« 団塊堂、梅雨明けの郡上八幡で激しく下駄を鳴らす。 | トップページ | アラ還の団塊堂、八月一日 めいほう高原の夜にウッドストックする。 »

2010年7月25日 (日)

団塊堂、熱帯夜の郡上で“おどり助平”する。

L1050183

さて、本当に暑い! といってクーラーの効いた部屋でゴロゴロしていたら夏風邪なんて事で、アラ還といえど、いま少しアグレッシブに生きるつもりの団塊堂、昨夜もまた、東海北陸自動車道を自慢のアメ車で郡上八幡郡上おどり会場へ向かったのであります。

L1050185

昨夜も“おどり助平”が日本全国から集まっておりました。この“おどり助平”という呼称。「すけべ」などというと、聞き慣れない皆様には、なんだかとてもスケベな感じがして、少なからず「すけべ」を自覚する身としては、やはり自分のブログに自分の事を「助平」と書くことは、その度に少しドキッとしたりするけれど、まあ、L1050157 この“おどり助平”なんて言葉は“おどり好き”程度の意味合いで、つまり“オールドノリタケフアン”を“オールドノリタケ助平”と言ったり、アンティークカップコレクターを“アンティークカップ助平”と言い換えていただくと「助平」の意味と程合いがなんとなくお分かり戴けると思う今日この頃、団塊の世代の皆様いかがお過ごしでしょうか。

L1050166

さてさて、この“おどり助平”の諸氏の踊りは、それぞれカナリなクセのあるもので、オーバーアクションとヒネリが味わいなわけで郡上おどり保存会の先生方が目指す、抑制とタメが効いた美しい正統なる郡上おどりとは異質なようで、団塊堂も「目指す形」は、抑制とタメが効いた洒落た踊りだと、既に勝手な解釈をしているのだけれどどうだろう。

とはいいつつ、この“おどり助平”の皆さんの登場で会場は盛り上がるわけで、庶民のダイナミズムこそ盆踊りのチカラであり、郡上の夜はミンナスケベデイイと思うノダ。

L1050162

|

« 団塊堂、梅雨明けの郡上八幡で激しく下駄を鳴らす。 | トップページ | アラ還の団塊堂、八月一日 めいほう高原の夜にウッドストックする。 »

郡上踊り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 団塊堂、熱帯夜の郡上で“おどり助平”する。:

« 団塊堂、梅雨明けの郡上八幡で激しく下駄を鳴らす。 | トップページ | アラ還の団塊堂、八月一日 めいほう高原の夜にウッドストックする。 »