« 日本の古い家。 | トップページ | 年金空白に耐えられますか? »

2011年10月29日 (土)

キューピーの磁器製アンティーク香水瓶。

L1001715ドイツ製のシーテッドキューピーといわれるパターンの磁器製のアンティーク香水瓶であります。クラウンシェイプドと呼ばれるキャップ、残念ながら経年により栓のコルクは失われていますが中のガラス棒も残っています。年代は1920s-30s、ILLUS社の販売です。

とても可愛い、小さなキューピーであります。一年がかりでようやく手にいれました。三度目のオークションの今回は、競争相手が現れず、いやスタートの値段が高すぎたわけで、だから競争相手がなしというのも、なんとなく損したかんじで、高い物を摑んでしまった様な、といって大した金額でもなく、柳ケ瀬のあまりキレイでないオネーサンのスナックで閉店まで長居してカラオケ歌った程度なんだけどね。

L1001721

せっかくのキューピッシュ・ラブなブログに柳ケ瀬のオネーサンの話題なんかを出したオイラを許して欲しいゴメン。

さて、キューピーがナンデアルアイデアルなんて事はウィキしていただくとして、キューピーは人気コレクションアイテムで、これを集めている人は沢山いてオークションに常時沢山の出品があるが、古いものとなるとナカナカなく、こんなのが出るとすぐ競争相手が出てきてしまうんだ。数十万というキューピーなんかも存在してココにも沼やら魔界が存在するわけなんだけれど。

ローズオニールがアメリカの婦人雑誌「レディスホームジャーナル12月号」にキューピーを登場させたのが1909年。はじめてのキューピー人形であるビスクキューピーがドイツのオールドルフ市ケストナー社で誕生したのが1912年。

そう、つまり来年はキューピー人形誕生100年というわけで、つまりキューピー人形は来年百歳で、日本の田舎なら市長がたずねてきて紫色の座布団をくれたり、金杯をくれたり、福島のある町では原発にタマシイを売ったバラマキ金で100万円をくれたりするんだけれど、とにかくドイツのオールドルフ市は来年、キューピー人形誕生100年祭を大々的に行うらしい。

L1001719さてさて、上質なハンドペイントのキューピー、赤いローズの唇、チークはローズピンク、ビッグブルーアイズに黒のリッドライン、ブラウンヘアーのリトルロック、たまらない可愛さなのだ。届いた日からオイラの机の上でどんどん可愛くなっていくんだ。

アンティークって不思議なもので、手に入れてからドンドン良くなっていくものがある。この小さな磁器製のキューピー、時代をたっぷりと持っていて良いのだ。

こんな組み合わせもオシャレだよね。

L1001717

でも、また年末の同窓会で、笠原君に、「お前、このごろキューピーで遊んでいるんだな。」って言われそう。

|

« 日本の古い家。 | トップページ | 年金空白に耐えられますか? »

アンティーク」カテゴリの記事

アンティーク香水瓶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キューピーの磁器製アンティーク香水瓶。:

« 日本の古い家。 | トップページ | 年金空白に耐えられますか? »