« 夢の。 | トップページ | アールデコ・フラッパーのアンティーク香水瓶。 »

2012年3月20日 (火)

春分の日ってドウよ。

L1002501_2

昨日は、会社の帰りしなに課長から、明日は間違えて出て来ないようになんて言われた。「おたがい、そんなに、仕事に一生懸命じゃないでしょう。」なんて事を言って大笑い。責任が無いっていいよね。

L1002504さて、今日はお彼岸。朝早くから庭のツタやらシダの古い葉を剪定して、日陰のプランターと日向のプランターを入れ替えて、その後、家内はワーキングプアーに行ってるから、一人で墓参り。姉が来る前に墓参りしとかないと、なんて事で、お墓の花が買ってなかったので現地で買って、高かったので、我が家は墓が二つあるんだけれど、片方だけお花をたてたんだけれどチョッとケチで顰蹙かななんて、そのぶん、花の無いほうにはお線香を沢山あげた。

さてさて、「オイラの皮膚には、マダ、宗教を弾くくらいのアブラは残っている」なんてコトを言いつつ、カメラぶら提げてお寺通いをしているオイラなのだけれど、普段の寺には「宗教者」の姿も「信者」の姿もなくて、日本の仏教は廃れてしまったのだというのが実感なんだけれど、だったら「お彼岸はドウよって、お彼岸の寺」というのを検証してみようと、この日を待っていたんだ。

というワケでマズは我が宗派の東本願寺派の別院つまり東本願寺の岐阜のトップなんだけれど、この有様なんだ、言っちゃ悪いが、先日のご町内のお葬式より参拝者は少ないわけで。

L1002499それならば西本願寺の西別院はドウよって、昔から西別院は人が集まるところで、昔は参道はお店と屋台で賑やかだったのだけれど、お店も屋台も姿を消してフリーマーケット。本堂では、何やらお話があって、オイラ久しぶりに「ホトケの話」でも聴きたいなと思って席に着くも、ナニやらお子様向きのお話。

L1002497

お話の最後に「あしたから仏様に手を合わせます。」なんて元気に手をあげると袋に入ったお菓子が戴けるってスンポウ。

おいおい、仏教がな、現世の利益で釣るなんてマヤカシなんだぜ!って思ったけれど、オイラもオトナだから言わなかった。きっとお釈迦様は泣いていると思う。

お彼岸の今日くらいは、ぐーっと胸にシミイルような、「ホントウのお釈迦様の話」が聞きたかったな。

でも春分の日ってイイよな、イスラムのオイラだって会社は休みなんだもの。

|

« 夢の。 | トップページ | アールデコ・フラッパーのアンティーク香水瓶。 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春分の日ってドウよ。:

« 夢の。 | トップページ | アールデコ・フラッパーのアンティーク香水瓶。 »