« 愛が無くなればただの税金。 | トップページ | 風評ではないのだチェルノブイリどころではない放射能汚染なのだ。 »

2011年5月26日 (木)

まだらめがデタラメなのか、でたらめがマダラメなのか。

L1000464言っただとか言わなかっただとか、デタラメだな。

デタラメ・でたらめってって言ってたら、いつのまにかデタラメ・まだらめ・マダラメって言っている自分がいて、テレビの印象って怖いと思うけれど、デタラメな科学者だとか、マダラメな科学者って本当に酷いし危険だと思う。

だから、現場はマダラメも缶も無視して海水を原子炉に注入していた。

オイオイ東電よ!結果オーライだけれど、それだって随分デタラメだぜ。

しかしマスコミさんよ、そんな事、総理大臣にわかる事でもないし、官邸の判断をウンヌンすることかよって、それじゃあナンデモ鑑定団、いや、ナンデモ官邸団、なんでも菅定談ではないのか?って。

デタラメな原子力推進政策で、この事態を招いた自民党が、この非常時に「カン内閣不信任案」を出すという、だけど、きっと、その前に、今日の事態を招いた全ての責任をとって自民党議員は総辞職すると思う、少しでも「責任感」という普通の心があるのなら。

ところで、オイラこんなブログを読んでます。

逝きし世の面影

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/arcv 

|

« 愛が無くなればただの税金。 | トップページ | 風評ではないのだチェルノブイリどころではない放射能汚染なのだ。 »

赤色ライカ老人倶楽部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだらめがデタラメなのか、でたらめがマダラメなのか。:

« 愛が無くなればただの税金。 | トップページ | 風評ではないのだチェルノブイリどころではない放射能汚染なのだ。 »