« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月24日 (月)

ルビーレッドのゴシックなハート型のアンティーク香水瓶。

L1050888

“カワイイ”とか“キレイ”という範疇には無いから、ラリックやらバカラといった王道をいくアンティーク香水瓶コレクターからは“ナニこれ”って感じかもしれないが、チャラチャラしたものが恥ずかしい「アラ還」の団塊堂としては、こういうしっかりと時代を踏んだような物が“美しい”のだよね。

美しいだけなら今でもデパートの香水売り場には美しい物が沢山並んでいるし、店員のお姉さんだって、だいたいがデパートで一番美しいオネエさんが並んでいるのが香水売り場で、だから売り場なんかにいくと、香水瓶のチマチマとしたコレクションよりも美しいお姉さんのコレクションがしたいなんて思うのが普通の男で、でも香水の強烈な攻撃とバリバリの美人のウエルカムスマイルに圧倒されて売り場の手前で立ちすくんでしまうのが普通の男で、アノ売り場に近ずくのはナカナカ容易ではない。ただ時々ヘンな成金ジジイやら「や」のつく職業の方なんかにかぎってその壁をヘイキで突破して売り場に侵入してきたりするるから、そんなのにひっかかったりして、だいたいが香水売り場の娘は、その美貌に反して幸せになれない、なんて妙にリアルな書き込みでゴメン。できればDiorのDUNEが発売されたアノ頃に戻りたいなんて事も思う今日この頃、今頃あの娘いかがお過ごしですか、ナン茶って。

L1050887

さて、ハートなどというイカにもという形、真鍮の板を叩きだしたキャップ、フィリグリー(Filigree)のバンド、洗練とは程遠いが濃厚に時代が詰まっている。ヴィクトリアンやらゴシック、なにもかも妖しげであります。底にはSGDとありフランス製か。時代を特定出来ていないが中世の趣すら感じる。香水瓶というより、大きさといいキャップの構造から見て丸薬入れって感じ、魔女の媚薬入れ(笑)、いや魔女の毒掃丸入れ?w。

「貧の美」っていうの?もちろんこれだって貧乏人の持ち物というわけではないけれど決して王様の持ち物のレベルではないわけで、ストイックにエステティックに時代の美・歴史性を追い求める求道者のオイラ、好きなんです、こういうの。

俺ってベンヤミン?幸田露伴みたい?

骨董論は古さと伝統の存在理由を理解するのに役立つ。古いもの(過去性、歴史性)への執着こそ、人間を人間的にするのである。人間は一般に「現在あるがままにある」ことだけでけっして満足しない。現在の存在が歴史性によって支持されてはじめて満足する。人は自分が古さによって認知されることを欲する。  幸田露伴

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

雪中お見舞い申し上げます。

L1050878

ご当地・岐阜市は、昨夜から降り続いた雪で、こんな有様でございます。

我が家の自慢のイングリッシュガーデンもアイスランドと化しております。

さて、明日の仕事は、駐車場の雪かきから始まりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

チェコスロバキアのナイーブな磁器製アンティーク香水瓶。

L1050865

チェコ製の素朴な磁器の香水瓶であります。年代は20世紀初めでしょうか。

どこか、ウイーン窯の偽物である“ロイヤルウィーン”のBクラスのカップの臭いがします。この金線模様やら素朴なカップルのシーンは“ロイヤルウィーン”で良く見かける物です。でも、蜂の巣マークが入れられているわけでもなく、立派にチェコスロバキアと名乗っていますから問題はありません。

さて、団塊堂的には、点数の高いアンティークであります。素朴で純真でまっすぐな感じがして、とてもいいです。香水といった妖艶な液体の入れ物というより、野の花のホノカナ香りをつめていた瓶であってほしい感じがします。

もう、香水の香りは微塵も残っていませんが、時代がタップリと染み込んでいるような気がします。

大切なのです、この、時代がタップリと染み込んでいるという事が。

L1050858

This is a beautiful, hand painted porcelain scent bottle.  It dates to the early 1900s and has two courting lovers scenes and beautiful flower decorations.  A partial paper label can be seen on the bottom.  A handsome brass, screw-on cap decorates the top.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

チェコスロバキアのアンティーク香水瓶。

L1050818

今年はじめてのアンティーク香水瓶のアップであります。

ヨーロッパの奥座敷・チェコの香水瓶であります。プラハを中心にチェコの西部をボヘミア地方と呼ぶが、このボヘミアには12世紀頃から始まったといわれるガラス工芸の文化があります。

木灰を使ったボヘミアのカリガラスは透明度・屈折率・硬度など全ての点で他の産地の物より格段にすぐれていた。

さて、この香水瓶、ガラスはともかく、この装飾が良い。黄銅を丹念に打ち抜いたヴィクトリアンなオルモルの装飾、宮廷シーン細密画の様に描き込んだ陶板のメダイヨン。

L1050817

1センチにも満たないストッパーのトップにもヴィクトリアンレディが描かれた陶板が埋め込まれています。この陶板の質の高さが、この香水瓶の価値を決定的にしている。さて、年代は、ヴィクトリアンだけれど、なんたって智惠子は、いや、チェコは、ヨーロッパの奥座敷、そうそう軽率に流行りスタリに左右されるわけでもなく、まあ1920-40年というところではないか。

まだ共産主義が労働者の希望であった時代、チェコが社会主義化するのが1948年だから、まさにチェコにとって希望と動乱の輝かしい時であり、やがてくる悲劇の幕開けの頃でもあったわけだ、なんて事を、一人ゴチながら今年もアンティークライフを始めております。

L1050822

オッと!昨日のブログでは、アンティーク蒐集は今年は、小休止ではなかったのか!?もちろん、そのつもりですが、少し未発表の物があるもので。

GREAT CZECHOSLOVAKIA PERFUME W/ COLONIAL SCENE & ORMOLU

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

明けましておめでとうございます。

L1050848

あけまして おめでとうございます。

当地は、雪の元旦となりました。列島各地は、いずれも大雪のようで、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

さて、昨年は、アンティーク蒐集も、夏の日の郡上おどりも、楽しい事がいっぱいの、還暦の一年でありました。もちろん、悲しい事もいろいろあって、遊び呆けてばかりいたわけでもありませんが。

「団塊のブログ」も既に四年を越え、昨年あたりは「還暦のブログ」なんて変えようかと思ったりしたけれど、あまりにもジジ臭くもあり、また、「団塊」というヒビキも、少し理屈くさくてダサイと感じる今日この頃だけれど、この「理屈くさい」ナードな文法は、既にワタクシの骨格となっていて、いまさら変えるわけにもいかないわけで、しかし、「分別くさくて動きのとれない立ち枯れた老人」よりは「無分別な踊る団塊老人」なんて事の方がオイラの生きる道だなんて思ってもいるのです。

「分別」といえば、アンティーク蒐集の「ぶんべつ」もしないまま進んでしまい、ブログのカテゴリーが意味を失ってしまったまま整理できないで来ているけれど、今年あたり、蒐集は小休止して、三年後あたりの?「電子書籍化」に向けてコレクションを並べ直してみようと思っているのです。

今年の、団塊堂的テーマは、「郡上おどり」と「郡上一揆」を検証する「郡上八幡のフィールドワーク」であります。「ただ踊る」だけで良いのに「郡上一揆」などと、階級やら構造へ向かってしまうあたりが「ナードなダサい団塊の世代」なのでありますが、そんなこんなも含めつつ、今年も夏の夜は、イマワノキヨシロー風に言えば「ビンビンに、お前に乗ってみよう」と思うのです。

それいけGoing ! いくつになってもGoGoGo!の「団塊のブログ」。今年も、どうぞよろしくお付き合いの程、お願い申し上げます。

L1050834

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »