« 郡上八幡・惣門坂と惣門橋。 | トップページ | サスペンダーの老人、郡上八幡・柳町の路地の夕暮れ。 »

2011年7月31日 (日)

郡上八幡・乙姫水神祭で郡上おどりする。

20110730l1000969

20110730l1000943今シーズンの郡上おどり、少なくともオイラが出かける日は全て雨に祟られる事もなく、昨年よりずっと人の出が多い気がするのだ。昨夜は慈恩禅寺弁天祭・乙姫水神祭の縁日おどりという事で川原町の古い町並みのなかで行われたのだ。

乙姫水神といえば、郡上おどりの“かわさき”にもうたわれる郡上八幡でも屈指の名水で日照りしたとて 乙姫様の 瀧の白糸 切れはせぬという貴重な水源であるのだ。

20110730l1000946郡上の人は、本当に郡上おどりが好きで心からこの行事を愛していて、この文化を楽しんでいるのだと思う。昨夜の会場では、ご町内で最近普請された立派なお宅の公開もあって、木造の極致・指物の極みといった素晴らしいお宅で、郡上の匠の技の凄さと、郡上のお金持ちの心意気みたいなものを感じて嬉しかった。

20110730l1000984

さて、昨夜も本当に人の出が凄かった。なにせ古い町並み、つまり狭い町並みでの開催で、踊るのも大変なんだけれど、オイラの様に写真を撮るのも、大変なんだ。

素敵な踊り手を見つけても、狭いから思うようなアングルから撮れないし、絵になるポーズの踊りはテンポが速いし、夜間で光量不足でシャッターが下りないのだ。ほとんどの写真をISO3200なんて設定で撮っているけれど、まだデジカメなんぞ無い時代、オイラ、アイスランドへオーロラを撮影に行った時に持っていったフィルムがASA1600だったけれど、ほんとデジカメっていいよね、設定かえるだけだもの。

20110730l10009512

さてさて、昨夜の踊り免許の課題曲は“春駒”。「かわさき」とならんで郡上おどりの代表的な踊りで、岐阜の小学生はかならず“運動会”の演技で教え込まれる曲で、アップテンポで子供いや大人だって大好きな踊りなんだ。面白い踊りだからツイツイ面白すぎる踊りになったり、いろいろ変化してしまったりしていて、講習会で習って現場に出ると、アレ?なんか、みんなと違う!って感じがするんだけれど、オイラ冬の間、郡上おどりのDVDでしっかりと基礎を学んでおいたのだ。

20110730l1000956それでも、昨夜は手綱を締めるポーズが後ろを向きすぎって直されたのだ、さて直していただいたという事は、免許を戴いた!のです。この木札を戴いて免許状を戴く手続きをするのだけれど、実はオイラ、免許状より、この木札が欲しかったりして(笑)、でもソウイウヤカラも多いとみえて、持っていかれないように、合格者は、保存会の方に身柄を確保されて受付まで護送されるのだ。

20110730l10009563
“かわさき”“三百”“猫の子”そして昨夜の“春駒”オイラの郡上踊り免許皆伝マラソン、折り返し地点です。

団塊のブログ、夏の2ヵ月は、郡上おどりと郡上八幡に徹して書いていきますが、このブログ、アンティークやらオールドノリタケのアクセスが中心のブログですが、この期間もアクセスは減らないのが不思議です。

郡上おどり、今年もマスマス、我々団塊の世代の踊り手が増えています。

20110730l1000957_2

|

« 郡上八幡・惣門坂と惣門橋。 | トップページ | サスペンダーの老人、郡上八幡・柳町の路地の夕暮れ。 »

郡上踊り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郡上八幡・乙姫水神祭で郡上おどりする。:

« 郡上八幡・惣門坂と惣門橋。 | トップページ | サスペンダーの老人、郡上八幡・柳町の路地の夕暮れ。 »