« たどりついたら、そこはドシャ降り。 | トップページ | 手続き。 »

2009年12月17日 (木)

還暦二日目の朝に、団塊堂むせび泣く。

L1040302 今朝起きて居間へ行ったらオイラの椅子に何やら金文字の豪華な箱が置かれているではないか。エッ!これって還暦祝い?なんて、箱を開けてみたら、なんとサイドゴアのウィングチップのブーツではないか!オイオイどうよ、還暦のオイラへのプレゼントかよって、家内は私より早く寝て、まだベッドだからどう考えても息子なわけで、英国製のトリッカーズなんて一流ブランドだから家内がそんなものを呉れるわけも無く息子なわけで、オイラ思わず涙目になってしまったのよ。

それにしてもサイドゴアってどうよ。オイラだってガチガチのアイビーリーガーだった訳で、若い頃サイドゴアのブーツなんて履いた事もあるけれど、サイズは大丈夫かよって。サイドゴアって紐が無いからジャストサイズってのが難しくて、おまけにブーツだから重くってサイズが合わなければ悲劇で、履いてみないで買うなんて無謀だよって。嬉しいけどマズ悲劇だろうなって、だから音がしないように早速履いてみたのよ。そうしたらジャストフィットで申し分なし。考えてみれば息子の足とオイラの足は同じサイズで、彼が履いて合わせていれば大丈夫なわけで、もうオイラ、ウルウルしてしまって胸の奥から熱いものがこみ上げてしまって、今日まで生きてきて、息子が大学に合格したときの次ぎくらいの感動だったわけです。

ファッション批評のブログなんか書いていて、グラフィックデザイナーのムスコだけれど、サイドゴアのブーツなんてファッション的には、上級アイテムなわけで、これなんてつまりカナリ上級者でなければコナセナイものであって、オイラにこれをプレゼントしてくれたって事は、オイラはこれを履きこなす事が出来ると観てくれた訳で、脚の長さで言えば、オイラ「舘ひろし」というより「猫ひろし」なわけで、歩き方だって近頃はオシッコと一緒で切れが悪くてジジくさいから反省して、思わず背筋をピーンと張ってしまったのだ。今日からは歩き方だって「舘ひろし」しなければイケナイナって思ったのだ。

ありがとうよ! うれしかったよ。

|

« たどりついたら、そこはドシャ降り。 | トップページ | 手続き。 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

まあ~何て素敵なプレゼントなの
本当に良い坊ちゃんをお持ちですこと
還暦の朝、きっとビックリするだろうなぁと、、、の坊ちゃんの心遣いにこちらまで涙ぐんじゃいました
こんな素敵な坊ちゃんを育てられた団塊堂ご夫妻に乾杯~
明日は颯爽と舘ひろしでお願いしますねっ

投稿: boss | 2009年12月17日 (木) 21時50分

boss様
ヤツは本当にいいやつです。
今日までクソガキと呼んできたオイラが悪かった。反省しています。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2009年12月17日 (木) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 還暦二日目の朝に、団塊堂むせび泣く。:

« たどりついたら、そこはドシャ降り。 | トップページ | 手続き。 »