« フリーメーソン「東方の星」のブローチとアンティークカップ。 | トップページ | キューピーの磁器製アンティーク香水瓶。 »

2011年10月26日 (水)

日本の古い家。

L1001574

古い町並みが好きで、写しているのだけれど、日本の古い家が好きかと言われるとそうではない。

日本人というのは、渋好みで派手は嫌うみたいな事を言う人がいるけれど、これは違うと思う。

日本人というのは、派手好みで、とても見栄っ張りだと思う。

たとえば古い商家や民家をみてみると、まず屋根が立派で、考えてみると家が屋根だけであるみたいなところがあって、部屋といったら、インテリアなど全くなくて、紙の襖と障子のみで、天井は低く窓は小さく、暗くて真っ暗で、冬は寒そうで、およそ人間が快適に暮らすという事には、程遠い。

見栄ばかりで、見栄には金を使うが、快適に暮らすという事は贅沢だから快適は倹約するという倒錯した考え方が観て取れる。

観光地の、屋根は立派で家の中が真っ暗の商家などの展示をみると、心の中で、こんな家が成功者の証なら大した成功ではないわな、とオイラ思うのだ。家ってのはな、どう快適に生活するかが大事なんだ。屋根だけが家ではないんだ。

この家が美しいと思うのは、正面ではなく、この側面で、この家の歴史やら発展やら機能みたいなものがビジュアライズされているような気がするからだ。

|

« フリーメーソン「東方の星」のブローチとアンティークカップ。 | トップページ | キューピーの磁器製アンティーク香水瓶。 »

赤色ライカ老人倶楽部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の古い家。:

« フリーメーソン「東方の星」のブローチとアンティークカップ。 | トップページ | キューピーの磁器製アンティーク香水瓶。 »