« 初詣。 | トップページ | 魔界ドレスデンのCMフッチェンロイター製ブルースティール・イリデッセントのアイスクリームカップ。 »

2010年1月 9日 (土)

ローゼンタール素磁の金彩アクアジュール霰仕上げのアンティークカップ。号外。

L1040404 L1040403

さて、先日アップした、金彩にアクアジュールのカップ。ウィーンの窯印が入れられたローゼンタールの素磁の物でドレスデン辺りで造られた物と書いた。

このカップの出自について、和田先生に資料を戴いたから紹介します。

まず左上の白黒写真、ウィーン窯のパターン帳にあるイーグルハンドル。L1040365_2 1811年ウィーン窯のヨーゼフ・ラメスベルガーによってデザインされた物。まず、カップの形はウィーンのコピーであります。

右上の白黒写真は、コールポートの物。特徴的なカップの口縁部のイミテーションルビーの帯はまさしく今回のドレスデンの本歌でありコピー元であります。L1040385 このボーダーのデザインは1899年にコールポートがデザインした物で、1900年のパリ万博で発表し、一躍世界に知られるようになったものだという事です。

L1040367 今回のカップの年代であります。過日のブログでも、さりげなくデイラーのラベルを写しこんで、1890年を匂わせたけれど、つまりこれも間違いで、本歌のコールポートの1899年以降という事になる。

さて、和田泰志先生の「アンティーク・カップ&ソーサー」講談社刊の210ページの“フッチェンロイターとローゼンタールの歩み”にあるローゼンタールの白磁を使ったウィーン窯の贋物のサンプルみたいなカップだけれど、模様はコールポートのコピー、スタイルはウィーンというハイブリッドなコピーなのだ。

さてさて、前回も書いたけれど、是ほど手のかかる高度な仕事をして、なおかつ贋物として売るメリットは何処にあるのか。

L1040349 ローゼンタールは、ドレスデンの絵付け工房に、ウィーンの贋物つくりの為の、ウィーンの形をコピーした白磁を供給していたが、コールポートのコピーに関して和田先生は、これをイギリスで売りに出せばコールポートに訴訟を起こされる。すでに廃窯して、原告となり得ないウィーン窯なら安心してマークを利用できた、と説明されています。

ドレスデン。贋物産地で片付けるには余りに惜しいドレスデンについて、もう少し追いかけてみます。

L1040389

|

« 初詣。 | トップページ | 魔界ドレスデンのCMフッチェンロイター製ブルースティール・イリデッセントのアイスクリームカップ。 »

アンティーク」カテゴリの記事

マイカップコレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローゼンタール素磁の金彩アクアジュール霰仕上げのアンティークカップ。号外。:

« 初詣。 | トップページ | 魔界ドレスデンのCMフッチェンロイター製ブルースティール・イリデッセントのアイスクリームカップ。 »