« ねばならぬ。 | トップページ | 文化の日。 »

2009年10月31日 (土)

「川喜田半泥子のすべて」展を。

091025_001_2 さて、人間は、才能とお金と時間があったらナニが出来るだろう。

大方の人は、お金があってもナニも出来ないし、時間があってもナニもできない。そして才能があってもナニも出来ずに終わってしまう人も多いのが世の中だと思う。

しかし、才能も、お金も、時間も有り余るほど持ち合わせて、存分に生きた男がいた。川喜田半泥子(かわきたはんでいし)である。

091025_004 まあ、半泥子さんの詳しい事は、ネットで検索していただくとして。

団塊堂ちかごろは週末ごとに美術館巡りなどしていて、ナカナカ楽しいのであります。とりわけ、あの“バブルの時代”のお陰でご当地では美術館が充実していて、いや中身はともかくとして、バブル期の建物だけでも面白くて、トイレなんて最高に面白かったりするのだ。功罪いろいろあるけれど美術に関してはバブルは最高で、これを楽しまない手はないのであって、お金もかからないし、少し文化人気取りしたりして、妙齢の美しい御婦人を同伴したりしたら最高だと思う。いや最高です。

091025_003 さてさて、またまたM百貨店を辞めるS氏からメールが来て、遊ぼうというから、平日は仕事で駄目だと言ったら“よく仕事なんかしてる暇がありますね”ときた。シンチャンたら!、先月のメールでは、「あと二年、会社にしがみつきます。」なんて言ってたくせに。

団塊堂の上を行く数寄者のハズのS氏が「しがみつく」なんて“らしくない”よななんて思っていたけど、やっぱり辞表をだして、そうよ!シンチャン「泥舟の腐った蜜柑」の人生なんて棄ててしまえよ!!なんて、他人の不幸は“A Taste of Honey”だけれど、俺たちもっと違う人生があるのじゃないか?

091025_005 さて、シンチャン! 時間は死ぬくらい出来たし、お金は少し入るし、才能は・・・あるかどうかこれからジックリ見せて戴こうじゃないの。いや、オイラはこれで良いのだと、レコードと本に埋もれて死んでいくのも、かなり暗いぞ。

きっこぱぱさん・マッキーバーさん・熊さん、あなた方がお住まいの、岐阜県多治見市岐阜県現代陶芸美術館で12月23日まで開催の「川喜田半泥子のすべて」、素晴らしい催しだぜ。

こんなオシャレな人生があるのか。芸術というやつは遊びからしか生まれてこないな。才能もお金も時間も全て揃った男のすべて。オトコっていいよな!って団塊堂絶賛なのだ。オマエラ絶対みてこいよ!

冒頭の写真の額、波・和・遊 ハウ アー ユウ なんて、半泥子さんオヤジギャグかましたりして。

岐阜県現代陶芸美術館

091025_007_2 写真は、多治見市 虎渓山 永保寺。

|

« ねばならぬ。 | トップページ | 文化の日。 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

アッハハ
宣伝をしていただきましてありがとうございます。

ほんとに本とレコードに埋もれて「明るく」死んでいくつもりなんです。

ゴヤ展、行ってきました。ジャーナリズムだったんだ、ゴヤの版画は。

老眼鏡を持って行ったのに車の中に忘れてきてしまい肝心のディテールはぼんやりでした、、、、

投稿: frisco | 2009年10月31日 (土) 09時05分

frisco様

昨夜は、ハロウィーンの為、お返事が遅れました。
パイレーツ・ロックは、いかがでした? 団塊堂あと一ヶ月半で、いつでも映画が千円で観られるようになります。政権交代はいいものです、なんて全く関係ないけれど。
昨日は、オイラは韓国映画・ウォンビンの兵役後初の映画出演となる「母なる証明」を観てきました。とても良い映画でした。社会派・まさにヒューマン・ミステリーでした。ても、とても心が暗く重たくなる映画です。周りの“韓流フアン”のオバサンには不評のようでした。
“わたし出すわ”って人がいたら“パイレーツ・ロック”も観たいです。映画って本当にイイね。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2009年11月 1日 (日) 07時54分

はい、観てきました。
音楽的には物足りなかったけど話はなかなかよくできていましたよ。
甘酸っぱい筆下しストーリーとか、ぼうやの意地の張り合いとか、権力者への反抗と辛辣な風刺やら、父と母と息子の心の絆とか、まあテンコ盛りなっていますが、最後はうまくとりまとめて嫌味なく楽しめました。

投稿: frisco | 2009年11月 1日 (日) 22時10分

frisco様
パイレーツロック、ミュージックライフの世代としては、やはり観るべきだったね。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2009年11月 1日 (日) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「川喜田半泥子のすべて」展を。:

« ねばならぬ。 | トップページ | 文化の日。 »