« シパリュス アールデコ期 ブロンズ ダンサー像。 | トップページ | 花あるときは。 »

2010年3月14日 (日)

コバイモの芽。

L1040609

コバイモや片栗は、地上にあるのは、一年の内ほんの一二ヶ月なのだ。

だから自然の野山にあるのなら、季節とともに忘れられ、季節とともに思い出すというのが自然なのだろうけれど、鉢植えでの栽培となると、ほんの一二ヶ月で消えてしまう植物を、生きているのか死んでしまったのか確信が持てないまま、一年間管理を続けるというのは大変なことなのだ。

何も無い鉢に、枯らさぬ様にしかし腐らぬように、適度に水遣りを続けるというのは、かなりの辛抱を要する。

一昨年買ったコバイモを、去年は咲かす事ができた。今年は、さすがに駄目だろうと思いつつ、時々思い出したように水遣りをした、もう死んだものと思っていたのに、今年、二本も元気な芽が出た。とても嬉しい。死んだものと思っていた自分が恥ずかしい。

今年、花が咲いて、葉が溶けて地上部が無くなったら、すこし大きな鉢に植え替えようと思う。もう、我が家にコバイモは根付いたのだから。

|

« シパリュス アールデコ期 ブロンズ ダンサー像。 | トップページ | 花あるときは。 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

コバイモ?
余り耳にした事が無い名前ですね
早速サクサクしたら、、、フリチラリアなんですね。
そちらの名前は耳にした事も有ったのですが、コバイモと云うのですね。
又一つ賢くなりましたっ

投稿: boss | 2010年3月14日 (日) 16時06分

コバイモ(小貝母)。三年前にブログにアップした頃は、検索しても数件しかヒットしなかったのに、最近は、随分書き込みがあるのですね。一年のほとんどは地中にあるなんて、ガーデニングには不向きな植物です。おじーさんの鉢植向きです。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2010年3月14日 (日) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コバイモの芽。:

« シパリュス アールデコ期 ブロンズ ダンサー像。 | トップページ | 花あるときは。 »