« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月25日 (木)

「王冠を捨てた恋」エドワード8世、幻の「戴冠式」の記念カップ。

L1050724

さて、またまた面白いアンティークカップのご自慢であります。

イギリスのパラゴンのデミタスカップなのであります。1937年という事で、少し年代が若くヴィンテージというべきではありますが、

カップの裏書を見てみましょう。

A perpetual  souvenir  in PARAGON CHINA to  commemorate  the coronation   H.M  KING  EDWARD VIII,   May 12.  1937.

エドワード8世戴冠式の記念とありますが、イギリスの王室がどうのこうのという知識などないワタクシ、ただ普通に、そうか、エドワード8世か!で済ませていたのですが、ブログを書くにあたって、調べてみると、さてこの1937年5月12日という日付、ジョージ6世の戴冠式の日であって、エドワード8世の戴冠式の日ではないsign02のであります。

L1050716

さてさて、来年は英王室も、ウィリアム王子の結婚で、なにかと暗かった英王室がようやく普通のシアワセにつつまれるわけで、ウィリアム王子は、おトーさんのチャールズ王太子を上回る人気だそうだけれど、チャールズさんはカミラ夫人とナニで、ウィリアム王子のお母さんのダイアナとはナニして、今ではカミラ夫人はカミラ妃なのだけれど、どうも人妻やら年上の女性とナニというのは、英王室の男の伝統のようで、今を去る70余年前にも、そんなこんながあって、

L1050695

エドワード8世とシンプソン夫人「王冠を捨てた恋」というヤツで、詳しくは下記のアドレスをクリックしていただくとして、しかし男を通したエドワード8世は大した男で、それでいて結構アソビ人なわけで魅力的なわけだけれど、というわけで「王冠を捨てて愛を選んだ」エドワード8世はイギリスを出て、かわりに弟のジョージ6世が即位し、兄の為に段取りされていたウエストミンスター大聖堂での戴冠式は、弟のジョージ6世の戴冠式として、1937年5月12日行われた。

つまりエドワード8世の戴冠式は幻で終わって行われておらず、しかし行われなかったエドワード8世の戴冠式の記念カップがここに有るのです。これは、英王室にとって不名誉な事件で、これらの記念品にアポイントを与えた英王室は勿論、御用達のパラゴンもこうした品物の流失を防ぐべく、それらは処分された思われる・・・。としたら、かなりレアな物だよね。

L1050725

L1050698

さて、前回のブログにUPした中国製?のマグカップも、今回のパラゴンのカップ&ソーサーも日付入りでエドワード8世戴冠式とあり、とりわけ今回のパラゴンは公式記念品として用意された物で、繰り返すけれど、世に出なかったはずの物なんだよね公式には。

さてさて、絵柄の解説であります。左側からイングランドを象徴する立ち姿のライオンと、右側からはスコットランド象徴するユニコーンが支える、紋章学でいう「サポーター」と呼ばれる絵柄。シールドといわれる盾の図形部分には、第一および第四クオーターにはイングランド「歩き姿の三頭のライオン」、第二クオーターにはスコットランドの王位を象徴する「立ち姿のライオン」、そして第三クオーターにはアイルランドの王位を象徴する「ハープ」が組み込まれた、連合国家である英王室の紋章が描かれ、一部がハンドペイントされている。紋章を取り巻くブルーリボンはガーター勲章で“Honi soit qui mal y pense”=「思い邪なる者に災いあれ」と記されている。

L1050721_2

団塊堂、左翼のハズなのに、この手のHistorical  Royalty Memorabiliaなんてのが結構スキであります。本当は右翼なのかもしれません。 ただのミーハーだったりして。

エドワード8世

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%898%E4%B8%96_(%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E7%8E%8B)

L1050718

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

自衛隊は「暴力装置」と言って悪いのか。

L1040859_4

戦闘的な言論が売り物の読売テレビやら読売新聞なんかだけ見ている人は、ニホンは、もう中国に対して戦争をすべきで、この際、尖閣に自衛隊を集結させて、中国海軍の偽装漁船には遠慮なく体当たりを食らわせて、ヤッテキタラやり返すのが「国家」というもので、仙石の遣り方など平和ボケで、菅など無能のキワミなんだ、暴力には「暴力」で応ずるべきで、所詮は暴力しか無いんだという主張のようで、日本中が「開戦」を求めている様な今日この頃だけれど。

自民党のハネ上がり丸川ナンとかという馬鹿女など、仙石官房長官が自衛隊を「暴力装置」といったことに対し、「自衛隊は武力組織であるが、暴力装置ではない」なんてわかった様なことを言って噛み付いた。オイオイ、暴力には暴力をというのがお前ら馬鹿右翼の主張だろうが! 

L1040859_5

武器や強制力を持つ軍隊や警察などを「暴力装置」と定義したのは、共産主義革命に懐疑的であったマックス・ウエーバーで、以後、戦争や平和を論ずる場合、用語として広く世界に通用する言葉なんだよsign01丸川珠代sign03 まあ、おまえらの仲間の石破君なんかが良く使ってる言葉なんだよ、こんな事で大騒ぎする馬鹿自民なんてのは、世界の物笑いで、政治学的常識すらない馬鹿が代議士で、大声張り上げて議事を止める国会なんてまるでガキの児童会みたいで。

ならば、読売テレビを先頭に、国民が一丸となって中国を撃とうという戦争前夜の今日この頃、敵国・中国国旗の様な、唐紅(からくれない)のマッカなスーツを着て国会に出る丸川珠代こそ国賊ではないのか!中国と戦争すべしという読売テレビと国民の戦意を踏みにじる行為だぞ丸川珠代!戦時中なら死刑だぞ!なんて、オイラも少し小学生の口喧嘩みたいで恐縮。

L1040859_6

さて、八場ダム建設中止を撤回するは、企業献金を受ける事にするだのしないだの、武器輸出の禁止を解くだのと、もう裏切りまくりの民主党だけれど、アノ名古屋の河村市長が、自民党の最右翼、統一教会との関係も云われる「ウナギ犬」と揶揄される大村ナントカを愛知県知事に擁立するなんて、もう筋も理屈も何も無いムチャクチャな話で、やはり河村みたいに声の大きいヤツはやはりオカシイ奴が多い。

右も左も真っ暗闇なら今夜あたりせめて彗星でも見えないのかsengokuイエス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

映画「郡上一揆」十年ぶりの再上映。

L1050707

「郡上おどり」の10曲のうち「ヤッチク」こそは郡上おどりの歴史的背景を突いた最も重要な曲で、その一部の“文句”を引いてみる。

これは過ぎにし 其の物語/ 聞くも哀れな 義民の話/ 時は宝暦 五年の春よ/ 所は濃洲 郡上の藩に/ 領地三万八千石の/ 其の名金森 出雲の守は/ 時の幕府の お奏者役で/ 派手な勤めに 其の身を忘れ/ すべて政治は 家老に任せ/ 今日も明日もと 栄華に耽る/ 金が敵か 浮世の習い/ お国家老の 粥川仁兵衛/ お江戸家老と 心を合わせ/ 茲に悪事の 企ていたす/ 哀れなるかな 民百姓/ あれもこれもと 課税は殖える/ 分けて年貢の 取り立てこそは/ いやが上にも 厳しい詮議/ 

L1050708

さて、江戸時代 最大級の農民一揆である「郡上一揆」を描いた神山征二郎監督の「郡上一揆」が、今、岐阜の柳ケ瀬のシネックスで再上映されていると聞いたから早速出かけてきた。

L1050709

オイオイ、前回のブログでは、「旗ふるな 旗たてるな」なんて書いたのにドウよって感じだけれど、この夏の「郡上おどり」でスッカリ郡上づいてしまった団塊堂、「郡上」と聞いただけで反応するカラダになってしまったのだ。なにせ夜ごと「かわさき」「三百」「げんげんばらばら」「ヤッチク」「郡上甚句」を一通り唸ってベッドに入る今日この頃で、中仙道加納宿に夜ごと三味線のお囃子が聞こえるのは、ワタクシの寝室が源なのだ。

さてさて、映画の事も郡上おどりの事も語ればナガクなるので、よろしければ下記のアドレスをクリックして戴くとして。オイラ今日も今日とて朝五時からイーベイのオークションで、

L1050714

今日は素晴らしい手描きの風景画の皿を手に入れたりしてご機嫌うるわしくしているんだけれど、まったくこの円高で日本行きの荷物の処理がパンクしていて、団塊堂の荷物も五つもアメリカでストップしてしまっているのだ。ブログは年末までアンティークオンリーで行こうなんて思っていたのだけれど、そんなこんなで穴埋めみたいなブログで恐縮。

映画「郡上一揆」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~hyogocc/3sakuhin/gujoikki/gujo.html

郡上おどり「ヤッチク」

http://www.youtube.com/watch?v=pxpuYxpgOJo&feature=related

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

旗振るな。

L1050695

さて、朝から晩まで「尖閣の流出ビデオ」で、戦争前夜のニッポンの今日このごろ、団塊の皆様いかがお過ごしでしょうか。

ワタクシなんぞ、あのビデオを見て、なんだこの程度かよ、これで戦争を始めるなんてデキねーよな、なんて感じたんだけれど、マスコミの皆様、煽りにあおって、戦争ムードいっぱいのワイドショー。でもな、まだ残りがあるんだよな。

さて、旗ふる馬鹿右翼が、旗ふる馬鹿な中国人と全く同じに見えるのは、オイラが意気地なしだからだろうか。

あの漁船、あきらかに職業軍人で、つまり「領土問題など無い」という日本に体当たりして「世界に領土問題をアピールする中国の戦略」なわけで、騒げば騒ぐほど中国の思うツボなわけで、「領土問題など無い」という初期の対応は、自民党時代に比べればかなり強硬だったわけでネオコンの前原が仕掛けたわけだけれど、売国sign01と叫ぶヤカラが実は売国で、左翼を標榜するヤカラが本質は右翼だったりするわけで、こんな時こそ声の大きいヤツは疑った方がいい。

旗振るな

旗振らすな

旗伏せよ

旗たため

社旗も 校旗も

国々の旗も

国策なる旗も

運動という名の旗も

ひとみなひとり ひとりには ひとつの命

          城山三郎 「旗」

さて、この旗がいっぱいのエドワード8世のアンティークカップ、アンティークという触れ込みとは全く別物の、今出来の安物の中国製。平気でメイドインチャイナと書かれた箱で送ってくるあたり、ヤンキーといいチャンコロといい世界はナラズモノばかりであります。

でもね、このままでは終わらないぜkING EDWARDsign01もうすこしマシな物をそのうちお見せするから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

ドレスデンの花のデミタスカップとリモージュの花のボックス。

L1050693_2

さて、すでにキュリオケースは満杯なので、新しく追加となると、どれかをケースから追い出す事になるわけで、いずれも思い入れがあるわけで、どこかのデパートみたいに、平気で何度もリストラなんて事は出来ないわけで、でもどこかでリストラしなければ追加できないわけで、だから最近は場所を取らない小さなものを集めているわけで、小さなヤツばかりの会社になってしまったらそんな会社の行く末は・・・なんて、未だそんな事を思っているのか?なんて言われそうだけれどまあ枕としては面白いから書いただけで、今日は美しくてカワイイ、心洗われる様なカップとボックスのご紹介なのだけれど、団塊の世代の皆様いかがお過ごしでしょうか。

コレクションは、コレクターの嗜好やら志向が表れるのは当然で、団塊堂のアンティークカップもアンティーク香水瓶も並べてみるとヤハリ男性的なチョイスで、「花柄」なんてのは少ないわけで、やはりここいらで花柄の良いものをと思って「花柄」を追加したわけで、まずカップは「ドレスデン」のもの、花柄ハンドペイントで良く描かれており、花柄はそのイメージに反して寂しくなりがちで金彩やエンボスによる加飾が重要でそのバランスもとても良い。

L1050694

窯印はDRESDENとあるが、どのマークブックにも見当たらないタグイだけれど、まあ偽物というわけではなくキチンとアイデンティティを示しているわけで、しかしコレクターとしては出何処をはっきりさせる事が出来ないのは、とても寂しい。ボックスはフランスのリモージュの物でハンドペイントではあるが土産物のタグイだと思う。

さてさて、今日のブログ、なんとなく盛り上がりに欠けるのをお感じとは思うけれど、実は昨日届いた高価なカップが破損していたのだ、気分が悪いのだ。既に返品の手続きをしたのだけれど、どうもこのところ大量のイケナイ物がイーベイにアップされている様な気がする「最高評価の出品者」なんてものも信じがたい、このところウースターやらコールポートを大量に出品している業者にご注意なんて思う今日この頃なのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »