« ペケイチ(ライカX1)が来た日。 | トップページ | 古い町並み。 »

2011年3月13日 (日)

災害が起こればいつも「想定外」。

4

先ほどニフテイ時代のお仲間、花巻にお住まいの「7」さんのブログが更新されて、ご家族全員の無事が確認できてほっとした。

地震と津波の凄さに言葉が無いが、さて原発の事、科学者やら専門家が、「こんな地震は想定していなかった。」 科学者やら専門家というヤツがいかにデタラメで、しがらみやら処世で物を言っているだけの曲学阿世の輩なんだと、そんな科学なら「占い師」のほうが余程ましだなんて思う今日この頃いかがお過ごしなんてフレーズは不謹慎。

あの原発の塔屋のペイントを環境芸術だなんて言ってた蓮○さんの兄の顔が見たいぞ。

TUNAMIという言葉は日本製の世界共通語だけれど、津波というものは、「波」ではなく「海」が押し寄せて来るのだな、津波という表現が楽観的すぎないかなんて思う。

波が引いたのに水が引かないのは、地盤が沈下して、街が海になった、被災者の皆さんは、まさに土地すら失ったわけで、たまらない。

東電のあいかわらずの姿勢に比べ、枝野官房長官の記者会見は誠実で安心感があるが、とんでもない状況なんだな、避難ったって数日で終わるものではないだろうから。

環境問題を反映して「電気自動車」なんて言ってたけれど、その先はこんなリスクを承知しないとね。

ともあれ、東海・東南海地震が迫る当地、オイラのライカが「人生最後のお買い物」なんて事にならないで欲しい。でもそれなら尚の事、ライカで良かったなんて、やはり不謹慎。

|

« ペケイチ(ライカX1)が来た日。 | トップページ | 古い町並み。 »

赤色ライカ老人倶楽部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 災害が起こればいつも「想定外」。:

« ペケイチ(ライカX1)が来た日。 | トップページ | 古い町並み。 »