« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

郡上八幡の路地。

20110815l1001132路地にこだわって、写真を撮り続けているけれど、郡上八幡は路地の宝庫で、郡上八幡は全て路地である、といっていい。

この、路地というヤツ、簡単なようでナカナカに難しくもあり、品格とか風格みたいなものがあり、下品だったり猥雑だったりするけれど、郡上八幡の路地は、それなりの品格がある。

郡上八幡の路地には生活があり、つつましやかだけれど雅も忘れていない、風情がある。

都会の廃墟の様な路地ではなく、生きている路地なんだ、八幡の路地は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

郡上おどり・おどり変装コンクール。

20110827l1001380
さて、繊細な感覚の持ち主の、コメントなしでリードオンリーのK君なら、なんだよマダ郡上おどりネタかよ季節は既に秋に入ったぜって三重県でゴチているかもしれない。たしかに我が家のシンボルツリーの「南京はぜ」も色づいてすでに秋の声なんだ。でもな、郡上は相変わらず燃えているんだ、みんな相変わらず踊っているんだ、そして出来れば、このまま一生おどり続けていたいというくらいで、一向にオサマル気配もないんだ悪いか?

20110827l1001317といいつつ、徹夜おどりを境に若干人出は少なくなって、郡上といえば絶対「うなぎ」でウナギが美味しいのだけれど、オイラの様に一人で出かけるストイックなボンダンスダンサーにとって一人で食事するってのは大変で、ハイシーズンのカキイレ時に一人で四人席を占領するわけにもいかず美味しい「うなぎ屋」なんぞに入るわけにもいかないんだ。それがどうよ昨日なんぞ行列が出来る人気の高級うなぎ店の前を通り過ぎたらオイオイお客さんが誰も居ないではないか!おいら通り過ぎたんだけれど、オイオイ今日たべなかったら来年までお預けなんだぜって引き返したんだ。でも客ひとりの店って寒いよね、出てきた「うな丼」がすぐ冷えてしまった、でもオイシそうだろウナギがドンブリからハミダシテいるんだ。

20110827l1001353_2さて、昨夜の郡上おどりは、「商工祭」の“おどり変装コンクール”。地元の可愛らしいチビッ子から、へーっ!そんな遠くから毎年来てるのですか!って方から、変装と変態の違いについて深く考えた事のない方も含めて、

20110827l1001349

郡上はエンターテイメントに溢れるクリエイティブな熱い夜だったんだ。がんばれ東北なんて出し物では、赤鬼が東北から日本から原発をなくせなんて事は言わなかったけれど、

20110827l1001347_2
福島なんぞカエルのツラにションベンの、原発推進の海江田が党首に立候補する民主党なんかこの赤鬼に成敗して欲しいとオイラ思った。

さてさて、団体コンクールの優勝は地元のチビッ子チーム・岐阜の国体のキャラクター“みなも”に変装したチーム。

20110827l1001405賞金はなんと十万円なんだ。でもな、これが病み付きになって変装と変態を間違えてる遠くから来るヘンナおじさんみたいになったりしないでくれ。大切なのはね、変装というのはね一つ間違うと変なんだという事を忘れないでくれ。なんちゃって。でもな祭りってやつは、多少へんなのもいないと面白くはないんだ。

20110827l1001384
さて、昨夜もコンクールの始まりからポツリポツリと天から冷たいものが落ちてきて。踊りが始まる頃には本格的な雨なんだ。浴衣なんかじゃない高級な夏着物の御婦人だって、雨なんか気にしないで踊ってるんだ、濡れると帯だって大変なんだけど、そんな事へいきな気分にさせるんだね郡上おどりって。

さて、オイラの郡上行き、アトは9月3日の「おどり納め」と9月16日の“昔おどりの夕べ”だんだんと寂しくなるね。

20110827l1001376

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

さよなら夏休み。

20110813l1001028

郡上八幡は、本当に被写体に溢れた街だ。

徹夜踊りの夕方、吉田川で見つけた親子。我が家だって、こんな時代があったんだぜ。それがどうだろう近頃は、なにかが間違ったよな。

さて、この吉田川の上流で150センチの岩魚を見たという話がネットに出ていた。なんならGoogleの検索で、「郡上八幡 IWANA」で検索してみるといい。

でも、この話、開高健の「鯉とり まあしゃん」のコピーの様な気がする。この淵オイラの釣り場なんだ。

dankaiparty.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_8cae.html 

いかにもいかにもという大きな淵なんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

雨の宗祇水神祭・雨で濡れた袖絞りながら踊る郡上おどり。

20110820l1001297

徹夜踊りも終わって秋の気配も濃厚で、しっとりと踊る、なごりの郡上おどり、なんて書き出しを考えていたのだけれど、オイラの予想を覆して、昨夜は雨の、しかも激しい雨のなか、郡上おどりは、いちだんと燃え上がったのだ。

20110820l1001233さて、昨夜は、「宗祇水神祭」の縁日おどり

踊りが始まる前に、郡上の最も人気スポットである宗祇水で神事が行われ、お神酒も振舞われ、宗祇水の面する小駄良川では、水花火の奉納もあり、水の中をシュルシュルと廻る水花火と激しい煙が、雨にひるむ観光客を鼓舞して踊りが始まったのだ。

20110820l1001249_2さてさて、いきなり大変な盛り上がりなんだ。踊り助平というのは、雨の日に水溜りを好んで歩く子供の様で、雨が好きなようだ。

今年の郡上おどりも残りわずか、残り全部踊っても六日しかないのだ。雨だってアラレだって踊るのだ。

昨夜は、驚く程の人出で、本町から踊りの列がドンドン延びて、職人町の方までもうこれ以上のばしたらスピーカーの音が届かないなんてところまで延びたのだ、雨なんだぜ3時頃からずっと。

保存会のお姉さま方も「ど~ナットルの今夜は?」ってヒソヒソと。オイラ、それは「団塊のブログ」の激しい“提灯記事”による宣伝のお陰ではないのか?って少し思った。

20110820l1001260_4さて、そんなだから、昨夜はオイラ、オイラ踊り助平の端くれだけれど、そんなに助平ではない?から、こんな雨かなわんな、ブログの写真撮ってサッサと帰ろうなんて、ナマカワな事を考えていたんだけれど、でもそうだよな、結構、気温も低くなってきたし真夏だなんて思っていたら風邪引くぜ。

でも始まったら昨夜の踊り免許の課題曲、なんと「古調かわさき」と発表があったんだ。オイラの免許皆伝、のこり二つは「げんげんばらばら」と「古調かわさき」なんだ。しかも郡上おどり10曲の中でもっとも難しいとされている踊りなんだ。

20110820l1001271こうなると、雨なんかかまってられないわけで、じつは昨日は自宅で“郡上おどりのDVD”でオサライしてきてあったのだ。

「古調かわさき」は踊りの最初に踊られる曲だけれど、踊り始めたらオイラの三人程後ろに審査員の美人の先生がいるではないか、審査は九時からだけど、その前にオイラしっかりと先生にアピールしておいたのだ!

さてさて一時間おどってイヨイヨ審査の時間。忙しく動き回る審査員の先生方、通りすがりの先生に「お願いします」って小声でハッキリと!でも先生!ニッコリ笑って素通り!!オイオイ スドーリかよ先生!!!失意のオイラ「もういい!来年は白鳥おどりへいってしまうぞ!」なんてひとりゴチながら踊っていたのであります。

20110821l1001312_2審査も終盤に入った頃、件の先生がツカツカと近づいてきて、「欲しいの?こまったな、この娘にもあげたいし」って隣の女の子を指しながら、オット!先生のこりの木札、一枚しか持ってないんだ。しょうがないどこかでもう一枚探してくるって、とりあえずオイラに木札をくれたのだ!嬉しかったねオイラ、もう今年は無理で残りの二つの免許は来年とアキラメテいたから。

郡上にはヤッパリ神様も仏様も居るのだね。お盆は終わったけれど、オフクロはマダ帰らずに郡上踊りの提灯のあたりで見守っていてくれるのかもしれない。

さて、我が家の小さな座敷の長押(なげし)の上には六枚の踊り免許。

あと一枚は「げんげんばらばら」。

昨夜も郡上は雨でも極楽でありました。

20110820l1001287

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

昼下がりの郡上八幡。

20110815l1001125友人が、オイラと郡上八幡との関わりを不思議に思って、オジイさんか誰かが郡上出身なのかと聞いてきた。いや我が家は江戸の末期から岐阜の現在地で、郡上とは全く関わりはないんだ。

だからオイラ、「お盆」も「正月」も帰るところが無いわけで、故郷が遠くにあるってうらやましいことなんだ。

オイラと郡上の関わりは、オイラの一方的なもので、三十過ぎてはじめた渓流釣りがきっかけで、郡上には「郡上釣り」という素晴らしい釣り文化があって、知れば知るほど魅力的な街なんだ。

なにせ郡上の男が出会って「どや?」って聞くときはつまり「どうや釣れているか?」という事で、川の水量が「どうや、釣りやすい水量か?」という事なんだ。男としてステキな事だと思わないか?

さて、この写真の中央に、ソフト帽のご老人が涼んでおられる。ステキな光景だ。

過日のサスペンダーの老人の現場も、夏休みの子供の現場も、この30メートル以内なんだ。こんな被写体に溢れた素晴らしい街なんだ郡上は。

だから郡上八幡はオイラのバーチャルな故郷なんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

団塊堂 終戦記念日に郡上八幡で徹夜おどりダイエットする。

20110815l1001177俺達団塊の世代の事を「戦争をしらない子供たち」なんて歌っていたフォークシンガーが居たが、オイラ、奴の事は許せないって思っていた。

たしかに俺達は、戦争をした事はないが、戦争の被害者であり、日本が戦争に負けて、ボロボロになった戦後の社会に生まれてきた、まさに戦争の「被害」を生まれた時から嫌でも体験させられた世代なんだ。オイラ「戦争」はモノスゴク知ってるつもりなんだ。

20110816l1001212

「戦争をしらない」かどうかは、その個人の感性や知性の問題なんだ!なんて、今朝もクソ暑い一日が始まったのに、お怒りモードで始まった団塊のブログ。みなさまイカがお好きですか?つまり、いかがお過ごしですか、と、縁日のイカ焼きの烏賊(いか)を懸けてみたんだけれど、カケルという字の変換はこれで良いのだろうか。

さて、昨夜の郡上の「徹夜おどり」、6万もの人出で、奥美濃の「小京都」郡上八幡、いやオイラの自説は郡上は「小京都」ではない「小江戸」なんだという事なんだけれど、この点はマタ後日語るとして、奥美濃の長良川と吉田川にヘバリツクような小さな街が全国から集まった「踊り助平」であふれかえったのだ。

20110815l1001165
昨日も郡上は、夕方には激しい夕立。まあ驚くことはない、夕方の雨は「郡上のスコール」で毎度のことで、踊り開始の頃には止む雨なんだ。でもオイラが過ごした?ロンドンの夕方の霧雨とは、大違いでドシャブリの雨で、とてもロンドンの紳士の様に傘は開かず気取ってトレンチコートの襟を立てただけで歩くなんて事はできないのだ。

オイオイ、今日も快調に書き出したけれど、アッチへいったりコッチへ来たりして、なかなか昨夜の徹夜おどりの実況には近づかない。踊り終えて、朝方家にかえって、寝て、今起きて、シャワーを浴びたところなんだけれど、ランナーズハイが続いているようで、ドーパミン出まくりみたいなんだ。短いオイラのササヤカな夏休みも今日でおわり、「タワケミタイ」な事ばっかやってるわけにはいかないのニダ。

20110815l1001174

さて、郡上おどりの「面白いパフォーマー」の事を先日かいたけれど、昨夜もイキナリ見た!のだ、「小林幸子のソックリさんの“加賀あすか”」のド派手で激しい踊りを!じつはオイラ“加賀あすか”の隠れキリシタンで結構好きなんだ。ある無料のイベントで彼女を見て以来その上手さにビックリして・・・。そして去年、郡上おどりのブログを検索していたら彼女のブログ「加賀っち部屋」を見つけて、以来たびたびブログにアクセスしているんだけれど、ブログも面白いんだ。えっ!アレって“加賀っち”じゃん!と思いつつ、あまりの迫力にカメラを構えるのも忘れて唖然としてしているうちに忽然と消えて、ご挨拶をと一生懸命おさがしするも見つからず。保存会の先生方にもお願いして捜索するもみつからず、残念!写真を撮れず!オイラつくづく戦場カメラマン向きではないんだな。

帰宅してパソコンを開いたら彼女すでにブログをアップしてて、今日の仕事のため昨夜は11時頃郡上を引き上げたんだとか。

20110816l1001196
さてさて、チャランポランの今日のブログだけれど、昨夜の踊り免許の課題曲は「げんげんばらばら」、欲しかったんだなこのお免状。でも六万ともいう人出、肝心の審査の時間、ヒトが多すぎて先生と出会う事すら出来ないんだ。かなり頑張ったんだけれど審査員と出会えないんだからどうしょうもないんだ。

失意のオイラ、宮ケ瀬橋から、身を投げよう、いや一日遅れでペルセウス座流星群でも見えないかなって空を見上げていたんだ。オイラのササヤカな夏休みもこれで終わるんだな、今度の土曜日とその次の土曜日の踊り納めの課題曲が「げんげんばらばら」であります様にって流れ星に祈りたかったけれど、流れ星も見えない苦い夜だったな昨夜は。

オット忘れるところだった、今日のブログのタイトルのダイエット、肝臓がフォアグラでダイエット中のオイラ、二回の徹夜おどりで、2.5キロ痩せたんだ。

八幡信用金庫の前のベンチで座っていただけなのに。(笑)

あのベンチ、ダイエットに効くみたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

郡上おどり・徹夜おどりする。

20110814l1001118

20110813l1001031さて、昨日のご当地は今年一番の暑さで、岐阜市は七日連続真夏日、グッチ爺の多治見市なんぞは38,1度という事で全国最高。さてさて、郡上八幡の徹夜踊りが始まったのだ。

オイラも“アラ還”というのに、昼過ぎから車を走らせ、徹夜おどりして、朝方空が明るくなる頃帰ってシャワーをして、寝て、今起きたばかり、なんて書くと夏休みの小学生の日記みたいで恐縮。

今朝のブログは、お待ちかねの皆さんへの速報という事で、ヒネリも文学性も省略で恐縮、まだ眠いのだ。

20110814l1001121この時期の郡上といえば、必ずくる夕立ち。昨夜も夕方五時頃、パラパラと来たが、踊りが始まる頃は、雲があるものの、雨の心配は全くなし。

雲のお陰で何時もより早い夕暮れ、踊り開始時間の八時より一時間も早く、踊りムード満開。お囃子が屋形に登場する前のレコードの音源で、踊りは既にスタート、待ちきれないのだ皆。

20110813l1001076さて、昨夜は雨に祟られた昨年の反動か、凄い人出だったのだ。そして盛り上がったのだ。

さてさて、「徹夜おどり」となると“踊り助平”の皆様それぞれ、今年最高のパフォーマンスを見せてくれて素晴らしいのだ。

20110813l1001086オイラ戦場カメラマンではないし、レンズが単焦点でズームなし、美しい女性をと思っても、踊りの輪のなかで、直近に近ずいて、撮るぞ!って感じで撮らないと撮れないわけで、いつもの様にピントが甘くて恐縮。

暗い踊り会場では、激しい踊りの一瞬を捉えきれないのだオイラの腕では。

さてさて、郡上おどりは、オシャレで美しいのだ、そして艶やかなのだ。田舎の盆踊りなんて思ったらヤケドしますよ。昨夜の会場でひときわ艶やかだったお二人、オイラン風のミニ浴衣で、それはソレハ美しかったのだ、後ろの男性など感激のあまり泣いているではないか。

20110814l1001116もちろん会場では変態としか思えないような変装もあったりするけれど、まあ祭りなんだよ、それも良しなんだ。

子供達に大人気だった仮面ライダーの踊り助平、夏休みなんだな。でもコレって暑くて大変なんだぜ、ご苦労さまです。

20110814l1001110

昨夜の最高のパフォーマーは、この「“応援団”風 かわさき」。学ランに白手袋、日の丸のハチマキの応援団員。“かわさき”を踊りながら「押忍!」と気合を入れるたびに会場は大爆笑。イヤハヤ最高に面白くありました。おかげでオイラも、郡上も、東北もミンナ元気になれそうです。

20110814l1001122_2

徹夜おどりの免許の審査は、10時と1時の二回、昨夜はオイラ“さわぎ”の免許を戴いてまいりました。

おどりの終盤、盛り上がる会場に面した新聞屋さんでは、配達のための作業が始まっていました。仕事の邪魔をしてゴメンなさい。

20110814l1001124

といいつつ、先ほど朝日新聞の朝刊を見たら「一面」に昨夜の郡上おどりの写真。しかもオイラが!

もう少し、キレイにコピーすればいいんだけれど、眠いのだ三脚など使っていられないんだ、もう一度寝ます。三日通うなんて言ってたけれど、とても今夜は行けそうもないね。

オヤスミ。

20110813l1001066

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

今夜は特別な。

20110730l1000936明日からは、オイラの夏休み。

といって、たいした休みでもなくて、土日に二日ばかり有給休暇を追加して四日間の夏休みというササヤカなものなんだけど、今夜は夏休み前のワクワクした夜なんだ。

さて、明日からは、郡上の徹夜おどり。13日から16日までの四日間の開催なんだけれど、オイラ、明日から三日間通うつもりなんだ。

とはいえ、この時期、岐阜・名古屋の天気が良すぎると、山間部の郡上市では、夕方かならずザーッと来るわけで、明日も夕方は一雨来るみたい。でも数日前の予報からは好転していて、踊り開始頃は雨は止みそうな気配。

いや明日行かないと、明後日、明々後日はマスマス雨の確率は高いのだ。

さてさて、かなり今年のオイラ、郡上おどりバカしているのだけれど、雨の中で踊る程バカでもなくて、でも雨だったらモット面白い写真が撮れそうで、この辺りはブログ馬鹿というか写真助平というか、とにかく明日から三日間は郡上へ行かなくてはならないのだ。

それに徹夜踊りの日は「踊り免許」の審査もたしか二回あるわけで、このところ出かけた日の審査曲が既に取得済みの曲で空振りばかりのオイラ、なんとか今回「げんげんばらばら」「やっちく」「さわぎ」あたりの免許を戴きたいのだ。でも、どうやら全免許の取得は来年になりそうな感じ。普段は土曜日しか行けないって無理なんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

郡上八幡 夏休みの夕暮れ。

20110806l1000999

郡上八幡の寺の軒先で雨宿りをしていたら、子供達が通った。おもわずシャッターを押した。そうか、夏休みなんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

雨でも踊る、郡上おどり。

20110806l1001005

さて、先週のブログで、今シーズンのオイラの郡上踊り行き、天気に恵まれて、なんて書いたら、とたんに先週は雨に祟られたみたいで、昨夜、つまり八月六日の土曜日は、

20110806l10010184折からの台風で、前日の予想は、郡上は夕方、雨の予報、それでも1ミリ程度の雨でたいした事はない、さて、夜が明けたら晴天。陽があがるにしたがってピーカンで、郡上のピンポイント予報でも、降水確率ゼロ、前日の予報の夕方の一ミリの雨というのも取れて、こりゃラッキーとばかり郡上へ出かけたオイラなのです。

さて快調に跳ばして郡上へついて、下駄を買ったり食事をしたりしていると怪しげな雲行き、遠くでピカピカと光るものが。

20110806l10010162いつもどおりカメラで・・・と思ったら冷たいものが空から。さっそく車に避難するも、冷たいものはやがて瀧の様にフロンドガラスを流れ落ちるのであります。なんだよ天気予報、ハズレもハナハダシイ外れじゃないか。まあしかし、山の中では良くある事で、一時間も遣り過せばナンとかなると、車の中で待機するも雨は一向に止む気配もありません。六時から二時間を経過して、踊り開始の八時になっても、少し小降りにはなったものの、傘なしでは無理な状態、すっかり戦意喪失したオイラ、浴衣に着替えもせず、

20110806l1001013きっとバカが踊ってるから、その写真を撮って帰ろうなんて事で、車に常備のビニール傘で、踊り会場へ出かけたのであります。いやはや驚いたのであります。皆さん踊っているのです。しかもかなり盛り上がっているのであります。いつもより盛り上がっているのです。なかでも、踊り保存会のオネーサマ方、ビニールのポンチョで張り切ってお見えであります。いつもより嬉しそうでであります。

20110806l1001012
遠めにはなにやらアメリカ南部のバカな白人の秘密結社の集会の様でもあります。決定的に違うのは、みんな雨に濡れて嬉しそうであります。日本の夏は素晴らしく元気で明るいのであります。しかも、写真を良く見ていただきたい、年寄りが元気であります。

いやポンチョの保存会のオネーサマは年寄り扱いはカワイソウでありますが、雨に濡れてひときわアデヤカであります。

そんなこんなの夜だったけれど永遠に降る雨というものも無いわけで、踊り審査の始まる九時頃には雨も止み、オイラも浴衣に着替えて踊ったのであります。いつもより踊ったのであります。

昨夜は、クラブツーリズムのお客様が観光バスで日本全国から大挙押し寄せて、大変な盛り上がりでありました。

雨でも郡上は極楽のようであります。

20110806l10010142

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

サスペンダーの老人、郡上八幡・柳町の路地の夕暮れ。

20110723l1000839郡上おどりが始まるまでのシバシ、カメラを片手に郡上八幡の街を散策する。

いつもの駐車場近くの、柳町の路地だ。

柳町を惣門橋に向かっていたら、足がとても長い老人が、少しふらつきながらオイラの前を歩いていた。左に折れて細い路地に入った、路地ではないか!

そして、おいおいサスペンダーじゃないか!郡上八幡の中でも、庶民的な町並みの柳町には、いささか違和感があるけれど、なんだか昭和の映画の一シーンの様なたたずまい。

都会暮らしからUターンして、何年になるのだろうか。ズボンのシルエットに潜む、老人の黄金期。貴方にとってバブルって何だったのですか?昭和は良かったですか?

そして、捨てられないスタイルはなぜですか、郡上八幡は嫌いですか?

でもね、既に、見事に、この路地の景色になってしまっているではないか老人よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »