« こうすれば。 | トップページ | 学ばない猿。 »

2011年9月18日 (日)

また、アンティークするか。

20110917l1001588
さて、郡上おどりのネタだけでこの夏のブログを徹してみた。「昔をどりの夕べ」の取材が欠けたのは残念だけれど、郡上おどりのカテゴリーを読み返してみると、オイラの人生にとってナカナカの事で、第一の人生と第二の人生があるとしたら、オイラの第二の人生は結構楽しくやれている。

パソコン・カメラ・文章力・構想力といった第一の人生で得たものが、オイラ的レベルでしかないけれど第二の人生で思い切り花ひらいたと思う、もちろんオイラ的レベルでの事ですが。

なにより、ブログというメディアを獲得したことが、オイラの第二の人生にとって重要で、つねに表現者としてあろうとしたオイラ、ブログという意のままになる王国を得て王になれたのだ。たった一人の国家だけどね。

近頃は一日に400から200あるアクセスの多くは、アンティークカップ・アンティーク香水瓶・オールドノリタケに関するものでオールドノリタケなど三年、アンティークカップも一年近くアップしていないにも関わらず、毎週の様にコレクションをアップしていた頃よりアクセスが増えているのはドウシテって感じなのだ。

あの震災以来、割れたり壊れたりするものなんぞ、当分ダメで骨董アンティークにとっては冬の時代の到来とみてて、現にアンティーク屋さんの多くが店を畳んだときいていた。

ところがオカシイんだ、オイラのブログ夏ごろよりアンティークのアクセスが異常に増えているんだ。グーグルの画像検索によるアクセス増がまず考えられるが、グーグルの画像、一年前にはアンティークカップもアンティーク香水瓶も一割くらいがオイラのコレクションで占められていたけれど、かなり後退した今日この頃でも、アクセスは減らないのだ。震災のトラウマからようやく立ち直りつつあるコレクターがザワザワと動き始めたと思うのだ。

さてさて、そんなこんなでオイラも、久しぶりにオークションしてみたんだ。笑ってしまうような値段で落としたマイセンの偽物・コールポートのキャビネットカップ・今まで何度もオークションで負けて手に入れられなかった日本髪の女性のアンティーク香水瓶。円高って本当は素晴らしい事なんだぜ。来月の終わり頃には、またアンティークの「物」語りを再開するつもりなんだ。

|

« こうすれば。 | トップページ | 学ばない猿。 »

アンティーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また、アンティークするか。:

« こうすれば。 | トップページ | 学ばない猿。 »