« Antique Porcelain Nippon Moriage Leaf Gilt Teacup Cup & saucer | トップページ | 明治の華・横浜SATSUMA千顔のデミタス。その壱 »

2009年11月14日 (土)

山椒魚な日々。

091114 さて、団塊堂など既にセカンドライフな訳で、穴に入って出られなくなった山椒魚の様に小さな穴から世間など見ていると、近頃にぎやかな、民主党の事業仕分けなど痛快で、政権交代はやはり無血革命だった訳で、革命には裁判が付き物で、事業仕分けなど、まさに人民裁判で、レンホー女史などマニフェストという毛語録を掲げた紅衛兵の様で美しい。何時の日かレンホー女史がコウセイ女史と呼ばれる日が来ても団塊堂はレンホー女史をやさしく愛で守ってやりたいと思う。事業仕分けに掛る事業は既に財務省の官僚によって抽出された物で、官僚主導だなどと言えなくもないが官僚の智慧を使わない手は無いのだとも言える、かって「かたやまさつき」なんて生意気な官僚が大蔵省の密室の中でエラソウニやっていた事なのだ、さてこの、公開の席で与党議員と民間の有識者によって仕訳が行われたあたり、民主党のヤリカタは痛快で政治主導が嫌でもワカル、小泉あたりもこんな事がしたかったのではと、これをやられると、もう谷垣自民党など全く見る影も無く、町村など亀井静香静かにしろって喧嘩しているしかないと可哀想だ。といいつつ、この程度では全くラチガあかないわけで、更に過激に仕分けする必要があるけれど、つまり子供手当てなんてのは、それくらい過激な策なわけで、日本はコンクリート政治から“友愛社会”を選択したわけで、社会主義で文句があるかと思う今日この頃、091114_001 団塊の世代の皆様いかがお過ごしでしょうか。

数年前にはサカイヤタイチさんなど団塊の世代のリタイヤで「団塊の黄金の時代」が来るなんて言ったけれど、団塊の世代は、今は右も左もアップアップで誰も声を上げないから「団塊の世代の取り上げられてしまった年金」を取り戻して国民年金の六十歳支給なんて話は、何処からも聞こえてこないけれど、オイラの主張は自分勝手だろうかエゴだろうか。でもね、本当に大変なのは団塊より少し若い世代なのだよ其処のお若いの。アンタだって黄色くなり始めた銀杏の葉だぜ。嗚呼それにしても還暦まで約一ヶ月、来年二月からは、厚生年金の報酬比例部分が支払われる。これで少し楽になるとアンティークカップを見つめるオイラはアンティークカップ依存症という心の病かも知れない。

|

« Antique Porcelain Nippon Moriage Leaf Gilt Teacup Cup & saucer | トップページ | 明治の華・横浜SATSUMA千顔のデミタス。その壱 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山椒魚な日々。:

« Antique Porcelain Nippon Moriage Leaf Gilt Teacup Cup & saucer | トップページ | 明治の華・横浜SATSUMA千顔のデミタス。その壱 »