だったからラコステもマンシングも担当していたわけで、ラコステなどとても高価で、オイラのお給料では月に4枚買える程度で、なんだよ一週間働いてラコステ一枚かよって思ってた。本当に馬鹿げた時代だったと思う。貧しかったんだな心が。

そんなこんなだけれど、久しぶりに見つけたラコステ、家にかえって家内に「ラコステのポロシャツを見つけたから買おうかな」なんて聞いたら、「ラコステ、お兄ちゃん(息子)が二枚持ってるよ、お父さんが着たらお兄ちゃんかわいそう」なんて、「オイオイ、悪かったな、オイラが着ちゃあ迷惑かけるワケね。」って少しムカついたけれど、アイツが着ているから流行なんだな、それじゃあ、「アイツがラコなら、オイラはマンシングだな。」ラコステって確か昔は少し細身だったから、少々メタボなオイラにはやはりマンシングだな、って。

ところで近頃は、シャツのスソは出すもののようで、昔の常識でいえば、マンシングというのは少し長めで、ゴルフの時、ショットのアトでスソがパンツから出たりしないというのが売りだったワケで、チビなのにメタボでLサイズなオイラ。スソが長すぎてはスラックスインするしか無いわけで、ワンポイントといいスラックスインといい、へたすりゃ「たくはちろう」だな、なんて心配していたのだけれど、アマゾンから届いたそれは、少し短めで、今風で安心した。

ところで、いまどきは、シャツのエリは立てて着るものかね?

立てて着たりすると、古いと笑われたりしないかね?

|

« リアル過ぎた銅像。 | トップページ | 6月30日 大垣 ダメ。ゼッタイ。大飯原発再稼動反対デモ。 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 35年ぶりにマンシングする。:

« リアル過ぎた銅像。 | トップページ | 6月30日 大垣 ダメ。ゼッタイ。大飯原発再稼動反対デモ。 »