« 夏のはじめ。 | トップページ | 長良川。 »

2012年5月23日 (水)

白黒専用の145万円のデジタルカメラ LeicaMモノクローム。

L1002963

いきなりお金の事で、下品で恐縮なんだけれど、今年の8月に発売が決まったライカの白黒専用のデジカメ「ライカMモノクローム」の事なんだ。キタムラでの価格は、カメラ本体が79万8000円、カメラにはレンズが要るわけでSumicron-M50mm/f2が65万8000円、合計145万6000円

という事で、お医者さんのレントゲンでもなく、国立天文台の観測機器というわけでもなく、ただのカメラなんだ、デジカメなんだ。白黒専用カメラなんだ、白黒しか撮れないカメラなんだ。

さて、オイラ、カメラのスペックなんかについては詳しくないから検索して頂くとして。

まず、オイオイ、白黒専用のデジカメって何なんだ?ってことなんだ、普通のデジカメだって、フィルムモードでカラーも白黒も選択できるし、フォトショップであとから白黒に変換することも出来るわけで、カメラを白黒専用にする必要ってなんなんだ? フィルムにあたるセンサーを白黒専用にするって事は少なくとも三原色のデータを撮る必要はないわな、という事は仕組みとしては簡単になって安くなるべきなんじゃないか?

ライカの説明をコピーしてみた。「この撮像素子は色を「見る」ことはせずに各画素が輝度を忠実に記録し、色を認識する撮像素子を搭載したデジタルカメラよりもはるかにシャープな描写で「正真正銘の」モノクロ写真を撮影することができます。」 物は言い様だね。

さてさて、貧乏なルサンチマンのオイラの混乱はさておき、白黒に特化して、それを一段と高価な位置づけで販売するあたり、イカにもタコにもライカであり、ブランドビジネスの骨頂なんだ。もし、この白黒カメラを一段下の価格で発売したらどうだろう、話題にもなにもならない、一段下の機能のカメラで、安いカメラという事で終わってしまう。一段と値段が高い白黒デジカメという、何やら不思議なステージが、生まれたのか生まれないのか。

たしかに、目隠ししていたしたり、縛ったりした方がイイという人もいて、下手なカメラマンなんかが焼きすぎた白黒写真を芸術だと感じたり、白黒の貧乏写真をDOMONのようで社会派だと感じたりという左翼小児病的傾向はオイラのなかにもあるけれどね。

という事で、オイラのライカX1の白黒モードで撮ってみた。パジャマのままで、ソファーに寝転んで、天井を撮った写真でも、白黒ってたしかに何やら哲学的ではあるよね。金環日食のイメージなんだけどね。プッ!

ここまで書いたオイラだけれど「欲しい」という気持ちがあるという事は否定できない、でも、いくらなんでもね。

L1002964

|

« 夏のはじめ。 | トップページ | 長良川。 »

赤色ライカ老人倶楽部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白黒専用の145万円のデジタルカメラ LeicaMモノクローム。:

« 夏のはじめ。 | トップページ | 長良川。 »