« サスペンダーの老人、郡上八幡・柳町の路地の夕暮れ。 | トップページ | 郡上八幡 夏休みの夕暮れ。 »

2011年8月 7日 (日)

雨でも踊る、郡上おどり。

20110806l1001005

さて、先週のブログで、今シーズンのオイラの郡上踊り行き、天気に恵まれて、なんて書いたら、とたんに先週は雨に祟られたみたいで、昨夜、つまり八月六日の土曜日は、

20110806l10010184折からの台風で、前日の予想は、郡上は夕方、雨の予報、それでも1ミリ程度の雨でたいした事はない、さて、夜が明けたら晴天。陽があがるにしたがってピーカンで、郡上のピンポイント予報でも、降水確率ゼロ、前日の予報の夕方の一ミリの雨というのも取れて、こりゃラッキーとばかり郡上へ出かけたオイラなのです。

さて快調に跳ばして郡上へついて、下駄を買ったり食事をしたりしていると怪しげな雲行き、遠くでピカピカと光るものが。

20110806l10010162いつもどおりカメラで・・・と思ったら冷たいものが空から。さっそく車に避難するも、冷たいものはやがて瀧の様にフロンドガラスを流れ落ちるのであります。なんだよ天気予報、ハズレもハナハダシイ外れじゃないか。まあしかし、山の中では良くある事で、一時間も遣り過せばナンとかなると、車の中で待機するも雨は一向に止む気配もありません。六時から二時間を経過して、踊り開始の八時になっても、少し小降りにはなったものの、傘なしでは無理な状態、すっかり戦意喪失したオイラ、浴衣に着替えもせず、

20110806l1001013きっとバカが踊ってるから、その写真を撮って帰ろうなんて事で、車に常備のビニール傘で、踊り会場へ出かけたのであります。いやはや驚いたのであります。皆さん踊っているのです。しかもかなり盛り上がっているのであります。いつもより盛り上がっているのです。なかでも、踊り保存会のオネーサマ方、ビニールのポンチョで張り切ってお見えであります。いつもより嬉しそうでであります。

20110806l1001012
遠めにはなにやらアメリカ南部のバカな白人の秘密結社の集会の様でもあります。決定的に違うのは、みんな雨に濡れて嬉しそうであります。日本の夏は素晴らしく元気で明るいのであります。しかも、写真を良く見ていただきたい、年寄りが元気であります。

いやポンチョの保存会のオネーサマは年寄り扱いはカワイソウでありますが、雨に濡れてひときわアデヤカであります。

そんなこんなの夜だったけれど永遠に降る雨というものも無いわけで、踊り審査の始まる九時頃には雨も止み、オイラも浴衣に着替えて踊ったのであります。いつもより踊ったのであります。

昨夜は、クラブツーリズムのお客様が観光バスで日本全国から大挙押し寄せて、大変な盛り上がりでありました。

雨でも郡上は極楽のようであります。

20110806l10010142

|

« サスペンダーの老人、郡上八幡・柳町の路地の夕暮れ。 | トップページ | 郡上八幡 夏休みの夕暮れ。 »

郡上踊り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨でも踊る、郡上おどり。:

« サスペンダーの老人、郡上八幡・柳町の路地の夕暮れ。 | トップページ | 郡上八幡 夏休みの夕暮れ。 »