« 世の中全部がユニクロで良いのか! | トップページ | あと、二日。 »

2009年11月26日 (木)

世界一じゃなきゃいけないんですか?

二番ではダメなんでしょうか!!って、まさに今年の流行語大賞になりそうな蓮舫女史の発言は、全くその通りなのだけれど、その通りだから虎の尾を踏んでしまったようなきはするけれど、大方の国民は事業仕分けのレンホー女史に喝采だと思う今日この頃、我が家にスーパーコンピュータが届いた。

091128_004 といっても我が家の場合、スーパーとはあの主婦の店みたいに安いという意味で、あの何千億円もの税金を使うものではなく、八万円足らずのデルの通販のパソコンなわけで、我が家の蓮ホーも“それじゃなきゃいけないの、もっと安いのじゃダメなんでしょうか!!”って鋭い追及があったけれど、八万円のコンピュータなんて馬鹿みたいな物で、今使っているものなんぞ七年前に二十万円もしたのだ!なんて反論してオイラの要求なんていかにツツマシヤカでササヤカなものなのかを必死に訴えて我が家の蓮ホーの裁定を得たのだ。

さて、世界一のスーパーコンピュータについては、好き嫌いで言えば団塊堂は好きな方で、今後、政治による復活があったら良いとは思う。

だがしかし、ノーベル賞のオジイサンたちが、並んで記者会見なんかすると、おいおい、あんた達のコンピュータである頭だって、東大が一番手だったら京大の更にアトだったわけで(しんちゃんゴメン。)三番手・四番手が一番手を抜いてノーベル賞を取ったりしたわけで、蓮ホーの「二番手ではダメなんでしょうか?」という問いの答えみたいな実例ではないのか?と思う、だから山田くん、蓮ホー議員に座布団を三枚上げてくれ。

まあとにかく。

科学というのは宗教と一緒で、大げさにしようと思えばどこまでも大げさになるもので、しまいには手段が目的になってしまって、手段だけが自己爆発してしまったりする。

スーパーコンピュータの世界だって撤退したメーカーも、撤退した国もあるから日本が世界一を目指している訳で、でなければならぬものでもない。といいつつ、日本の科学は、月は目指さないもののスーパーコンピュータは復活して欲しい。それが政治だと思う。

そしてガンバレ蓮舫その調子!!!

|

« 世の中全部がユニクロで良いのか! | トップページ | あと、二日。 »

団塊・怒りの掲示板」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界一じゃなきゃいけないんですか?:

« 世の中全部がユニクロで良いのか! | トップページ | あと、二日。 »