« 38年ぶりの卒業式。 | トップページ | ロイヤルウィーンのポートレイトキャビネットカップ。 »

2010年1月30日 (土)

アンティークの愉しみ。

L1040442_2

東洋に熱い思いをよせたゲーテを語って、20世紀のフランスの詩人ヴァレリーは賛嘆の言葉を吐いた。「東洋を向くこと、これほど西洋的なことがあろうか」と。

西洋骨董についヤングの手が出るというのは、その感受性の西洋化が中途半端なせいである。ただし今日の世界の精神状況のなかで、ヴァレリーの言葉を裏返して「西洋を向くこと、これほど東洋的なことがあろうか」とはいえない。しかし、プレ21世紀の美意識の問題についてだけいうならば、「西洋骨董を向くこと、これほど日本的なことがあろうか」とわたしは賛嘆したい。なぜなら、あまりにも在来の文人茶道民芸鑑賞陶器などの美学でがんじがらめになっている東洋骨董だけに占領されすぎては、日本人の美意識に何の展開も起こらないであろうから、である。     天中の壺   宗 左近

さて、1977年に書かれた文章だから、ここでいうヤングというのは、つまり我々団塊の世代なわけで、我々団塊の世代の興味が、ファッションから美的生活に移り始めた頃。この頃、アンティークがブームになり、グラフ雑誌が次々と発行された。そうした下地があるわけで、団塊の世代がリタイアした今こそ、大きなアンティークブームが起こっても不思議はないハズなのだけれど、「なんでも鑑定団」の視聴率は大幅にアップしたけれど、骨董屋さんもアンティークショップもアップアップな今日この頃、団塊の世代の皆様いかがお過ごしでしょうか。

先月、還暦を迎えて、今日、我が家に「厚生年金保険 年金決定通知書」が届いた。記念に最初の年金で一眼レフのデジカメが買いたいけれど、それを言い出す前に家内に「年金は全額貯金します。」と宣言されてしまった。さて、どうしたものか。あとは、癌にでもなって癌保険で買うしかないのか。

|

« 38年ぶりの卒業式。 | トップページ | ロイヤルウィーンのポートレイトキャビネットカップ。 »

アンティーク」カテゴリの記事

コメント

年金は全額貯金
えっ生活費は別懐にあるのね~きゃ~素晴らしい
我が家、、、三人の子供を育てたおかげで貯金スッカラカン
清く貧しく美しく、、、生きておりまするぅ

投稿: boss | 2010年2月 2日 (火) 08時01分

何をおっしゃいますboss様
我が家は、今まで通りの貧しい暮らしを続けるだけの事です。
まあナントカ皆 働いていられるお陰です。
           アーメン。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2010年2月 2日 (火) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンティークの愉しみ。:

« 38年ぶりの卒業式。 | トップページ | ロイヤルウィーンのポートレイトキャビネットカップ。 »