« マーサ・ワシントンの不思議なカップ。 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

2011年12月31日 (土)

ニュー イヤー イブに“蛍の光” ロバート バーンズのアンティークカップする。

L1001956

今年も色々とあったけれど、いつの日か、そんな事もあったよねと語れる日も来るはず。そんなこんなで、今夜はスコットランドの国民的詩人、ロマン主義の巨人 ロバート バーンズのポートレートカップのご紹介。

そう、「蛍の光」の原曲であるAuld lang syneの作詩者であるROBERT BURNS。「蛍の光」の原曲の題名はスコッツ語でAULD LANG SYNE(オールド・ラング・サイン)。英語でOld Long Since、「遥か遠い昔」という意味。

L1001959今夜は紅白歌合戦のみならず、世界中のスコットランド系移民によって「蛍の光」が歌われるんだ。でも本当のAuld lang syneは別れの歌というより「昔なじみを忘れてなるか、想い出さずにいられるか。昔なじみを忘れてなるか、遠い昔のあの頃を。いざ、遠い昔のために、友よ、遠い昔のために。われら友情の酒、酌み交わさん。」といった回想の宴会ソングなんだそうだ。ユーチューブなんかで観てみるとバグパイプのオジサンのバカ騒ぎなんかが観られて楽しい。

L1001962
昔、美しい友人と、しっとりとお話でもと入ったイングリッシュパブが、その日はバグパイプやらフィドルで大騒ぎでビックリした事があったけれど、あれは1月25日でROBERT BURNSの誕生日バーンズ ナイトだったわけで、この日は世界中のスコットランド系移民が大騒ぎする日なんだ。バーンズの詩で「故郷の空」なんてのも本当は替え歌の「誰かさんと誰かさんが麦畑、チュッチュ チュッチュしていた」というタグイの歌で、やはりバカ騒ぎの歌なんだ。

L1001965
さて、このカップ、イギリスの名窯リッジウェイの物で、Porcelain Markは、弓と矢筒と"England"1891年の物。

バーンズのポートレイト、スコットランドのエディンパラにあるバーンズモニュメントと、ソーサーにはバーンズとハイランドメアリーの絵柄が、本の挿絵の印刷の様な味を活かしながら転写されている。この転写の荒さが文学的でとてもいい。形はムスタッシュカップ、つまり口ひげが濡れない様に口縁部にガードがあるカップ。 

このカップ、毎年この時期にオークションに出品されるが、バーンズ人気で、かなり痛んだ物でも結構なお値段になったりする。実はオイラ、今回で三回目の入札だったんだけれど、ラッキーなことに今年は、コンディションの良い物を最低価格で落札した、メデタシなのだ。

L1001971_2さてさて、そんなこんなで、今年も終わるけれど、今年は最後まで素晴らしいアンティークを紹介できて満足なオイラ。これでアンティークは暫しオヤスミを戴いて、オイラは来年の郡上おどりの事など準備に入るのであります。オイラのキリギリス的浪費生活は、ジッと我慢のアリさん的生活の日々があって成り立っているのです。

というわけで、今夜はオイラの、今期のアンティークシーンの最終ブログでもあって、少し寂しいけれど、ロバートバーンズを偲んで、世界に8万人の会員が居るというロバートバーンズフェデレーション公認のスコッチウィスキー「ロバートバーンズ」で「蛍の光」致します。

今年も、つたないオイラのブログにダラダラとお付き合い戴き、ありがとうございました。

来年こそは、アナタ様にも、オイラのコノ幸せが届きますますように。  乾杯!

リッジウェイ ポーセリンマーク Ridgways

そして、浜岡原発に サ・ヨ・ウ・ナ・ラ。

|

« マーサ・ワシントンの不思議なカップ。 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

アンティーク」カテゴリの記事

マイカップコレクション」カテゴリの記事

コメント

いつも。楽しく拝見させていただいてます。
十数年前にアンティークに惹かれ。
少し収集いたしましたが。
とてもとても・・・
さすがだと関心いたしてます。
香水瓶のテディをもった男の子。
あれが。かわいいですねえ。

投稿: meru | 2011年12月31日 (土) 06時24分

meru様
コメントありがとうございます。
エイボンの坊や可愛いですよね。855円のシアワセ。シアワセって意外と安いのです。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2011年12月31日 (土) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニュー イヤー イブに“蛍の光” ロバート バーンズのアンティークカップする。:

« マーサ・ワシントンの不思議なカップ。 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »