« 原発疲れ・震災疲れに。 | トップページ | 雑草の。 »

2011年4月29日 (金)

原子力発電の。

L1000315

十日ほど前、朝日新聞が、電話による調査で原子力発電の今後について聞いたところ、増やす・現状維持のポジチブ派が56%、減らす・やめるのネガティブ派が28%と、原発肯定が反対を大きく上回ったという。

さて、日本人の大人ぶりに驚くと同時に、都会の身勝手に驚いたのは、オイラだけだろうか。

さてさて、それならば、原発を抱える地方が、今後、新たな原子炉の増設を認めたり、新しく原発の建設を誘致したりという事が有るのだろうか。

今後、原発の新設が不可能で、既設の原子炉の使用期限の延長が認められなければ、日本は脱原発せざるをえないわけで。

まあ、そんなこんなだけれど、いい景色だろ、昭和だよね。

朝日新聞 「原子力発電は今後どうしたらよいか」という質問で四つの選択肢から選んでもらうと、「増やす方がよい」5%、「現状程度にとどめる」51%、「減らす方がよい」30%、「やめるべきだ」11%。日本は電力の3割を原子力発電でまかなっていると紹介したうえで同様の質問をした2007年の調査では、「増やす」13%、「現状程度」53%、「減らす」21%、「やめる」7%で、「減らす」と「やめる」の合計が28%にとどまっていた。

|

« 原発疲れ・震災疲れに。 | トップページ | 雑草の。 »

赤色ライカ老人倶楽部」カテゴリの記事

コメント

福井は原発イノチですね。
原発なくなると生活なくなる、というのが切実なのでしょう。福島のようにならなきゃ変わらないでしょう。
この地域経済格差というやつは資本主義経済下では解決不能じゃないか?
とはいえ福井でハゼたら名古屋は尾張。近畿もやはり尾張。

投稿: frisco | 2011年4月30日 (土) 19時58分

frisco様
冬の日に、岐阜の高いビルから西の空を見ていると、日本海の雪雲が伊吹山の脇、関が原を通って大垣・羽島から名古屋方面に流れていくのが見えます。福井・敦賀の原発が爆ぜれば名古屋がどうなるかは明白です。また琵琶湖の水を飲む地域の皆様のご冥福を祈る事になるのも明白です。
今日のニュースで拉致問題の蓮池兄が東電に入社して福島原発に赴任したさい、「原子炉の炉心損傷が起きる確率は年間で10のマイナス7~9乗、つまり1千万年に1回程度と説明された」という事が報道されています。
原発事故は「資本の暴走」であり、無責任なサラリーマン社会の集団犯罪です。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2011年4月30日 (土) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原子力発電の。:

« 原発疲れ・震災疲れに。 | トップページ | 雑草の。 »