« ロイヤルウースターの開祖・ジョン ウォールのポートレートプレート。 | トップページ | ハンドペイントの極致・ロイヤルウースターのフルーツペインテッドのアンティークカップ »

2010年12月11日 (土)

ロイヤルウースターのピクチャレスクなハンドペイントの皿。

L1050754

ロイヤルウースターハンドペイントランドスケープの皿であります。

海岸に建つ廃墟の様な要塞。グランドツアーの影響を受けたイギリス的美意識が形となったピクチャレスクな「海岸風景」であります。乳白色の霧がかかったターナーの絵のようであり、18世紀的イギリスの精神風土が現れているようであります。なんて事を言ってみつつ、まあそれ程の物でもありませんが。

さてアンティーク蒐集などしているとグランドツアーなんて言葉が出てくるわけでグランドツアーとは、1600年が1800年頃までイギリス貴族のあいだに流行した教養旅行なわけで、団塊堂のアンティーク香水瓶のコレクションのGRAND TOUR GREEN OPALINE SCENT BOTTLEでふれたけれど、イギリス人をはじめヨーロッパの貴族の感性の形成、美意識の醸成に無視できないイベントであるわけで、この絵のテーマも、どこかの景色というよりイギリス的美意識のピクチャレスクな海岸風景であり、廃墟風な砦の配置などギリシア・イタリアの影響を受けたグラント゜ツアーの産物であると考えられる。

L1050755

1933 Royal Worcester Hand Painted CABINET PLATE

団塊のブログ GRAND TOUR GREEN OPALINE SCENT BOTTLE

http://dankaiparty.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/grand-tour-gree.html

こんなのも、あります。

http://dankaiparty.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/antique-florenz.html

ロイヤルウースターの年代は、明快なデイティングシステムがあり、バックスタンプのROYAL WORCESTERの文字の下の三つの輪と一つのドットで1933年と判定できる。

L1050752_4

|

« ロイヤルウースターの開祖・ジョン ウォールのポートレートプレート。 | トップページ | ハンドペイントの極致・ロイヤルウースターのフルーツペインテッドのアンティークカップ »

アンティーク」カテゴリの記事

マイカップコレクション」カテゴリの記事

コメント

驚きました。私も20年以上渓流釣りをやっており、ロイヤルウースターの絵皿が大好きな人間です。以前一色川へ行ったこともあり
ブログ大変楽しく拝見しました。R.ウースターのパインテッド・フルーツの絵皿12枚
持っており、新しい全面彩色のものではなく
もう少し古いものかと思います。年代が分らないのですが、丸3つの両側に4つづつ点が
付いてます。もも、なし、ぶどう、べりー類
が中央に描かれており、見とれてしまします。貴ブログを楽しみにしています。sam

投稿: s.oshibe | 2010年12月18日 (土) 17時57分

sam様 初めてのお立ち寄りありがとうございます。ハンドペイントの絵皿1ダースなんて、たまらないですね。アンティークショップで「大名買い」そんな事がしてみたい今日この頃です。
裏印の、丸三つの両側に四っづつのドットは1940年です。
sam様も、「釣り人」。実はロイヤルウースターの絵付師、天才ハリーデイビスもハリースティントンも「釣り人」でウースターの絵付師の間では釣り趣味が蔓延していたようです。
この事は、和田泰志著「ヨーロッパ アンティーク・カップ銘鑑」実業之日本社刊に詳しく書かれていますが、ナント!この著者の和田泰志先生もまた釣り趣味の「釣り人」なのであります。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2010年12月18日 (土) 19時28分

IWANA様
お手製のフライをお送りいただきましたね。
ありがとうございました。
でも、もったいなくて使えません。

私はイワナを初めて釣ったのは、夏休み、尾瀬の先の至仏山を越えた先の檜枝岐川です。
釣ったのをヨロイグラという場所ですぐに焼いてもらって食べました。
当時10歳でした。
両親は同行せず、ガイドの方と二人で行きました。
行きも帰りも、同じ岩で足を滑らせ、V字渓谷の足の立たない川に落ちました。
履いていた水色のスニーカーを今でも覚えています。
泊まった温泉小屋には、スズメバチやら大ネズミが住んでいて、えらい騒ぎでした。
トイレは天然の水洗式で、はるか下をごうごうたる川の水が流れており、とても恐ろしい設備でした。
まさに「かわや」の語源です。

私を連れて行ってくれた方も、すでにこの世を去りました。
檜枝岐に至る道すがら、二人で見た兎田代の美しい情景は生涯忘れません。

実は昨日、私の誕生日に開催された講演会で、この幼い日の出来事を思い出して話したばかりでした。
ご縁を感じます。

素敵なコレクションを入手され、おめでとうございます。

投稿: 和田です | 2010年12月18日 (土) 22時16分

和田先生 お久しぶりです。首を長くしてお待ちいたしておりました。
ところで和田先生とワタクシ、誕生日は一日違いなんですね。
実は今、机の上にJ スティントンのゲームバードのカップもあって当分ロイヤルウースター三昧です。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2010年12月19日 (日) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロイヤルウースターのピクチャレスクなハンドペイントの皿。:

« ロイヤルウースターの開祖・ジョン ウォールのポートレートプレート。 | トップページ | ハンドペイントの極致・ロイヤルウースターのフルーツペインテッドのアンティークカップ »