« アールデコ・フラッパーレディのビスクドール。 | トップページ | 古道具屋 »

2010年2月20日 (土)

ヴィクトリアンレディの半裸像。

L1040581_2

あの西洋絵画史上初のヌード作品であるゴヤの「裸のマヤ」1795-1800のようであり、いや、J.ダヴィッドの「レカミエ婦人」1800のようでもあり、少し遡ってベラスケスの「鏡を見るヴィーナス」1648-1649のようであり、戻ってマネの「オランピア」1863のようでもあり、やはりアングルの「グランドオダリスク」1814ではないか?と、考えを巡らすだけで結構おもしろい着色石膏像だけれど、妙にリアルな裸像で、挙げた名画の美女と、なまじ競わずヴィクトリアンなオバサンの風情で、そこがまた猥褻であるともいえる。

その後の、アールヌーボーやアールデコのように様式による洗練を経ず、美が昇華しきれず女性がまだ生のままだけれど、実はそれこそが強いレジスタンスであり、宗教画から離れて、女性がただ裸であることが、いかに過激な事でスキャンダラスな事であったか、なんて事を妄想してみると、この像がドンドン美しくみえてくるのだ。ナンチャッテ!

そんな馬鹿な事を、本名でブログに書いていたりしたら田舎じゃやっぱり変な団塊のオジーさんにされてしまいそうだけれど匿名だから何でも書ける。

L1040580

さて、今回は、寝室にまでカメラが侵入しての撮影となったが、実は団塊堂はアンティークをこうして撮影するのが好きで、写真を撮りたいが為にフォトジニックな物をついつい集めているという事に最近気がついた。

こうして写真を撮って自己陶酔しながら、我が家は毎日が日曜美術館だなんて独りゴチている今日このごろ、本当に御馬鹿な老人でゴメン。

Statue Figurine Semi Nude Female Victorian. It is made of plaster of paris.

|

« アールデコ・フラッパーレディのビスクドール。 | トップページ | 古道具屋 »

アンティーク」カテゴリの記事

コメント

IWANA様
フラッパーレディから随分イメージがとびましたが、「裸のマヤ」の後ろ姿、なかなか色っぽいです。それにしてもアンティークカップから突然フィギュアに・・・。もちろんまだ始まったばかり。次はどんな美女が現れるのか、興味が絶えません。そしてどこまで続くのでしょうか〜。

投稿: annie | 2010年2月20日 (土) 21時07分

annie様
まあ、フィギュアはそんなに続きません。とりあえずコレクションの彩りです。カップだけでは、少し寂しいから、ブロンズやらランプを加えて、そろそろこじんまり纏めるつもりです。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2010年2月20日 (土) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴィクトリアンレディの半裸像。:

« アールデコ・フラッパーレディのビスクドール。 | トップページ | 古道具屋 »