« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月30日 (水)

超高層マンション。

L1001841

オイラの寝室の窓をあけると北側にドカーンと超高層マンションがあって、更に今、もう一つ建設中で、夏の夜など部屋の明かりを消してカーテンも開放するとまるでニューヨークみたいで、noteホテルはリバーサイドnoteなんて口ずさんだりしたりして。できれば隣に脚の長い女なんかがいたらいいのに脚の短いオイラだけがいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

French Silver Overlay Demitasse Cup & Saucer Hand Decorated Putti Cherub

L1001821_2さて、オイラの今期のアンティークシーン、いよいよ佳境に入ってきたわけで、というよりオイラの僅かなお小遣いのヤリクリもそろそろ限界で、カードの支払いを差し引かれて家内から渡される今月のお小遣いは高校生並みの今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

年の瀬ともなれば付き合いも増え、飲み会やら同窓会の会費も算段しながら、冷たい風と闘う老人のブログに、今日もお立ち寄りいただき有難うございます。

さてさて、オイラの貧乏話はさておき、美しい天使が描かれたシルバーオーバーレイアンティークカップであります。porcelain markはありません。たぶん「パリ周辺の窯」というやつでありましょう。セーブル風な深めなソーサーがいかにもであります。

L1001828_3
サイズはデミタスというよりキャビネットカップ。小さなものですが、小さなものでないと、もうオイラのキュリオケースには入らないのだ。

シルバーオーバーレイ、ガラスや陶器の表面に厚く銀メッキを施してさらに彫刻したりしたもので、オイラのアンティーク香水瓶のコレクションで以前紹介したものだけれど、オイラ的にはアンティークカップのそれも“手に入れネバナラヌ”物だったわけで、目出度くこの度、手に入ったってワケなんだ。

だから、この美しいカップさえあれば、この年の瀬の貧しさにもオイラ耐えられる、と思う。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

通りすがりに。

L1001836けさ、今年初めてファンヒーターにスイッチを入れた。ブロンプトンで今日もポタリング。崖の上の寺。曇天で紅葉も写真もいまいち。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月22日 (火)

変わるもの。

L1001726_2ほとんど廃墟と化した岐阜駅前の繊維問屋街の一角が再開発されて超高層マンションの建設が進む。

しかし、このマンションの日陰となる北側は、マンションすら建たない、日陰になるのだね。

ここから見ると、まるで井戸の底から見上げるような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

Antique Porcelain Perfume Bottle Oriental figural シノワズリーのアンティーク香水瓶。

L1001808さて、今夜のご自慢は、マイセンのパゴダ風の磁器製アンティーク香水瓶。

メイドインジャーマニーで、クラウントップは前回のキューピーの香水瓶と同じ、つまり窯元も時代もキューピーと同じ物だろう。

マイセンを引き合いに出すのは失礼かもしれないが、そのヒントはマイセンのパゴダにあるのは明白で、布袋や羅漢というより、少し天神様が入っていたりして着物の襟なんぞは悪役プロレスラーのガウンみたいで、その違和感やら勘違いみたいな物が、また嬉しい。

オイラのアンティーク香水瓶のコレクション、この秋は、あの日本女性の香水瓶、キューピーの香水瓶といい磁器製の物が続いて“オイラらしく”なって来た。

L1001785今日もまた、ホワイトバランスの微調整を忘れて撮って、すこし黄ばんでいる写真で恐縮。でも白い陶器をキレイに撮るってとても難しいんだ。オイラ的にはピントを合わせるだけで精一杯なんだ。

ところで、毎回アンティークの撮影の背景やらベースになっている不思議な模様、実は暖炉のトップで、厚いガラスにカトレアをエッチングして微かに彩色してあるんだ、今回は明かりを当てていないからエッチングが良くわかる、下から照明を当てるとトテモ綺麗なんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

カモが。

L1001757

日曜日に岐阜市の東をブロンプトンでボタリングしていたら、マチナカの小さな川にカモがいた。親友のシノダ君の家の百メートルくらい東なんだ。来週はネギ持って彼の家に行こうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

共産党のポスターがある風景。

L1001752
今日も共産党のポスターがある景色なんだ。中国共産党も日本共産党も裏切り者でオイラ嫌いだけれど、共産党のポスターがある景色は好きなのかもしれない。どこか悲しくて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

公園ではない。

L1001723_2

街の中に突然あらわれた映画のような景色。公園用地の中に二軒ほどの民家。事情は不明だけれど、風景だよね。このままの原っぱでいいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

アールヌーボー 睡蓮のアンティーク・カップ&ソーサー。

L1001746_2アールヌーボーのアンティークカップであります。アールヌーボーもアールデコもガラス的で、陶磁器的ではないところがあって、とりわけアールヌーボーの「陶磁器」を見つけるのは難しいし、あまりいい物もない。だからいい物が出たりするとワッと競争相手が湧いてしまってなかなか落札するのが難しい。

さて、このカップ、睡蓮がつや消しの金彩で描かれ黒の輪郭が浮世絵の様に入れられ色濃いジャポニズムが観られる。ハンドルの、黒に金彩の加飾も、日本の漆器の様である。艶消しの様な釉薬の調子が、渋く全体を上品に落ち着かせている。

L1001750

裏印はなく、M. L. Thompsonとサインがある。アールヌーボー期の病的なクネクネとした線がスッキリと整理されアールデコの始まりすら感じる。時代は1900年代の始め、フランスよりイギリス的なものを感じる。元の所有者はアメリカはカリフォルニア。

オークションは期待ハズレもあるけれど期待以上の事も多い。このカップ、写真写りが良くなかった所為か、どうせキワモノだろうと期待していなかったのだけれど、実物を手にしてオイラおもわず声をあげたね、これはイイわ!って。

L1001751さてさて、睡蓮のモチーフはART NOUVEAUの人気パターンだけれど、日本人的にはお葬式で仏事のモチーフで、このカップのデザインなんかも、何やら最近の「マンション用のデザイナーズ仏壇」のようではあるけれど、しかし、そして睡蓮の花弁の形がビミョウに違うあたりが、またイカニモART NOUVEAU的であり、日本と日本的なるもののモアレや干渉縞みたいなものを感じて俺的には嬉しいのだ。

金に水色って合うよね、ティファニーブルーだよね、こういう洗練を加えると下品な浮世絵風の墨の輪郭がオシャレになるんだよね、なんて自自賛のアンティーク三昧な秋の夜長、みなさまイカがお過ごしでしょうか。

L1001747

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

宗教。

L1001734たとえば震災やら原発と言った、まさに末期的な状況があるにも関わらず宗教というやつが一向に見えてこない。

宗教なんてインチキなんだと、日本人は皆知っているからなのか。

この未曾有の危機に、宗教なんて全く無力だという事を一番知っているのは宗教者なのかもしれない。だから宗教者は出てこない、こんな時に宗教を語るのは人の弱みに付け込むようで悪いとおもっているのかもしれない、宗教なんてインチキだから。だとしたら宗教者って結構いいヤツじゃん?

写真と本文は全く関係はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

ダービー窯ブルア期の IMARI アンティークカップ&ソーサー。

L1001736さて、意図して集めているのではないが、ついつい伊万里のカップなんかがオークションに出るとクリックして細かく見てしまう、日本人なんだね。

オイラが、お金も無いのにカップを集め始めた始まりがロイヤルクラウンダービー(英)のOld Imariなんだけれど、贅沢なものというのは、貧乏な時ほど欲しくなるもので、財布にお金がいっぱいあったりすると、意外とそんなものは欲しいと思わなかったりするものだと野坂昭如がムカシ言っていた。

L1001742さてさて、今もデパートの特選洋食器売り場のドン真ん中に鎮座していたりする成金趣味の象徴みたいなロイヤルクラウンダービーの、二百年も昔のダービー窯ブレア期のカップ&ソーサーなんだ。

L1001743_2裏印は、ダービーのスタンダードマークのオレンジで年代は1806-1825。日本では1806年といえば歌麿が没した年で1825年といえば異国船打払令なんてものが出た江戸後期なんだ。

伊万里といえば、日本のもので、いや、つまり、この金襴手古伊万里様式もともとは、中国の嘉靖、万暦時代(1600年前後)の金襴手の模倣なんだけれど日本の元禄時代(1688-1703)に流行ったもので、海外に盛んに輸出されたものなんだ。当時のものはとても繊細で丁寧につくられていたのだが、このダービーはその模倣なんだけれど、日本の元禄時代から百年下っていても少し手が荒いのだ。

L1001738講談社刊の「アンティーク・カップ&ソーサー」和田泰志著によれば、“独・仏の磁器芸術を目指したダービーにとって伊万里は主力製品ではなく、二級品に絵付けされたセール用の絵柄だった”なんて事が書かれている。

おいおい、って事は、これこそロイヤル・クラウン・ダービーだ、imariこそ、お目出度い名前を三つも連ねるロイヤルクラウンダービーの王道だ!としてきた日本人って成金の田舎の人のいいオバカサン?

ちいさい声でいうけど、このカップ、ハンドルが補修されているんだ、見抜いていたんだけれど、ふと忘れてこのマークが見たくて買ってしまったんだ、この裏印いかにもアンティークって感じがしてステキだろ? 俺ってオバカサン!

さてさて、オイラのコレクションの「IMARI」ダヴェンポートとダービーの物を、新旧二点づつ並べてみた。  どうよ?宝くじが当たったような気分ジャマイカ?

L1001740

ダヴェンボートのイマリ

http://dankaiparty.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-3f5b.html

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 4日 (金)

燕の巣。

L1001729_4

住人のツバメは、いまごろ台湾だろうかフィリピンだろうか。大家さんの気配りがオシャレだよね。

滋賀・長浜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

年金空白に耐えられますか?

さて、未だ70年安保の赤い火がくすぶり続けているオイラから見ても、ギリシアのデモはバカバカしくて、お前ら火炎瓶投げたってどうしょうもないだろう。国に金がなかったら公務員削って福祉を削るのは当たり前だろうって!

 オイオイこないだは、格差反対で火炎瓶をと言ったのではないか? でもな、ギリシアのあれは反格差デモとは違うんだよ。

L1000307_2さて、年金問題がテレビで取り上げられると、新橋のSLの前なんかで、サラリーマンが分かったような顔して「若いもんが、ヒイヒイいってんだから、年寄りの年金は減らしてもしょうがないんじゃないですか」なんてコメントをする。

先日の、年金受給年齢を68歳に引上げるなんてニュースで、50歳前後のサラリーマンが、やはりそんな事を言ってたから「馬鹿だなこの男、お前の事なんだ、お前の年金が貰えなくなるんだ、年寄りの事ではないんだぞ」って思った。

さて、昭和24年生まれのワタクシ、基礎年金は65歳まで延ばされ、現在は厚生年金の報酬比例部分を戴いています。もちろん現在も働いていますから半分に減らされていますが。

ワタクシより上の世代は60歳から基礎年金を含む全額を支給されていたのですが、昭和16年生まれから少しずつ延ばされ、ワタクシの24年生まれからは65歳からしか基礎年金は貰えなくなった。

L1000307_4

さてさて、ココからが重要な今日の話なんだ。

現在の制度でも、私の後の世代は、昭和28年生まれ(男性)の方から三歳ごとに一年、この厚生年金の差額報酬比例部分の受給が遅れ、昭和36年生まれからは65歳にならないと年金は全く貰えなくなるのだ。自民党と公明党が行った100年安心の年金改革というのはこういう事だったんだ。

これって大変な事なんだ、60歳から65歳まで無収入って事なんだ、更に最近の68歳ウンヌンという案は、とにかく年金は全て68歳までなしというわけでトンデモナイ事で年金制度は無くなると同じことなんだ。これって日本の社会を根本から破壊しかねない凄い事なんだ。

L1000307_3しかも、これって、オイラの年代ではなく、いま50歳以下の世代にとってトンデモナイ事なんだ、年寄りの事ではないんだ。その深刻さは暴動が起きても不思議ではないくらいの事なんだ。

もしアナタが50歳前後だったら60歳からの事をイメージして欲しい。

今の制度のままでも昭和36年生まれからは六十歳から収入ゼロの五年間。

さらに、何にもなしの八年間に耐えられますか? 

しかも、いままでシッカリ年金を取られてきたのにだ。

L1000307_5そこのアンタが50歳よりお若いのならもう一度いう!アンタの事だ!

今の制度のままでも昭和36年生まれからは、60歳の定年後、収入は何もなしの五年間。

さらに、新しい厚生省案の何にもなしの八年間に耐えられますか? 

おまいら怒らないと大変だよ、オレはどうやら逃げ切ったけど。

働けばイイって?定年延ばせばイイって?60過ぎて働くところなんてないぜ!形式だけ定年のばしたってその前にリストラで首切りというのが現在なんだぜ。

だからな、これは今50歳前後の世代にとって、火炎瓶闘争でいいのか、武装蜂起するかっていうレベルの話なんだ。おまえらだまっててイイのか?

これはね、ギリシアとは違うんだよ、すでに払ってある物を支給しろって事なんだから。

厚生年金受給開始年齢

www.ginga.or.jp/~koyou65/kourei/nenkin_02.html 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »