« 昭和がどんどん遠くなる。 | トップページ | 中国人人権活動家 劉暁波氏のノーベル平和賞を祝う。 »

2010年10月 3日 (日)

総理がボケているくらいがちょうど良い。

さて、ずっと黙り込んでいたけれど、中国の事なんか書くとブログが汚れるのよね。でもちょっと書いてみる。

L1050539

中国人なんて、なんという傲慢でデタラメな奴らだなんて思うけれど、東京都の、他人と他国には厳しいけれど自分には甘いデタラメな中国人並みの瞬間湯沸し都知事なんかが中国を手厳しく非難して、オイラも愈々戦争しかないな、きっと都知事が銀座に看板たてて「犬と中国人立ち入るべからず 狗和中国人不可进入 東京銀座」なんてやったり、新宿あたりのチャイナマフィアを一斉検挙してアノ漁船に乗せて日本の領海から出たあたりで撃沈させたりしたら新装開店したばかりの銀座三越なんかは困るよねなんて思ったりしている今日この頃だけれど、石原には男なら是非やって欲しい。

L1050539_2

小さい喧嘩は上手だけれど大きなことは逃げてばかりでスッカラ菅なんていわれる団塊党党首でもある菅直人氏は既にボケがきていると団塊老人党党首控の団塊堂は指摘してバーチャル政党・団塊老人党を立ち上げたのだけれど、オイオイこないだの民主党党首選では、小沢に反対して菅支持だったのではないか!なんていわれると思うけれど、泥棒の親玉みたいな小沢を民主党党首にするわけにいかないわけで、ボケの一症状である「イラ菅」であっても支持したわけで、少しは大人の判断も必要なわけで、でもスッカラ菅なんていったって今回の場合、結果的に菅総理の遣り方でヨシヨシなわけで、弱小政党の谷垣自民党首なんかは「もっと早く船長を返すべきだった」なんていう日和見主義で、本当に谷垣って小市民的で普通でイイヤツだなと思う今日この頃、団塊の世代の皆様いかがお過ごしでしょうか。

L1050539_3

もちろん、あんな遠くの海やら小さな島なんか欲ボケの中国にさしあげてトヨタの車を売りまくったほうが得だなんてユダヤみたいな現実的な守銭奴もいたりすると思うけれど、見方をかえると、中国なんて悲しい事に今や世界の植民地状態なわけで世界の資本の工場にされて労働者は先進国の十分の一程度の賃金で車を作らされてテレビをつくらされて、世界の穀物を中国が買いあさっていると言っても、製品は日本や世界に輸出していたんじゃ腹をすかした労働者が餃子に毒でも入れたくなるわけで、今や、かっての暴走日本帝国陸軍並みの中国共産党が偉そうな事を言えるとしたら、中国の農民が自家用車に乗り、毒入りではないギョーザを腹いっぱい食べられて、痰を床に吐かない様になってからだぞ!なんちゃって。

L1050539_4

だから社会主義インターナショナルも中国共産党を「偽共産主義の重商主義一党独裁」ときちんと総括して中国労働者解放のための世界戦線を構築して中国大陸に解放軍を送る必要があるのではないか?社民党のミズホタンなんかボケたみたいな事いってないで抑圧された中国農民と労働者の解放のために、社会主義者として武器を持って立ち上がってほしい。今回すこしまともな声明を発表した日本共産党は、共産主義の間違いを認めて改名するか、共産主義を愚弄する中国共産党や世襲偽共産主義金王朝の北朝鮮解放の為、ゲリラを送るべきではないのか?

L1050539_5

さて、同盟国であるはずのアメリカは、金だけとってワンとも言わず中国は重要とヌカスありさま、みかじめ料とって肝心な時は知らん振りなんてヤクザの道に外れる処世。沖縄の米軍基地が抑止力だなんてウソで、日米安保は「島」には発動しないのだそうで、馬鹿野郎!なんなんだよ安保って。こうなりゃアメリカは沖縄から追い出して沖縄県知事には石原を招聘したり漢字が読めないけど元気がいい麻生君やら安倍ちゃんなんかにも有り余るお金で尖閣諸島に別荘をたてて交替で住んでほしい。ハトポッポが別荘・友愛荘なんてのを建てて時々中国人を招くなんてのもいいとおもう。日米安保なんて洋式トイレのフタ程度なんだもの、肝心の時は役に立たないわけで。戦後六十余年、日本は金だけ取られてたんだよねアメリカに。

さて、そんなこんなだけれど、なんにも出来ないスッカラ菅だけれど、鈍感、いやドン菅で良い事だってあると思う。今回なんてシンタローだったら戦争だったよね。クワバラクワバラ。

でもこうなると憲法9条ってむなしいね。

|

« 昭和がどんどん遠くなる。 | トップページ | 中国人人権活動家 劉暁波氏のノーベル平和賞を祝う。 »

団塊・怒りの掲示板」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 総理がボケているくらいがちょうど良い。:

« 昭和がどんどん遠くなる。 | トップページ | 中国人人権活動家 劉暁波氏のノーベル平和賞を祝う。 »