« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月29日 (日)

今年のゴールデンウィークの郡上おどりはどうなの?

L1000511

先日来、郡上踊り 5月5日といったキーワードで、当ブログにも沢山のアクセスがあり、オイラも今年はやるのかやらないのかと色々と調べていたわけで、そうしたら一週間ほど前に、ある方のブログに今年も5月5日は出かけるなんて記事が出たから、やはり今年もあるんだと大いに期待したのだけれど、その後、オイラが毎日読んでいる郡上の酒屋さんの女将のブログ今年は無いので残念と書き込みがあった。そして今日、郡上おどり運営事務局のFacebookに「春の新町ほこ天」のチラシがアップされイベントは13日に行われるも郡上おどりは行われないという事がハッキリして残念。

さて、そのチラシのリードのコピーが「はちまんの人がたのしむ、はちまんのイベント」とあり、つまりどうやら、「八幡以外から来る人ばかりの踊り助平の皆様」が嫌われてしまったのではないか?と、オイラ少し心配しているんだ。

去年のイベントの後、地元の御婦人のブログに「踊っているのは地元以外の踊り助平ばかり、地元の人間なんておらへん。」とお怒りの書き込みがあって、そうか「遠くから来てくれてありがとう。」という人ばかりでは無いのだなと思ったのだけれど。そんなこんなで地元との共存なんて事について考えてみた。

オイラ、宣伝とか販売促進・営業企画という仕事を百貨店でずっとしてきて専門家のつもりなんだけれど、郡上へ釣りで出かけても、郡上踊りに出かけても、宣伝だとか、販売促進だとか、イベントのあり方だとか、街づくり、だとかと言った視点で考えてしまって、もうセカンドライフなのに現役のクセが抜けきれなくて遊びが遊びで無いようなところがあって洒落にならないのだけれど、老人のタワゴトを聞いて欲しい。

さてさて、郡上おどりは、間違いなく郡上の文化遺産であり、観光資源であることは間違いない。

しかし、郡上おどり・郡上釣りともに行動型のレジャーであり客が参加する事で成立するイベントだけれど、必ずしも現地での消費を約束するものではないし、地元はむしろ資源やら労役を提供するだけで、客に遊ばれるだけの「もてあそばれ型」資源の危険をハラムものなんだ。

商売の分類で言うと「もてあそばれ型MD」というやつで、下手な商売ということなんだ。盛り上がって楽しかったけれど売上げには全く結びつかないゴールデンウィークのイベントなんてのがオイラの経験でも数多くあって。

去年のゴールデンウィークの様子を観ていて思ったのは、夜ならいいけれど、商売のゴールデンタイムの昼間に踊りで商店街を占領するってどうなんだ?オイラの常識でいえばイベントの時間帯は売上げは完全にストップしてしまうのだよな。

郡上八幡の動員策として良いし、ゴールデンウィーク中毎日やってもいいけれど商店街からは外して、寺の境内とか旧役場前の広場でやればとても良いのにって思っていたのだ。ゴールデンウィークの観光客だって、この時期しかも昼間に、郡上おどりが見られるなら、それは面白いにきまっている。観光イベントとしては良いことなんだ。

五月のこの時期は、踊り助平が「おどり浴衣」の新調を考える時期。それにあわせてカワサキホールなんかで郡上八幡の呉服屋さんが共同出店した「新作浴衣受注会」なんて販売催事やら、観光客向けに、踊りの街、浴衣のオシャレの本場をアピールするのもいい。有松のしぼり産地と共同して絞り浴衣の産直市なんてのも考えられる。江戸てぬぐいの見本市なんてのも良い、岐阜の水うちわや提灯の販売会もいい。遊ばれるだけではなく、遊びに来ている客を遊ばせて、他の客も絡め取る仕組みづくりも必要なんだ。

郡上八幡は郡上おどりという凄い資源を持っていると思う。踊りに通うようになって思ったのは、観光客が熱いのだ、郡上八幡という街のコンテンツに比較して。

つまり観光都市としてはMDが下手で商売が足りないと思うのだ。もっと商売をしたらいいのにと思うのだ。

たとえば高山なみに、彦根なみに、といっても地元の人は笑うかもしれないが。ならば滋賀の長浜や近江八幡とくらべても、郡上八幡は高いポテンシャルの観光資源を所有するにもかかわらず、観光を活かした商売は、それらの街に比べて未開発だと思う。

オイラが見るかぎり、客は熱い思いで八幡に来ているのに、お金の使い場がわからず良い街だねといって帰っていくのだ。そして、郡上おどりで踊っているのは「他所の衆」ばかりといって頭にくる市民も増えてしまうのだ。

ともあれ、他所の衆の踊り助平が、楽しく踊らせていただく為には、郡上八幡が儲からなければイケナイし、街がこのまま元気でいてくれなければ困るのだ。郡上八幡で買うのは下駄だけではいけないのだな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゴールデンウィーク花紀行。

L1002809

ゴールデンウィークは全部、温泉行きだな!なんて宣言して、でも、どうやら後半は雨みたいだから、前半に行かなきゃ!なんてことで、昨日は、飛騨小坂温泉郷「ひめしゃがの湯」に出かけたのであります。岐阜名古屋からは、高山の手前で東に折れて御嶽の麓を目指すのです。一昔前の常識では、高山を目指すなら国道41号線を下呂温泉を経由してというのですが、近頃ではカーナビも東海北陸道経由の案内で、昨日のオイラは高速を使って郡上八幡を経由して「せせらぎ街道」経由の馬瀬から萩原へ抜けて小坂へというわけで、今や世界に広がるアンティークサイトの「団塊のブログ」としては、まことにローカルな話題で恐縮。

L1002810

さて、途中、休憩に立ち寄った「せせらぎ街道」の道の駅「パスカル清見」には“大原かたくり群生地”の案内が。オイオイ、これってオイラの釣りの師匠「小谷の秋サ」の家の裏山では無いのか?というわけで、早速立ち寄ったのであります。大原(おっぱら)小学校の裏手であります。カタクリといえば、梅と桜の季節の間が見ごろでモウ駄目だろうなんて言いつつ立ち寄ったのでありますが、終盤ではありますが、最後の見ごろという感じでありました。

L1002811

さて、高山市清見町大原の「かたくり群生地」、カタクリ群生地といえば、林間の明るい日陰で小さな場所というのが多いのですが、ここは広々としてダイナミックで、日当たりも良く、花も元気で立派です。偶然ですが素晴らしいもの見させていただきました。お礼に“秋サ”の家に立ち寄ったのですが、座敷も見事に開け放されていましたが、ご不在の様子、田舎はのどかでいいです。

さてさて、十年前には毎週のように釣りで訪れていた馬瀬川上流、トンネルも出来、道路も整備されて「釣り天国」となっていました。なんと桜が今満開。

L1002819

山家の農家の一本桜、こういうサクラがオイラ好きです。

L1002827

目指して出かけた出かけたわけではないのですが、素晴らしい“花見”になってしまいました。

目的地の小坂町(おさか)に入ると“はなもも”が満開であります。

L1002840
土手の“芝桜”も咲き誇っています。

L1002848

天国であります。桃源郷であります。

さて、目的の“ひめしゃがの湯”であります。

L1002859

なかなかの、日帰り温泉であります。でも、そんな事も吹っ飛んでしまうくらい素晴らしいのがその奥にある「巌立峡」(がんだて)であります。

L1002863

御嶽山の火山活動が造り出した見事な岩肌、それに満開の桜。見事な景観であります。

そして、更に見事なのが、数々の「滝」であります。

L1002889

「小坂の滝めぐり」なんてツアーもくまれていますが、素晴らしい景観です。でも単焦点の固定レンズのオイラのカメラでは残念ながら思った構図の写真が撮れないのであります。

さてさて、思いがけない花爛漫のドライブでありました。コールデンウィークは全て温泉行きだと宣言したのですが、初日に飛ばしすぎて既にダウンです。

ということで、今日はオイラ、床屋へ行ってアトはオヤスミです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月27日 (金)

コテイのエマン、シュールな真鍮のアンティーク香水瓶。

L1002766

COTY L’Aimant (Means both magnet and lover)

Launch Date 1927

さて、コテイのL’AIMNTの、真鍮のミニボトルであります。真鍮のケースにクリアガラスのボトル、ピンクの底はアルミ。先日アップしたエメロードと同じカテゴリーの物。なにより形が面白い、瓶の断面は唇の形であります。

この手のデザインは、ダリが有名ですが、バックにダリのミニボトルを置いてみた。ダリのボトルの発売は1986年ですから、このコテイのエマンは50年も前という事になります。シュールでアバンギャルドな、先進的なデザインです。

L1002770さてさて、「フランソワ コテイ」などと名乗られると、可愛らしいオシャレな女性をイメージしてしまうが、コテイの本名はスポトルノ。コテイという名は母親の旧姓。コルシカ島生まれの男性なのであります。

合成香料を大胆に取り入れ、コテイを世界最大のフレグランス企業にした成功者なのであります。

そのコテイ氏のbest-loved fragrancesが、このL'Aimant。

L1002693フランソワ コテイの写真を貼り付けておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

香坂優の「恋は悲しみのタンゴ」がアマゾンから届いた。

L1002803

昨日、発売となった、タンゴの香坂優「恋は悲しみのタンゴ」が早速アマゾンから届いた。

先程まで我が家は、香坂優の歌声がガンガンと響いていたのだ。すばらしい曲に仕上がっている。

連休後半の初日、5月3日(木)憲法記念日には、名古屋のCBCラジオの人気番組 つボイノリオの「聞けば聞くほど」 朝9:00-11:40香坂優の生出演が決まったみたいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

コテイ・エメロード アールデコ 真鍮とベークライトのアンティーク香水瓶。

L1002763COTYEmeraudeの特別バージョンのボトル。エメロードのLaunch Dateは1923年だから、まさにアールデコ真っ盛りの頃なんだ。

コテイは、1904年から香水の製造を始めるが、それまでの、薬瓶にリボンで飾ったような瓶を改め、香水を、デザインされた洒落た容器に入れて売るというビジネスモデルの創始者でもある。

中世のなごりの貧者の金・真鍮のカバーに、もっとも二十世紀的な素材であるプラスチックの前身であるベークライトのキャップ。デザインはニューヨークの摩天楼を思わせるアールデコ。

コテイがガラスのストッパーを廃止して、ベークライトにしたのが1930年だから、それ以降の物。

まさに、二十世紀前半の状況が、この小さな瓶にギッシリと詰まっているんだ。

エメラルドは、世界最大のフレグランスメーカー・コテイのベストセラーフレグランス。香りはDistinctive and elegant oriental classic.

さて、あす4月25日は、香坂優の「恋は悲しみのタンゴ」の発売日なんだ、よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

踏み切り。

L1002663

踏み切りがあると、ついついカメラを構えてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

「香水瓶ソムリエ」にご注意を!

近頃は、ネット上にオイラのコピーサイトが色々出来て、偽者が現れるなんて、オイラもたいしたものだと笑っていたのですが、いささか悪質な偽者が現れましたのでお知らせ致します。当方とは全く関係がありません。

偽ブログ

香水瓶ソムリエのおススメ   ライブドアブログ

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kousuibin_suki/5328740

上記のブログには、下記の業者へ、アフリエイトが組まれていますが、こちらのサイトとも当ブログは全く関係はございません

楽天市場   株式会社硝子工芸営業舎

※ 抗議により、偽ブログは、当ブログからのコピー分だけは削除されました。 まったくネットの世界は、コンプライアンスなど、どこ吹く風ノヨウデアリマス。  21時現在

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

夢。

L1002505_2

さてさて、オイラの仲間など、夢みる夢男君ばかりで、捉えどころのない夢ばかり語っていた青春なんだけれど。

社会に出て数年もたつと、久しぶりにあったヤツが相変わらず夢みたいなことを語ったりすると腹立たしく。

管理職になったりする年代になると、あいかわらず夢みたいなことを言っているヤツは冷たく突き放して。

そしてサラリーマンの終着点が見え初めてくると、相変わらず夢みたいなことを言っているヤツの悲哀が見えて悲しくて。

還暦を過ぎて、夢みたいなことを言っているヤツに遇うと夢みたいで、夢を追いかけているヤツは元気がいいが、夢の無いヤツは死人みたいな老人だったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

タンゴ歌手 香坂 優の「恋は悲しみのタンゴ」4月25日EMIからリリース。

L1002724

さて、団塊のブログが応援する、タンゴ歌手・香坂優のCDが、EMIミュージックジャパンから、4月25日発売される。曲目は「恋は悲しみのタンゴ」、香坂のソロバージョンなんだ、そのチラシが手に入ったからご紹介。

きっと、GUCCI爺もハシモト君もハラダ君もカサハラ君も中島さんも、そして石原君だってアマゾンから予約注文してくれると思う。友達っていいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

ジャンシャルル・ブロッソーのアールデコな香水瓶。

L1002694

Launch Dateは1981年というからアンティークというわけではないが、アールデコの雰囲気がとても良いヴィンテージ香水瓶

バックには、オールドノリタケの、アールデコフラワーハンドルのカップを置いてみたけれどドウだろう。

香水の名前はオンブルローズ・Ombre Rose(薔薇色の翳り)。ラヴィアンローズ「バラ色の人生」からの引喩。

ジャンシャルル・ブロッソー Jean-Charles Brosseauはフランスの超一流帽子デザイナーで、エルメス、グレ、ソニア・リキエルなどの為に帽子をつくり、1970年に最初のブティックを開いた。「オンブルローズ」こそはメゾンの最高傑作とされた香水。

FragranceTypeは A “very French” floral-oriental. ニューヨークのバーグドルフ グッドマンで発売開始された。

瓶は、もともと、パルファンムレのナルシスブルーという廃番になった香水に使われていたアンティークボトル。娘が買って来たアンティークボトルが気に入ったブロッソーが、こんなものを作ってと工場にだしたところ、偶然にもその工場で作った物だったという話が残っている。

擦りガラスの物など色々あるが、最初に作られた黒ガラスの物が、もっともアールデコな雰囲気で良い。クリアガラスのボールストッパー、黒ガラスのボディにアールデコな図案化された花のエンボス。

オイラのコレクション、コマーシャルボトルは避けてきたのだけれど、時代がアールデコからモダンに移るにしたがって、面白い物はコマーシャルボトルしか無くなってくるんだ。安価な物だけれど、時代が濃厚に詰まった面白いボトルが、少し集まったから、ゆっくりご紹介致します。

アールデコってイイよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

日陰の庭の春。

L1002688

完全日陰の廃墟趣味のオイラの庭にようやく春が来たのだけれど写真を撮ってみるとセピア色でいじけたような春だな。

廃墟に佇む廃人なんてことにならなければよいが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

さくら散る。

L1002670

上手く言えないけれど、散りぎわのキタナイ人、終わり方の下手な人っているよね。自分がどうだったかを思うとゾッとするけれど。ごめん、オイラも、恥の多い人生でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

北の国から。

L1002630さて、北朝鮮が人工衛星だという人工衛星が、あえなく飛行一分で空中分解して海に墜ちて、本当に可愛そうで、とりわけカリアゲのお坊ちゃまの顔面に思いっきり汚泥をブチマケタみたいなもんで、これほど見事な恥さらしもないと思うが、フタバユリコの浪曲みたいな北朝鮮のニュースアナが、あっさりと失敗を認めたあたり、福島原発の民主党より遥かに立派な態度で、今回は素直すぎて怖いけれど、これで何人が粛清されるのだと思うと、アト三回も失敗すれば北の国からミサイルの技術者が居なくなってアジアに平和がくるのではないかと期待する今日この頃、団塊の世代の皆様いかがお過ごしでしょうか。実はミサイルを落としたのは、新潟方面から田中真紀子のトーチャン援護の強力な念力ビームが発射されたという未確認情報があるけれど、このところのトーちゃんへのイジメに怒り心頭の田中真紀子の念力ならさもありなんと思うのはオイラだけではないはず。でも、あまり北の国を追い詰めてキチ外を本当にキチ外にしてしまうより、こんな時は少しオトナになって、お大尽になった気分で、貧しい北の国に、放射能に汚染されていない古古米くらいは送ってやるのも高貴なる美しい国のあり方ではないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

やりくりアパート。

L1002635大村崑・佐々十郎・茶川一郎。

58.4~60.2の放送。皇太子ご成婚が59.4。

なつかしいね、ダイハツミゼット。

オイラの八才から十才の頃。

コンチャンとササヤンのダイハツ・ミゼットのコマーシャル。なんどマネしたことか。

オカマのチャーさんのマネが上手い変なヤツも、 かならずクラスにいたよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

いこっけー!

L1002653_2昨日と今日は、岐阜は春まつりで、国盗り物語の斉藤道三にちなんで「道三まつり」というのだけれど、面白いポスターを見つけたからパチリ。

まつりやぁ いこっけー!

つまり、イコッケーとは、行こうよ誘っているわけで、岐阜の子供の、もっとも一般的な言葉なのだけれど、純粋な岐阜県人のオイラには、それが、どの程度ローカルなのか、どの程度おかしいのかわからない。

L1002649_5

だから、「いこっけー!」を上手く説明できない。

「いこっけー!」は、「いこっけー!」なんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

岐阜・清水川公園の桜。

L1002603

さて、いまだに朝の通勤電車では、厚手のコートに毛糸のマフラーというファッションが多数派なのだけれど、あと一ヶ月といわず今月末には、日本全国ゴールデンウィークなわけで、ゴールデンウィークといえば、半そでのシャツで鯉幟を見上げたり、郡上八幡では浴衣でヒトアシ早い昼間の盆踊りを踊ったりするわけなんだけれど、この寒さはいったいドウよ。

L1002599ファッション業界など、春物は完全にお手上げで、イキナリ夏物になるのだね。冬から夏に突然なるなんて、まるで花より先に実がなるような理不尽ではないのか。

順番がオカシイといえば桜なんぞ、イキナリ花が咲くなんてオカシイわけで、人生だってなんだって、コツコツと努力して、葉をイッパイだして栄養を蓄えて、その結果、沢山の花を咲かせて実をならすのが普通なのに、桜はイキナリ、花を咲かすなんて、快楽的過ぎやしないのか?「先憂後楽」なんて言葉があるけれど、桜なんぞ努力しないで花を咲かすアソビ人の最たるものではないのか。ナンチャッテ。

朝からゴチャゴチャ言ってゴメン、ゴチャゴチャ言うのは団塊の世代のクセなんだ。

さてさて、先日からお伝えしている、JR岐阜駅南の清水川公園の桜、寒さにもメゲズ満開で最高。

桜ってイイよね。

L1002625

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

昭和という。

L1002586

昭和という時代は、どんどん上へ積み上げていった時代だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

清明。

L1002596清明に、高層ビルを墓に見立てたのだが、悪いか?

何かが死んでいるんだ、この下で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

ないものねだり。

L1002590自民党が、政権党では無くなって何年になるのだろう。

政権から外れて、自ら決めることも、進めることも出来なくなった自民党が、こんなポスターを作るなんて、電通に嵌められているのだろうか。

なにやら、谷垣さんが悲しそうで、可哀そう。まるでイジメではないか。傷口に塩を塗るような。

野党では谷垣さん、決めることも進めることもできないんだ。

本人が決めたことなら、馬鹿だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

桜咲く。

L1002563

今朝の岐阜・清水川緑地公園の桜なんだ。けっしてエイプリルフールというヤツではなく、もちろんエイプリルフールのネタを考えるホド若くもないのだけれど。といってこんなに咲いているのは、早咲きの桜のほんの数本で、だいたいは、次の写真の調子なんだ。

L1002569

 

隅田川梅のもとにて我死なば

 春咲く花の肥やしともなれ    鞠塢

鞠塢(きくう)。江戸時代後期、江戸の向島に花屋敷・百花園を作った仙台出身の骨董商。

さて、今朝の岐阜はとても寒くて、春のインナーで出かけたオイラ、寒さに驚いて、暖かくて愛に溢れる我が家?に早々にとってかえしたのだけれど、ブログ書いてるだけの土日ってドウよ。

さあ、来週末は、清水川緑地の「桜まつり」、開花時期はピッタリかな。

L1002556

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »