« 残暑の郡上で、今夜も熱狂の盆踊り。 | トップページ | ルーシーのビンテージな香水瓶。 »

2010年9月 5日 (日)

猛烈な残暑の郡上八幡で汗と涙の「おどり納め」する。

L1050403

さて、素晴らしい夏でした。とても楽しい夏でした。郡上おどりの夏でした。郡上おどりだけの夏でした。

7月10日以来、延々と続けられた「郡上おどり」、昨夜はその終わりをつげる「おどり納め」。

L1050434

この日の郡上は猛烈な残暑、いや残暑というより夏真っ盛りな暑さ、なんとこの日は郡上八幡日本全国で最も高い39.1度という最高気温を記録したのです。

郡上八幡といえば、県庁所在地の岐阜市から長良川沿いに高速道路を一時間も北に上る、自慢じゃないけど“山奥”なのだ。団塊堂の得意とする渓流釣りの解禁の二月などは郡上は氷の世界で河原の石は凍り、釣りの長靴が瞬時に岩に凍り付いて動けなくなったり、釣り糸についた水が、瞬時にビーズのようにツーッと凍ったりする世界なのだ。

L1050378

勿論、昨日は、アナガチ気象条件だけではなく、「郡上おどり」の納めをしようという“おどり助平”が三万人も、いや何時もだと三万人だけれど、昨日は保存会の皆さんも驚くほどの人出だったからその倍もの人出だったかもしれないワケで、“おどり助平”の熱気が最高気温を押し上げたなんて事は新聞は書かないけれど、現場にいると「さもありなん。」と思える盛り上がりだったのだ。

L1050373

街の至るところには、二ヶ月にわたる「おどり」に感謝する飾りつけもされ、いや有難うというべきは、遊ばせていただいた「他所の衆」の私達なのだと思いつつ名残を共感しつつ、残暑なれども夏の終わりを踊り納めたのです。

L1050383

さてさて、踊りが始まると、いきなりの盛り上がりであります。モノスゴイ踊りであります。いきなり全力疾走であります。ひとつひとつの所作に、今年最後の踊りなのだという思いがこもった踊りであります。よく観ると、常連の踊り助平の皆様は全員ご出席であります。当然でしょう。

団塊堂も、この夏のすべてを込めて踊りました。覚えたばかりの唄が自然と出ていました。合いの手だって掛け声だって知ってることは全てやりました。私の夏が、還暦の夏が今夜で終わってしまうのだと思うともうエンジン全開であります。

L1050380

さて、今夜の「おどり免許」課題曲は「三百」てあります。なんどもユーチューブで予習をしたのですが、一箇所わからないところがあります。でも今夜のこの凄い人出と、物凄い熱気の踊りのなかで、「踊り上手」と認めていただくなんて事は、とても無理な事で、審査員の「保存会の先生」と出会う事すらかなり難しい事で、課題曲の終盤では、完全にアキラメテ、まあ楽しく思いっきり踊っておりました。

L1050437

そうしたら、免許取得者を引率しつつ件の「先生」が通りかかったのであります。そうしたら御師匠様、帯に挟んだ免許引き換えの木札を「あげる!」って下さったのであります。この世に神様が本当にいるのかどうかは島倉千代子だってわからないけれど、郡上に神様はいます!少なくとも私の郡上おどりの神様は郡上におわします。

そんなこんなで我が家の座敷に二つ目の「免許」の額が掛かったのであります。まだまだ、我が家の座敷の長押の上は五つくらいの額は掛ける場所があります、お師匠様!来年は更に精進いたします、御師匠様!。

L1050412

納めのおどりの「まつさか」が踊り終わると「屋形送り」であります。郡上おどりはすべて生唄生演奏で行われますが。歌い手とお囃子を乗せた屋形を笹竹に提灯をつけた踊り子が提灯行列で送ります。素晴らしい景色であります。

すばらしい夏でした。とても楽しい夏でした。ありがとうというべきは、わたし達です。

郡上八幡ありがとう。

L1050419

花の愛宕に秋葉のもみじ月がのぞくか吉田川

|

« 残暑の郡上で、今夜も熱狂の盆踊り。 | トップページ | ルーシーのビンテージな香水瓶。 »

郡上踊り」カテゴリの記事

コメント

2枚目の免許状おめでとうございます。
踊り納めに行きたかったのですが都合が付かなく残念(;ω;)三百・・私も欲しかったです。24日に最後と思い出掛けたのですが
課題曲が頂いた免許状と同じ春駒でしたが
今年の夏は、郡上踊りで夏ばて知らずで満喫いたしました。
来年もまた楽しみましょう。

投稿: 咲 | 2010年9月 5日 (日) 12時14分

咲様
踊り納めは素晴らしいものがあります。
昨夜は、人出が凄すぎていつもの情緒が無かったなんて話もききましたが、ひと夏を踊り通した者には感無量であります。
保存会の先生が、今年は定年で仕事を終えた方が、とてもお洒落な浴衣で、上手な正統派の踊りを、とても熱心に通いつめて、踊っていられるのが、目についたなんておっしゃってました。
それは、私のブログの効果では?とも図々しく言っておきました。また来年楽しみましょう。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2010年9月 5日 (日) 14時52分

団塊堂ご主人様
 私も正統派の踊りを目指しております。
今年、保存会から出ました郡上踊りのDVD
踊りがよく解り参考になりました。

今年は、浴衣を3枚新調してしまいました。
着物で洋服とまた違うお洒落ができ楽しいです。

投稿: 咲 | 2010年9月 5日 (日) 15時28分

咲様
浴衣を三枚新調なんて、浴衣三昧ではないですか!
いいです、とてもいいです。
郡上おどりの楽しみは、浴衣のお洒落の楽しみでもあるのですよね。
男も、団塊の世代が還暦に入るという事で、数年前から雑誌がしきりと「おとこの着物」を特集したりしましたが、なんとあのイマワノキヨシローなんかも着物にトリツカレたりしてましたが、イカンセン素人の私どもには、着ていく場所もなく唯の別世界でした。
郡上踊りは、男の着物の「見せ場」でもあります。来シーズンの浴衣の事を考えるだけでも楽しめます。面白い世界が開けました。
来年も、たのしくお洒落に遊びましょう。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2010年9月 5日 (日) 17時46分

\(^o^)/昨夜の三百お免許ゲット!
バンザイおめでとうございます!
私も日本一暑い郡上で汗ダクでも、今年最後の記念に揃いのゆかた三人で踊ってました。
初提灯も購入して最後の三本閉めまで納めて提灯の灯りで帰る道のりがとても素敵な体験でした。こちらのブログを見てるとその時の感動が思い出されます。ありがとうございました。

投稿: てるてる | 2010年9月 5日 (日) 23時26分

てるてる様
信用金庫の前で休んでいた白っぽい浴衣?の三人組の一人は、どこかで会った事がある人で同級生?少なくとも岐阜の人だなって見てたけど、ひょっとして、てるてる様も知り合いだったりして。
来年もまた楽しみましょう。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2010年9月 6日 (月) 18時50分

あれれ?いつも私達仲間は、はちしんの前で椅子など陣どってますが…白と緑のハーフの浴衣でしたョ?
同級生とは?はたしておいくつですか?
あまりブログでは詳しく伝えられませんが、アラフォーで岐阜県内、郡上まで1時間半くらいかな?
来年も踊り初めから絶対行きたいです。

投稿: てるてる | 2010年9月 8日 (水) 21時05分

てるてる様
はちしんの前で椅子など陣取って・・・なんて、アノ踊り助平の爺様達と同じですね。
ずっと至近距離にお見えだったのですね。私も何度も、はちしんの前で休憩致してりました。同級生とは人違いだったようですね。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2010年9月 8日 (水) 21時20分

実は私もほっかぶりして何回か爺様に加わり婆様踊りしてた事もあります。
来年アラフォーの婆様踊りを見かけたら私かも?声をかけてみて下さいませ(o^-^o)

投稿: てるてる | 2010年9月10日 (金) 15時35分

ヒェーッ! アラフォーの、てるてる様が、ほっかむりしてヒョットコ踊りしてたなんて! だったら“赤フンドシ”はどうしてた?
 爺様達と踊る女性を見たことがあるような気がするけれど、浴衣は普通だった様な気がします。
来年は絶対てるてる様を見つけて新橋から吉田川に投げ込みます。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2010年9月10日 (金) 18時12分

浴衣はノーマルです!ですから赤フンドシも出てないですが、こればかりはオフザケしてました(^-^;
来年見つかったら危ないので完璧に赤フンまでこだわらなければぁ!!

投稿: てるてる | 2010年9月12日 (日) 19時27分

てるてる様
赤フンは、吉田川の鮎になって確認しなければ!
いや、わたしは岩魚だったわけで、新橋の下の大渕に今から潜んで待ってます。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2010年9月12日 (日) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猛烈な残暑の郡上八幡で汗と涙の「おどり納め」する。:

« 残暑の郡上で、今夜も熱狂の盆踊り。 | トップページ | ルーシーのビンテージな香水瓶。 »